[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 03   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2008/09/09 :: Dolby 363
!!$img1!!業務用ノイズリダクションシステムのDolby 363を買ってしまった。勿論中古で。またもやeBayで買った,というか落札したのだけれど,落札価格$211,送料$100.50(from USA)で約3.5万円ぐらいだった。eBayの相場だと$600前後だと思うので結構格安。出品のページには電源投入時数分間ノイズが発生みたいなことが書かれていたので敬遠されたのかも。届いた品物,電源を入れてチェックしてみたのだが確かにSR-Typeではノイズが発生したのだがメインで使うA-Typeではノイズもなく結構ラッキーな買い物だったかもしれない。ちなみに,今は新品で入手不可能かもしれないけど新品価格は現在の中古相場の10倍以上したのではと記憶している。

既に363の前機種とも言える361,1Uモノラルなのでステレオでも使えるよう2台持っているのだがさらに買い足してどうするんだ,アナログレコーダーも持っていないのに,ってまさにその通り。ただ本来のノイズリダクション用途じゃなくExciter代わりに使うのでトータル4ch分あってもいいかなと。

でも音質比較してみたら意外に違う,同じA-Typeなのに。Dolby 361 with Cat. No. 22は入出力にトランスが使われていてA-Typeカートリッジ内部もオールディスクリート構成になっている。対する363のほうはOpAmpをふんだんに使っていて,入出回路も電子サーボ回路,361と比べると神経質なクールな感じの音。押し込められた窮屈さを若干感じる。ありきたりの言い方かもしれないが361のほうがWarmだろうか。というわけでせっかく買ったのだけど相変わらずメインは361のままかな[:あせあせ:]

ところでAとかSRとか何のことやら多くの人にとっては意味不明だと思いますが業務用Dolby A-Type(音楽関係のみならず映画の音響でも使用されていた)を民生用にしたのがB-Type。カセットデッキに漏れなくって言うほど搭載されたのはこれでしたね。録音時に高域を持ち上げて再生時に持ち上げた分の高域を下げることによってアナログテープのヒスノイズを軽減する働きをしていた。それに加えて音の圧縮伸張をすることでダイナミックスレンジを改善したのがSR-Type。民生用はS-Typeと呼ばれていた。SRは2ch Analog RecorderやAnalog Multi Track Recorderに90年代頃まで絶対と言うほど使われていたので当時のスタジオには絶対あるべき機材だった。でも90年代後半ぐらいから高性能アナログテープが登場しノイズリダクションの必要性が無くなってしまったことやデジタルレコーダーに取って代わられてしまったため使われることがあまりなくなってしまった,本来の目的では。でも昔のマスターとか再生する時は絶対必要になるので1年全く使われなかったとしても捨てるわけにはいかない厄介者,なのかもしれない。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Shure A15HP | main | Degrade mode »»
«« カテゴリ内前記事(瀕死のT60p) | thinkpad | カテゴリ内次記事(OCZ nocti mSATA SSD) »»
2012/03/29
ThinkPad W520 (4270CTO)
ようやくThinKPadの最上位機種W520を購入しました。昨日品物が到着。

ThinkPad W520 (4270CTO)
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5

構成は以下の通り。
  • Processor : Intel Core i7-2920XM (2.5GHz, 8MB L3)
  • Operating system : Windows 7 Professional 64bit
  • Display type : 15.6" FullHD (1920 x 1080)
  • Color sensor : Panton Color Sensor
  • System graphics : NVIDIA Quadro 2000M with 2GB DDR3
  • Total memory : 16 GB PC3-10600 DDR3 SDRAM
  • Pointing device : UltraNav with TrackPoint & touchpad plus Fingerprint reader
  • Camera : 720p Camera
  • Hard drive : 500 GB HDD, 7200rpm
  • Optical device : DVD recordable multiburner
  • System expansion slots : Express card slot & 4 in 1 Card Reader
  • Battery : 9 cell Li-Ion Battery
  • Bluetooth : Bluetooth 3.0
  • WiFi wireless LAN adapters : Intel Centrino Ultimate-N 6300

ThinkPadに詳しい人,もしくはインテル・プロセッサ事情に明るい人は「おや?」と思うでしょう。CPUがSandyBridge世代のモバイル用Core i7 Extrem Editionで最初に出た2920XMであることを。一応新品なのですがeBayで探し当てたほぼ最上位構成でCPUだけがSandyBridgeの初期ラインナップのもの。本当は今月中旬頃,国内のレノボでCPUにはCore i7-2860QMを載せ他はほぼ最高スペックで,クーポン適用で20万円台前半なんて思っていたのだが(クーポン無しだと30万円台後半)うっかりクーポン有効期限が過ぎてしまい,もともと狙いを定めていたeBay出品品から,と云うことに相成った。米国からの購入なので勿論OSは英語版,キーボードも英語版。OSは国内購入でも英語版にするつもりだったので問題無いし,キーボードもDAW用PCでも英語版なので問題無かろうかと。CPUは2860QMと2920XMはほぼ同スペック,4 Core 2.5GHz,8MB L3で,違うのはturbo動作時前者が3.6GHzなのに対して後者が3.5GHz,あとTDPが後者が10W多いぐらいなのでたいした違いは無かろうかとの判断。そうまでして購入した物の値段は約$2000+送料$120,PayPalの換算レート約86円がだったので約18万円。下手すれば半額ぐらいなのでそれなりのリスクを負う価値はあるかと。また今の時期Core i7 IvrBridgeの登場がもうすぐだしその搭載新機種も(もしかしたらThinkPad W530!?)数ヶ月以内に出るであろうから現行機種新品購入は必ずしも賢明な判断では無いのだが外付けGPU機種であれば実質0.2GHz動作周波数が向上するぐらいだし,それを待つとたぶんあと1年買い換え衝動が遅延すると思い購入に踏み切った。

詳細は次回に回しますが,起動ディスクには用意していたmSATA SSD,OCZ Nocti Series 120GBを同チェック後即内蔵。元からのHDDは外さずに,SeagateのST9500420AS,データ用として使う予定。そんなところでExperience Indexはこんな感じ。

ThinkPad W520 (4270CTO)

これまで使っていたThinkPad T60p (2007-93J)がCore 2 Duo T7600 2.33 GHzに載せ換えSSDにしてるモノのProseccor : 5.7, Memory : 5.7, Graphics 4.2, Gaming graphics : 4.2, Primary hard disk : 7.1に比べれば結構なアップグレード。Graphicsの4.2から6.9は体感的にもなかなか気持ちいい。

液晶にはたまたま行き当たった『押し寄せる現実立ち向かうBLOG』さんの『ThinkPad X200 到着&画面保護シート貼り付け作業』というエントリを見てもろ影響を受けてしまってエレコムのEF-FL156WHGという光沢仕様液晶フィルター A型 を貼ってみた。W520の液晶,もともとが相当明るいので液晶フィルターを貼っても全く問題無い。ただ貼るときやっぱり,努力はしてみたモノのゴミが混入してしまったみたいで今後の課題。

まだデータ移行も出来てないので何とも言えない状態ではありますが能力的には全く問題無し。FullDH動画も楽勝。ただ4:3のT60pからすると横にデカくて相当の慣れが必要かも。キータイピングの際小指で筐体の端を探る癖があって,それがW520では出来なくなってしまうので今のところミスが多いあせあせ キーボード自体は既にThinkPad USB Keyboard with TrackPointに慣れているせいか違和感なし。パームレストはまだ新品で馴染まないせいかT60pの方が感じがいい。これは使い込み次第!?見た目はまぁThinkPadだしこんなもん,と思うけど側面から見るとT60pの方がスマートそうに見えるのはなぜだろう。W520の方が本体部がやや厚めなのか。

15.6インチのFullHD,141.21dpiでT60pの15インチUXGA(1600 x 1200)の133.33dpiと比べるとテキストサイズ100%だと個人的にはギリギリな線。VAIO type-Pと比べれば(221dpi!?)楽勝だけどやや厳しめ。初期設定のMedium 125%だと丁度いいけどそれだとFHDの有り難みが無くなるしあせあせ

最後にmacoteauは相当のThinkPadマニアと思われるかもしれませんが,実は,恥ずかしながらこれがThinkPad生涯で2台目なのだチョキ

posted at 2012/03/29 21:02:17
lastupdate at 2012/03/30 18:32:33
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字