[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 10   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2013/07/14 :: ThinkPad トラックポイント・キーボード
1月の発表(PC Watch記事)以来その発売を待ちわびていた新しいThinkPadキーボードが先月25日(レノボ ニュースリリース)から販売開始されたのでちょっと遅れて27日注文してみました。Bluetooth対応ワイヤレス機種だけと思いきやUSB接続のみの機種もあったので,しかもBluetooth版の約半額だったのでそちらの英語版を選択。この製品の狙いはタブレット等にフィットするコンパクトさで,そのために簡単に接続出来るワイヤレス,なのだろうけれども我が使用目的はあくまでもDAW用,スタジオにもこのキーボードを持ち込んでWindows以外のOSでも使いたい,故にBluetoothに頼らないUSB接続が無難との考えによる選択。27日に注文して7月3日に到着。

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードに関するレポートはPC Watch記事や『せうの日記』さんの『[速報]ThinkPad Compact Bluetooth Keyboardを購入しました。』と言うエントリー,『ThinkPad Plus Blog』さんの『ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード 0B47181レビュー』などで写真豊富にレビューされているのでそちらを是非ご覧になって貰うとより理解が深まるかと。ちなみにレノボ・ジャパンとUSAとでは名称がやや異なっていて,ワイヤレス・トラックポイント・キーボードは『ThinkPad Compact Bluetooth Keyboard with TrackPoint』となっていて,USB接続のThinkPad トラックポイント・キーボードは『ThinkPad Compact USB Keyboard with TrackPoint』となっている。英語の方が以前の機種との区別がつきやすいように思えるのだが。あと値段もUSだとワイヤレスが$79.99,USBが$59.99と日本に比べてワイヤレスが安く設定されているのも不可思議。

Bluetooth版とUSB版の外見の違いは殆どなく,右側面の電源スイッチの有無,裏面のNFCタグがあるかないか程度。右上LEDインジケータはついていないのだがそれ用の痕跡(?)がある。Bluetooth版では充電用のmicroUSB端子はUSB版ではPC接続用となっている。つまりUSBケーブルは取り外し可能。重量はUSサイトの記述によるとBluetoothが本体450gなのに対しUSB版は370gで,80gほど,おそらくバッテリーとBluetooth回路分軽くなっている。

昨年登場したアイランドタイプで6列配列キーボードはX230T [:吹出し:] で慣れているので問題ない,と思いきやX230Tと比べてキートップの艶消し処理が従来ThinkPadキーボード風にしっかり施されているのもので(X230Tはややツルピカ,過去エントリ)ちょっと違和感を感じてしまった。3台も持っているThinkPad USB Keyuboard with TrackPointと比べると幅の狭いパームレスト,というか最早パームレストとしての機能を果たさないパームレスト,意外とこの幅でも問題ないことが2〜3日で実感。つまり慣れるのにそれほど時間を要しないレベルのことだった。手前の曲線の処理が違和感を感じないようになっているのかもしれない。

トラックポイントキャップはThinkPad Helixと共通のロープロファイルのソフトドームタイプ。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
使い慣れた,しかも大量ストックしている旧タイプのクラッシックドームが使えないものかと試しにはめてみたらこんな感じに。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
見た目は微妙だし,やや突出した感じもあるけれどもなんとかはまり問題なく使える。やはり個人的にはクラシックドームの滑らない感じから逃れられない[:あせあせ:]

キー配列に関して,この6列配列キーボードに慣れたと思っていたのだけれども,DAW用が所以にFunctionキーを多様することに加えて,キートップの印字がWindows 8用途メインのものに変更されてしまい見た目も惑いそうな感じになってしまっている点は少々残念。Fn + Esc(FnLk)によるファンクションキーかWindows 8向け機能キーかの切り替え(初期設定は機能キーになっている)は再起動後も切り替えた状態が保存されるので再起動する度に操作する必要が無く,その点はありがたい。

!!$photo3!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
ミドルクリックボタン+トラックポイントでスクロールが出来き,ユーティリティTrackWheelとの併用でAvid Pro Toolsでスクロール操作をしていたのだが(過去エントリ),USBトラックポイントキーボードとちょっと感度が違う,信号を発するタイミングが違う(?)のかスクロールしたつもりがESCキー操作と同じことが起こるようになってしまって,この問題を解決しないことには本格導入はあり得ない,問題に遭遇してしまった。しかし,いろいろ試してみたら諸設定が記述されているTW.iniの中のTimeoutの値を初期設定の300から30にしてみたらちゃんとスクロール操作だけが出来るようになり問題解決。当初数値を増やせばいいと思ってたのだが全くの逆だった。

と言ったところで,10日ばかり使っていまだファンクションキーの押し間違えはありますが,本格的にリプレイスしても問題なかろうという感触を得,スタジオ作業にも持っていこうかと。USBトラックポイントキーボードをおもむろに取り出すとアシスタントくんに「えっ?トラックボールは使わないんですか?」と言われたり怪訝そうな顔をされるけど,さらにコンパクトになって「なに,こいつ!?」と思われてしまうのだろうか[:あせあせ:] 84キー装備のポインティング・デバイスと考えれば多機能トラックボールと言えども到底太刀打ちできないフル装備デバイス(テンキーは除く),ですけどね。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« LaCie Rugged Triple USB 3.0 | main | Jensen JT-123-SLCF »»
«« カテゴリ内前記事(Focusrite OctoPre MkII Dynamic addendum) | rec equip | カテゴリ内次記事(Jensen JT-123-SLCF) »»
2012/05/27
Radial JDI Duplex Stereo Direct Box
絶対必要というわけでは無かったのですが,あればあったで何かと重宝するかも,とステレオタイプのパッシブ・ダイレクト・ボックス(略してDI),Radial Engineering社のJDI Duplex Stereo Direct Box日本語)を買ってみました。

Radial JDI Duplex Stereo Direct Box
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5

ダイレクト・ボックスというのは高インピーダンスの楽器出力,アンバランスの民生機器の音声出力などをローインピーダンス,バランス出力に変換し高ゲインのコンソールのバランス・マイク入力等に入力できる信号にする機器。DIには大別すると一切電源を必要としない,トランスを使用したパッシブタイプと,入力インピーダンスをMΩ程度まで高くした電源を必要とする入力アンプを使ったアクティブタイプとがあり,今回購入したのは前者のパッシブタイプ。パッシブタイプはトランスを使用している関係上,入力インピーダンスは百数十KΩ程度まででしかなく,パッシブサーキットのギター等を直接接続するのには不向き。しかしながら実際のところ,レコーディングの現場ではコンパクトエフェクター経由の音をもらうことが多く,さらに言えば,昨今はコンソールレスでマイクプリアンプで受けるケースが多く,そのマイクプリアンプもハイインピーダンス,アンバランスを直接入力できるものも多くDIの出番はかなり少ない。唯一出番があるとしたら信号をマイク・プリアンプに送りつつ分岐して他のコンパクトエフェクター,あるいはアンプに送るときぐらい。そんないかにも元が取れなさそうなものながら今回(あえて)購入してみた,というわけです。しかもステレオ。今後iPodやPCの音を撮る機会もそれなりにありそうな気がしたのと,今年に入ってアンバランス入力未装備のマイクプリアンプを購入したのでそれ用,というのもあります。

Radial JDI Duplexを選択した理由はステレオで,かつJensenのトランスを使っているところ。Jensen使用のステレオDIは他にWhirlwind Music Distributors, Inc.のDIRECT2-JTSwitchfraftのSC702 Stereo A/V Direct Boxがあるのだが入力の豊富さからJDI Duplexを選んでみた。購入は,案の定国内流通のものは割高5万円以上するので(定価は7万円)eBayで購入。約$350で約28K円だった。国内でもAmazonで扱っているものに約33K円 A型 と,海外との価格差が少ないものがある模様。「正規輸入品」の意味するところが意味一つ謎ですが,水没させるぐらいしか故障原因が思いつかないほど単純構造が故の堅牢さがあるので,保証云々に関してそれほど心配することもないと思われる。ちなみにJensen使用ステレオDI,他2機種もパーツ代ぐらいの価格差が無く,最も安いDIRECT2-JTでも約$50の差しか無い。こちらは国内でも3万円以下と良心価格なのでコストパフォーマンス重視ならDIRECT2-JTがいいかも。それでもたかだかパッシブDIにしては,の値段だけれども,使われているJensenトランスが1個国内で買うと12K円するので,3万円でもだいぶお得,とDIYマニアはつい思ってしまう。

そして肝心のJDI Duplex,普通にモノラル2台分の大きさ(幅16cm奥12.7cm)と重量(1.32Kg)なのでDIとしては結構大きく重い。音質のほうはJensenのトランスを使ってるだけあって想像通りの好印象。「原音忠実」と書かれているけれども非経由の音と比べてみるとやや低音域が膨らむ,というかリッチになる印象。その分不鮮明になるようなことも見受けられない。高音域はいわゆる「シルキー」な感じになるので,デジタルソースのとがっていてタイトなものにアナログなテイストを加える,と言った使い方も十分にアリとの印象。アナログ・テイストと言ってもこもる感じは無いのでiPodやPCからのオケだしにうってつけ,かも。本当はアクティブDIの定番BSS AR-133あたりと比較してみたかったのだが手持ちに無いのでできなかった。機会があれば追々比較してみたいとは思っている。

DIには珍しくバランス,XLR入力を装備しているのもJDI Duplexならではの特徴。ちなみにモノラルバージョンのJDIにはXLR入力がないのでDuplexならではの機能。ただしXLR入力にはあらかじめ-20dBのアッテーネート回路が挿入され,さらにトランスの巻線比の関係で約-21dB減衰,実測では約-39dB減衰するので,単純に業務用レベル+4dBmを民生機レベルに下げる,とは考えない方がいいかもしれない。

Merge機能はInputとThruを抵抗だけで構成するパッシブ・ミキサーとする機能。回路的に考えればステレオをモノに簡易的に,と言ったような用途向け。RCAコネクタとフォーンジャックは単純並列となっているのでMerge機能を使いつつRCAで入力した信号をフォーンにThru,と言う使い方もできなくは無い。

Radial JDI Duplex Stereo Direct Box
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5

まだ本格的に全然使っていないのだけれども,Jensenらしさがちゃんとあり,その質感に価値を見いだせるのならアリな製品,かと。ただ,DIなんて脚光を浴びるなんてことまず無いマイナー機材だから,一般的おすすめかと言えばそれはかなり微妙あせあせ それでもTony Levinも使っているらしいからBassには結構いいかもしれない。

posted at 2012/05/27 20:34:54
lastupdate at 2012/05/27 20:34:54
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字