[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 04   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/03/06 :: 2GBの壁を越えてみる
まずは結果から。下の画像はホストアプリSteinberg Cubase 4でソフトサンプラーNative Instruments Kontakt2を使い(Windows XP Professional SP2 x86),落ちる寸前ぐらいまでInstrumentsを読み込み再生している状態のもの。Kontakt2のOption「DFD」の設定,メモリ使用量に直接関わると思われる「Override Instrument's preload size:」を「60.00kB」にしている。!!$more!!

!!$photo1!!

Kontakt2自体のRAM使用量が1.42GBで,全部DFD(Direct from Disk)モード,Cubase 4全体のメモリ使用量は2024.59MB,1.977GB,厳密には2GBを超えていないがほぼ2GBに達している。具体的にどの程度のサンプル数をハンドリングできているかというと,上の設定でひとつのサンプルがモノ換算で60KB使っているとすれば2.4万個のサンプルを読み込んでいる,と言うことでしょうか。実際Kontakt2がサンプルを読み込むだけで8分ぐらいかかる[:ダッシュ:]

こうするための方法は実に簡単で,Microsfotのサポート技術情報にある「Windows XP および Windows Server 2003 の Boot.ini ファイルで使用可能なスイッチ オプション」に記載がある「/3GB」スイッチを使うだけ。例えばこんな風に。

[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Professional" /fastdetect /NoExecute=AlwaysOff /usepmtimer
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Professional 3GB" /fastdetect /NoExecute=AlwaysOff /usepmtimer /3GB

最良の方法は現在使用している設定をまるまるコピーアンドペーストし,最後に「/3GB」と付け加えるだけでもいい。でも,それだと既存の設定と区別できないのでダブルクォーテーションに囲まれた名称部分にそれと区別できるモノにしておけばOK。上の例は『DAW向けPC Guide & Topic』に掲載されているDAW向け設定を反映しているものです。なお,これらのBoot.iniの編集は最悪の場合システムを起動不能にする場合もあるのでそれなりに注意と覚悟が必要。ただ正常に起動できる選択肢を残しておけばいつでも戻れるので危険度は低めかもしれないけど。

この/3GBスイッチに関し,サポート技術情報には他にも記述があり(「メモリ サポートと Windows オペレーティング システム」,「4 GB RAM チューニング機能と物理アドレス拡張のスイッチの説明」など),てっきり物理メモリ4GB以上じゃないと意味が無いのかとか,Serverバージョンでないとダメなのかと考えていたのだが,実際やってみてWindows XP Professionalで物理メモリ3GBでも有効なのがわかった。

手元に3GB分のメモリしかないため実際物理メモリ4GBだともっと読み込めるのかどうかは不明。おそらくもうちょっと余力はありそうだと思うのだが。また,Kontakt2でメモリ使用量を調整する場合や読み込めるサンプル数を端的に変えたい場合,前出の「Override Instrument's preload size」をいじるのが手っ取り早い。一応念のためにCrystalMark 2004R2でパフォーマンスの違いがあるのか見てみたのだが/3GB使用時と通常時での違いは誤差程度の違いしか見受けられなかった。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Macro LED Ring Light | main | SMC PENTAX-DA★60-250mmF4ED [IF]SDM »»
«« カテゴリ内前記事(WaveSpectra 1.5) | pc for daw | カテゴリ内次記事(RIAA) »»
2012/03/20
Waves Version 9
Waves PluginのV9が出たので早速アップグレードしてみました。継続作業中のモノがあるにもかかわらずあせあせ 確かに不安はあったもののV9からiLokを必要としないアクティベーション方式に変更された,ってことはV8のiLok上のライセンスは残ったままになるのでは?それなら最悪V9で不具合が出たらV8に戻せる,と考えある意味蛮勇を持ってしてやってしまいました。

WUP (Wavs Update Plan)の期限が切れているものが単品Plugin一つあったのでこれを$24.6で更新。次にアカウントページで「Version Update」を各々バンドル(プラグイン)実行。サーバーが混んでるのかなんなのか結構反応が緩慢だった。後はV9をインストールし(V8などがある場合確認を求めるダイアログ表示後削除される),その終了後『Waves License Center』(WLC)と言うライセンス管理ソフトを起動しライセンスをPC本体,もしくはUSBメモリにダウンロードさせるだけ。

Waves Version 9

これだけだとNative Instruments等と同じような方式と思えるのだがライセンスはWLCでネット上の「My License Cloud」というところへいつでも戻すことも可能で,例えばPCの環境を変えてMachine IDが変わって再アクティベートしその分アクティベート可能回数が減ってしまう,なんてこともないようだ。またMachine ID(?)はネットワーク接続がアクティブかどうかに依存していないので接続していない環境にしても問題は無かった(Pro ToolsはStuidio Oneみたいなことにはならない)。ちなみにそのライセンスの移動,数秒で完了する手軽さだった。

Pro Tools HD 9.0.6で継続中のセッションをV9で開いてみたのだが,ちょっとドキドキ,全く問題なかったチョキ User Presetも問題無くV8から引き継がれた。Wavesのページでは「高速なプラグインのスキャン/ロードとプロセシング」と書いてあるけれども印象としては「そう言われればそうかもしれない!?」という程度。起動ディスクがSSDなのでその違いが分からないだけかもしれないけど。残念ながら目を見張る「何か」は今のところ感じられない,って言ってもまだ小1時間触っただけだがあせあせ PTHDの他Cubase 6.5,Samplitude Pro X(いずれも32bit環境)でも開いてみた程度だけれども取り敢えずは問題無かった。Samplitude Pro XではWaves Tuneが対応していないと書いてあるのだが取り敢えず使えなくはないことが確認できた。

明らかに変わったのはプラグインファイル。これまでWindowsの場合プラグインはDLLファイルのみだったのだがV9ではコンポーネント化されプラグイン名+.bundleのフォルダ以下にWin32,Win64,Linux32用の割とファイルサイズの小さいものが個別用意した上で共通のリソースファイルを別フォルダ内に置くという方式に変更されている。なかなかスマートな方法。インストールも32bit,64bit気にしないで行える。

Waves Version 9

V9のその他の目玉はGOLD Bundle以上にGTR3 SoftwareがバンドルされるようになったことだけれどもDiamondと個別にGTR3を持ってる自分としては有り難みは少ない。OneKnob FilterとOneKnob Driverが新しくDiamondにバンドルされるようになったけど個人的にはかなり微妙あせあせ これまでJJP Analog Legendsバンドルの内,唯一(3種の内1種)Platinum以上に含まれないPuigChild 670/660がいい加減バンドルされるだろうと勝手な期待をしていたのだが見事に裏切られたスマイルフェイス 単品で購入か上位バンドルにアップグレードしろ,と云うメッセージなんだろう,か?

posted at 2012/03/20 5:39:36
lastupdate at 2012/03/23 9:59:30
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字