[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 09   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
 
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/02/03 :: audio-technica AT3060
!!$img1!!ネットを徘徊していたら日本未発売のaudio-technica AT3060なるものを見つけた。見た目は同社のAT3035と瓜二つなのだがこれでチューブマイクらしい。しかも専用の電源を必要とせずファンタム+48Vで真空管もドライブしているそうだ。値段はUSAなどでは$400〜$500ぐらい,単純に円換算してみると5万〜6万円ぐらいだろうか。

audio-technicaの日本語サイトにある「Event / News U.S.プレスリリース」にある記事では2003年に発表されているようだ。当然日本語のレビュー記事は見あたらないのだが,向こうのReviewではおおむねコストパフォーマンスの優れた真空管マイクとして紹介されている。Electronic MusicianのReviewでは「従来のチューブマイクっぽくないので面を食らった」(かなり意訳)とか,MixのReviewでは「ノイズが少なく,他のチューブマイクに比べて高域はフラットで滑らか」とか書いてある。どうも従来のオーディオテクニカのマイクの高域特性を保持しつつチューブらしさを加味した音なのかもしれない。で,真空管はこもっていると思っている人には物足りない,って感じ?

なかなか興味深いマイクなのだが,なぜ日本発売しないのだろう。それもそうだが日本のオーディオテクニカはこの手のレコーディング向けマイクのラインナップを意図的に縮小しているように思えるのだが(4033とか4047とか4060とか生産中止だし)AT3060を日本国内で発売をしないのもその流れなのか?SOUND HOUSEではaudio-technicaのマイクを直輸入し国内ラインナップにはない,あるいは消えたマイクを扱っているのだが残念ながらAT3060は扱ってないようだ。頼めば扱ってくれるのかな?

ちなみにわたしはなにげにaudio-technica好きでAE3000,AT3035,AT4047/SVを持ってたりする。AE3000はDrums用にあと2~3個は欲しいなと思う今日この頃。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« ThinkPad Mini Dock Plus Series 3 (170W) | main | Focusrite OctoPre MkII Dynamic »»
«« カテゴリ内前記事(ThinkPad Mini Dock Plus Series 3 (170W)) | thinkpad | カテゴリ内次記事(Ordered a ThinkPad X230 Tablet) »»
2012/04/28
ThinkPad T60p Reborn
一ヶ月前,瀕死状態に陥ってしまったThinkPad T60p 吹出し ,W520 吹出し に完全移行してしまったらそのまま引退させようとは思っていたのだがもう暫く活躍できそうなところがありそうなので,活躍と言っても盗難や全損の可能性がある場所への持ち出し,パーツを交換して延命措置を施してみた。

交換したパーツは,再度安定動作させるために必要な空冷ユニットと,我慢できないレベルでは無いけれどきれいになれば愛着もそれなりに復活するのでは無いかと中古だけれども状態の良さそうな液晶パネルを見つけたので液晶も交換してみた。空冷ユニット (41V9932)はヤフオクで,でも中国からの発送,2,500円程度で。液晶 (13N7076)はeBayで約$50プラス送料$25,約6,000円で購入。なんと液晶はイスラエルからの発送。そこはかとなくイスラエルからちゃんとものが届くか心配だったけれどもスムーズに,トラッキング情報を見る限り税関も日本郵便にしてはかなりのスムーズさで通過し無事届いたあせあせ イスラエルと言ってもハイファからで,ハイファと聞いてピンと来た人は相当のCPUマニア(?)SandyBridgeを開発したインテルの拠点があるところだから普通にものが届くのは当たり前,なのか。

ThinkPad T60p Reborn
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5

あとはツルピカだしたわみも気になるキーボードをどうするか。ネットで調べてみると4〜5千円程度で購入可能なのだがThinkPad W220 Tabletの後継機が出れば(W230tという型番になる?)それを買ってみようかと思っているのでキーボードまで交換する気になれないでいる。W520を購入したときはACアダプタ併用でしか使わないだろうしディスクリートGPUのみで使うつもりでいたのでSandyBridgeでもいいと思えたのだが,よりモバイル性が高く内蔵GPUのみのモデルだとIvyBridgeではより省電力でGPU性能がベンチだと1.5倍程度よくなる待ったほうが得策かなとX230tの登場を密かに待っている。チップセットにIntel 7シリーズが使われれば当然USB 3.0対応になる可能性も高いし。

posted at 2012/04/28 9:07:38
lastupdate at 2012/04/30 6:17:13
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字