[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 04   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 3TB with Windows XP | main | DAWs and VSTi »»
«« カテゴリ内前記事(3TB with Windows XP) | pc for daw | カテゴリ内次記事(DAWs and VSTi) »»
2012/01/10
Studio One
去年の7月の終わり頃,PresonusのStudio Oneを導入してましてそのレポートを年内に書いておこうと思っていたのですが,ついついついついのびのびにしてしまっていました。

導入のきっかけはDMとTwitter。Twitterで「音が良いらしいよ」とあったのでデモ版を試してみたら,といってもとあるPlug-inをかけてそのレンダリングの質を他のDAWと比較程度なのだが,それまで最高にいいと思っていたMAGIX Sampitude 11(過去記事)に匹敵する,もしかしたら僅かに上を行く!?印象を受けたのでデモ版の使用期限が切れる頃,他DAWからの乗り換え,Crossgrade版が$299と割安感の或る値段であったので購入。為替手数料込みで1ドル79円の頃だったので24k円以下で買えた。

購入当時,Versionがまだ1.6.5で,確かに音質の良さ,Pro ToolsなどのメジャーDAWのキーコマンドに切り替えられるなどの便利さはあるもののシングルウィンドウインターフェースにこだわりすぎたせいなのか,特に移行組には結構使いづらい印象だった。それでも数ヶ月使っていたら,といっても唄エディット・オンリーだけだったけれども,10月末にメジャーアップグレードVersion 2が登場。アップグレード料金も$99とそれほどでも無かったので速攻アップグレード。

Version 2ではエディターがフローティングウィンドウ化出来るなど諸々操作性の向上は図られているものの,エディターで言えば特定のトラックだけを表示させたまま他のトラックをメイン画面で操作するできない,等「あれ?」と思うことがしばしば。またV2では改善されると期待していたのだが,MIDIファイルを既ソングにドラッグドロップすればMIDIトラックを読み込む,ハズなのだが何故か新規ソングを勝手に作られてしまう(MIDIファイルによる),しかも取り敢えずSample Rate 44.1Khz で,とバグなのか仕様なのかよく分からない部分も残されたままになっていてガッカリ。

他にもいわゆる多機能DAW経験者からするとカユいところに手が届かない部分が多く戸惑うこと多々。昨日,MTC同期でStudio OneをSleve動作させようと思って小1時間程マニュアルを見たりネットで方法を探してみたけど方法が見つけられなかった,ということがあった。そもそも外部機器やDAWからMTCを受けて同期再生をする機能が無いもよう(ただしMTCの送信は可能)。Export Stems(ステムをエクスポート)は各トラックを個別に,しかもモノトラックはモノのままでと便利なのだがファイル名はPrefixしか付加できない(Postfixがない)など,そこまでするならもう一息オプション追加してもよかろう,と思う部分が多い。そう言えばオプション設定項目は他DAWに比べるとかなり少ないく拍子抜け必至。そしてスタリング機能でもついSteinberg Wavelabのような外部機器で処理した音を録音してと云う機能があるのかと思いきやあくまでも内部処理での完結が想定されているようでマスタリング用のプロジェクトでは録音が出来ない。また「優れた操作性,直感性」と謳っているけれども単色基調コンセプトにとらわれすぎて視認性が良いとは言えない,と個人的には思う。その分動作は軽いけれども。

細かいことを数え上げればきりが無いようなこのStudio One,最高グレードのProfessionalが¥39,800からしてもDAWはじめの一本,価格相応に機能を絞り込んでいるが結構何でも出来るし品質も高いし,と云う認識が妥当なのかとも思う。

と,散々ディスってますがその割には結構使っています。まず動作が軽いのと品質の良さでエディットには今尚使っているし,Phase MeterとSpectrum Meterは見た目がプロ機材然とした色合いなのと動作の軽さ,精密さからAudio Inputにインサートし,Pro Tools HDのメインアウトを分岐入力しミックスの最中表示したままにしていたりする。この手のメーター系のプラグインやソフトはまともなモノは下手すると数万円するのでそれらの代わりにStudio Oneって言うのは有りなのかもしれない(なんか自分自身への言い訳っぽいけれども)。

Studio One

MI7 Japanのページにも書かれているのだが「PCオーディオ再生にも最適」ということでプレーヤーとしても,その音質の信頼性からして使いでがある。ただFreeのプレーヤーが多々ある中で4万円の再生ソフトってどうなの?って思われるかもしれないけど,思うけど,トータル数十万円のインターフェイス,DAC群のソースにそのぐらい贅沢してもむしろ釣り合いがとれるのでは,とも言えないだろうか。ただしケチって下位グレードを選択するなかれ,内部処理64bitのProfessionalじゃないとその真価は発揮できないから,と言えるかもしれない。取り敢えず1ヶ月使えるデモ版でもあせあせ

posted at 2012/01/10 5:36:30
lastupdate at 2012/01/10 6:05:36
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字