[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 10   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2012/09/27 :: API 8200A was broken
数日ぶりにMixing用の機材群の電源を入れたら音が出ない状態に陥っていた。いつも配線などは同じにしているので,いずれかの機材に不都合が起こった模様。

配線を替えながら故障箇所を探してみたら,どうもSumming Mixの最終段に使っているAPIの8200Aから音が出ていないことが分かった。Pro Toolsのアナログアウトを30chバラ出しして8ch分はもう1台の8200Aで受け,もう16chはSPLのMixDream XPで受け,先の8200AのStereo OutをMixDream XPのExpansion Inに入れ,そのMixDream XPのStereo Outは他のOutboard経由後,Pro Toolsのアウト残り6chとともに最終Summingの8200Aに入れ,そのアウトはADCでデジタル変換し再びPro Toolsへ,と云うようにしているので,この8200Aが故障すると全く音が出ないこととなってしまう。

まず最初,電源の不良とか考えパワーサプライユニットの出力電圧を測ってみたが正常。電源コネクタの接触不良とか考え,抜き差しなどをやっていたら程なくして煙が立ち上るとともに,ケミカル物の焦げている臭いが鼻腔に突き刺さる。

素早く電源を落とし,煙の出た8200Aを開腹。予想としては電解コンデンサあたりが破裂したのかと考えていたのだが,目視ではそれらしい箇所が見受けられなかった。そこで故障箇所を確認するために再度電源を投入してみた。すると,8200Aはプリント基板が2段構成になっているのだが,その2層構造の間から煙がもくもく。となると故障箇所に到達するためには上段の基板を取り外す必要がある。その基板はPAN,SEND1-2のポテンショメータが直づけされており,基板を外すためには全部のボリュームノブを外して(総数4*8の32個),ボリューム固定のプレートを外す,と結構手間がかかるのでできればやりたくはなかったのだが,この期に及んでそんなことも言っていられない。ちなみにボリュームノブを外すには六角レンチが必要となるのだが,そのサイズはインチ規格の0.05インチ(1/20)で日本国内では特殊な部類のサイズなので注意が必要。

そして,ようやく故障箇所を確認。こんなことになっていた。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
こんな見事に焼けて昇天しているOpAmpを見るのは初めてかもしれない,と言うほどに逝っている[:雫:] しかも割れてるし。OpAmpはTexas InstrumentsのNE5532。音響機器では定番的DualのOpAmp。NE5532は経験則からそれほどタフなOpAmpではない(割とデリケート)という認識だったけど,なにもこんな唐突に,という感じ。基板のパターンを追ってみるとSoloバスのSummingと出力Bufferの機能を担っているようで,DAW用Summing Mixerとしてはその機能を使わないから取り外したままでも実用上問題ないけれども,一応,今後のためにICソケットをかまして手持ちにあった(いわば当然のごとく)NE5532で置換。逝ってしまったのはLeftチャンネル分だけだったのだが,念のためにもう一方のほうも同様な処置を施しておいた。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
と言ったところで修理完了。オール・アナログだと手の施しようがそれなりにあるので割と楽かも。ついでに2510周辺で使われている無極性電解コンデンサの写真。

!!$photo3!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
この事件に際し,いろいろネットで調べ回っていたら,なんと,APIのSiteや国内代理店のサイトを見てると8200Aがリストから外れている(製品ページも削除されている)ことに今更気がついた。既にディスコンと云うことか?2代目を購入した頃,2010年春頃はまだ掲載されていたと思うんだけど。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« ThinkPad USB Keyboard with TrackPoint vs PT | main | Dayton »»
«« カテゴリ内前記事(ThinkPad USB Keyboard with TrackPoint vs PT) | pc for daw | カテゴリ内次記事(Waves Version 9) »»
2012/03/10
WaveSpectra 1.5
ちょっとしたHigh Pass Filterが必要になりフィルターの特性を調べるためにWaveSpectraというフリー・ソフトを久し振りに使おう,その前に念のため最新版のチェックをしてみたらなんと新しいversion 1.5(と云っても去年の11月リリース)が出ていた。のでその感動の勢いでのエントリ。2007年のリリースを最後に更新が無かったのでてっきり開発終了したものとばかり思っていたので。

WaveSpectraは高速リアルタイム スペクトラムアナライザーというツールで同作者のWaveGeneと合わせてDIY系のサイトでよく使われている。単にスペクトラムアナライザーというとDAW内蔵,あるいはプラグインで十分なものが多々あるけれども周波数特性の測定,比較となるとWaveSpetraがそのような用途を十分に想定した仕様になっていて使いやすく(使用法も配布サイトで詳しく説明されている)DIYがらみでは常用している。今回の更新,結構多岐に渡っているのだが個人的にはBWFへの対応が嬉しい。これでAvid Pro ToolsのBWF (WAV)ファイルが直接読めるようになった。以前のバージョンでは何らかのソフトで保存し直さないといけなかった。あと「見かけを少し今風にした。(テーマ)」も嬉しいところ!? 個人的にはもっと今風にしてもらいたいとは思うもののフリーだけでも有り難いのにそんな贅沢は言えない!?

WaveSpectra 1.5

ちなみに上のキャプチャー画像(クリックで実寸大表示)は赤がAvalon Design M5のHPを70Hzにしたときの特性。青がEmpirical Labs Distressor EL8のHPの特性。FFTサンプルデータ数はデフォルトの4096にしているけれどもフィルターの特性を見る程度であればかなり十分な分解能。

posted at 2012/03/10 22:39:14
lastupdate at 2012/03/10 22:39:14
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字