[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 10   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/07/08 :: メーター電球交換
いつの間にかAvalon Design M5,ハーフラックサイズのマイクプリアンプのレベルメーターの電球が切れていたので,使用上支障は無いもののそれも淋しいので交換してみた。しかし国外から個人輸入したものなので国内代理店のサポートは受けられないからあくまでも自力。

ただ電球を交換するだけではつまらないのでこれをLEDにしてみたらどうだろうかと思いパーツを求めにアキバへ。問題は基板上のソケットにキチッとはまるパーツの入手。まずはラジオセンターのお店をくまなく見ていったらサンライズというお店でまさにこれというパーツを発見。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
お店の人に使い方をレクチャーしてもらって,といっても半田でLEDと適当な抵抗器を真ん中をプラス,側をマイナスとしてつければいいだけと言うことで直径9mmの口金を二つと8mmの白色LEDを購入。電球色のLEDの方がいいかと一瞬思ったのだが白色でも問題無いだろうと。一応念のために普通の電球を東ラジデパート2Fの鈴喜デンキで12V 0.11Aを購入。2個1パックで150円。ちなみにM5は電球が2個必要になる。

帰宅後早速製作開始。抵抗は経験と勘で1kΩにしたら丁度良かったので1kに決定。切れていた電球は一つだけだったので片方をLEDにしてみたら一方の方の電球は点灯しなくなってしまった。おそらく二つは直列でつながっていて抵抗値が高いと電球は点灯しないのかも知れない。というわけで両方ともLED化してみたら二つとも無事点灯。むら無くメーターを照らすためには光を拡散するそれようのキャップがあればそれを,なければ適当なもので拡散するようにすれば問題無いでしょう。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
で完成後のメーターは下の写真の通り。って分かりづらいか[:あせあせ:] まさにクールな感じ。LEDの色をオレンジとか紫にすると派手になって面白いかも!?おそらくU5も,その他Avalon製品は同じ口金が使えると思うので電球交換代わりにLED化してしまうのもありかなと。とりあえず長寿命だし。ただしあくまでも自己責任でお願いします。

!!$photo3!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
蛇足。ついでというか本当はこっちがメインだったのだがまたまた電源ケーブル製作のためのパーツを求めに東ラジデパート2Fの桜屋電機店に行って,いつも買っているMarinco 5266BLが見あたらないので店員さんに聞こうと「マリ」と言いかけたらかなりくい気味に「無いです」と言われた。もうすっかり覚えられてしまっているようだ[:あせあせ:] 今までの仕入れ先から入手出来なくなって新しい仕入れ先を見つけている最中とのこと。しょうがないのでオヤイデで同じメッキ無し真鍮のHUBBELL HBL8115Vを購入。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« WaveSpectra 1.5 | main | 1176AE and Rhodium »»
«« カテゴリ内前記事(Jensen Capacitors 2) | diy | カテゴリ内次記事(Furutech FP-3-117(R)) »»
2012/03/13
Dayton
[diy
前回,周波数特性測定云々の話をしたが,それはちょっとしたHigh Pass Filterを作るために必要だったからだった。実験の結果必要となるパーツ,コンデンサ,容量が6.8µF〜10µFのものと判明し数年前なら迷わずBlackGateのバイポーラ(無極性の電解コンデンサ)をとなるところなのだが知っての通り最早入手不可能。ストックがあったものの容量が0.47µFで使えない。そこでコスト,サイズ的に不利だけれどもフィルムコンデンサで選んでみることにした。勿論目的の特性を実現するためだけなら普通の電解コンデンサでも構わないのだが音声のラインにまさしくインサートされるモノなのでそれなりのモノを使わなくてはならない。

以前,自作真空管マイクプリアンプ(本人的にはManley Cloneのつもり)に使ったMulticap(当時記事)でいいかもと思ったのだが該当容量のものは国内では入手不可能そうで,かといって海外から取り寄せる程悠長に構えているわけにもいかないので,ネット上でコストパフォーマンスがいいとの評もある,と云ってもスピーカのネットワークで使っての話だが,Dynatonを購入してみた。

Dayton
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5

購入先は始めて利用した横浜ベイサイドネットというショップ。金曜夜に注文して翌日発送と素晴らしく対応が早い。本当はPrecisionシリーズ許容差±1%の6.8µF,8.2µF,10µFをそれぞれペアで,と思っていたのだが6.8µF以外品切れだったので同社の許容差±5%のMPTから10µFを。バランスラインで使いたいためなるべくばらつきのない1%にしたかったのだが本命が6.8µFなのでまぁよいかと。

実際組み込んだ話はまた後ほど。凄くバカな(無謀な?)ことをやる予定なのでもしかしたら恥ずかしくて公開しないかもしれませんがあせあせ

posted at 2012/03/13 2:39:58
lastupdate at 2012/04/19 23:00:19
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字