[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/07/07 :: Benchmark ADC1 USB #2
全然関係ない話ですが,株主総会対策ドラマ,ってあるんですね,あるんですか!?とりあえずキャスティングだけで全力使い切ってしまうような。

なんてことを言いつつ本日の本題,ADC1 USBの音質に関して。

Alpha-Linkからアナログ出力した音源をそれぞれの機器で入力し比較したのだが,割とSSL Xlogic Alpha-Link MADI AXの傾向と同じ方向性にあると感じた。ADC1 USBのほうもあくまでもニュートラル。更により描写力が上がっている感じ。アコースティックギターとか細かいとこまで聞こえてきて生で聴いてるようにさえ思えてしまうぐらい。広がりもADC1の方がより豊かで広げまくったPADなんか理想的な厚みと広がりでとても気持ちいい。低音の出具合はAlpha-Linkの方がやや押しが強い感じ。ただ分離の良さ,解像度の良さはADC1の方が優れていて低音楽器の輪郭がクッキリしている。

そしてDigidesign 192 I/Oとの比較。ADCチップは同じAKM AK5394Aを使っているようなのだがダイブその傾向は違う。おそらく他の部分,アナログ回路とかクロックとか諸々の設計が違うから当然なのかも知れないがADCチップだけでその音を語れないなと思った。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
ちなみにMix Magazine OnlineのReviewでは増幅段のオペアンプにAnalog Devices AD797が使われていると書かれているのだが我が手元にあるADC1 USBはOP27GとNational Semiconductor LM4562MAが使われている。おそらくOP27Gがメインなのだろう。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
比較は192 I/Oから出力した音源をアナログで192 I/Oに入力したものとADC1 USBに入力したものを比較。フォーマットは24bit48khz。アコースティックな構成,ギター,女性ボーカル,パーカッションなどだとADC1 USBはまさにアコースティックな響を十分に再現,ギターのボディのなりとかコンガの皮の響具合とか見事に描写できているのに対して192 I/Oの方はアタック感が強調されたちょっとスパイシーな感じになってしまう。ボーカルは,割と囁きに近い歌い方で,192 I/Oではsh-の部分などそこだけ飛び抜けて聞こえてきてしまいアンサンブルとは別の空間に出てきてしまったような感じになってしまうのだが,ADC1 USBの方は確かに強めには出てきてしまうのだがあくまでも流れの中にとどめている,アンサンブルに調和出来ているような出方なっている。まさに192 I/Oを使いたくないと思うポイントがこれで192 I/Oでは破綻してしまうような,この場合ボーカルの子音だが,ADC1 USBではしっかり表現し切れている。192 I/Oのミドルからミドルハイ辺りの窮屈そうな音がするのに対してADC I/Oの方は非常に滑らかで,結果リッチな響となっているように思う。ライン録りされたJazz Bassとか192 I/Oではドンシャリな感じになってしまっているのが,ADC1 USBだともうブリブリで同じソースのものとは思えないぐらい変わる。

使用機材は同じ,歌い手も同じ,スタジオも同じ,ただ日にちと曲が違う,というトラックで聴き比べても見たのだが,ADC1 USBのほうが潤いを帯びているというか瑞々しい。コンプにはどちらもUREI 1176LN rev.Hを使っているのだが,192 I/Oのほうはミドルハイ辺りのあの張り付いた感じが見事に感じ取れるのだがADC1 USBだと中域の再現性がいいせいかあまり張り付いた感じにはならない。おそらく192 I/Oだと音が堅すぎとかになりがちで使いづらかったマイクやプリアンプ,コンプもADC1 USBを使うことによってだいぶ見方が変わるかも知れない。GML 8300とか好きだったのだがここ何年か結構「あれれ?」と思うことがあってスタジオにあっても使う機会を減らしていたのだがADC1 USBとあわせれば結構使い出があるかも知れない。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Transcend mSATA SSD MSA720 | main | X230T and mSATA SSD »»
«« カテゴリ内前記事(Transcend mSATA SSD MSA720) | thinkpad | カテゴリ内次記事(X230T and mSATA SSD) »»
2012/07/08
ThinkPad X230T impression
唐突ですが,Lenovo ThinkPad T230 tabletは正式には,正確にはなんと表記すべきなのだろう。『ThinkPad X230 Tablet - コンパチブルタブレットPC』となっているのだが,米国サイトだと『ThinkPad X230t Convertible Tablet』となっている。単に「T」が付くか付かないかだけの話なのだが,何となく気持ち悪い。ただどちらのURLも「/xtablet-series/x230t/」となっているので「X230T」と呼ぶ方がもっとも妥当,なのだろう。

といったところで,発売開始日6月15日に注文したThinkPad X230T,無事26日に到着しました。ほぼ「配達予定日」通り。本当は逐一レポートするつもりではいたのですが,仕事の合間を見つけてはこつこつセットアップ,といったような状況でブログの更新まで手が回りませんでした。今はもうセットアップも完了してメインのW520 吹出し より稼働時間が長い状況になっています。つい先日,スタジオ作業で歌詞のPDFを表示しつつペンでいろいろメモ書きしたり,なんてことをやってみましたが,X230Tを縦にするとA4を等倍表示にして横が数センチ足りない程度なので,スクロールせず見渡せ,等倍なので書き込みもしやすいし買った甲斐あり,と。ただ重くて厚いのが難点ではありますが。

外見的なところはほぼX220 tabletと同じなので使い心地など,諸々はX220 Tabletについて書かれているレビューに共感しうなずくこと,多数です。例えばこちらの『とくみつ録』さんのレビューとか,『The比較』さんのレビューとか。パフォーマンスは内部が次世代のものになっている分それなりに向上しています。動作チェック後すぐに計測したエクスペリエンス・インデックスはこんな感じ。

ThinkPad X230T impression

IvyBridgeのウリの一つであるグラフィックス性能は数値で見るとだいぶ向上しているようです(4.5→6.5)。ディスクリートGPUじゃなくても6.5が出るのだから凄いです。メモリ性能も相当向上しているようです(5.5→7.6)。そのせいもあるのか明らかに重い処理をしない限り体感速度は前出W520あまり変わらないような,と云う印象。

そして,問題は,取り敢えず新デザインになったキーボード。

ThinkPad X230T impression
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5

キーの重さに違いはあまり感じないのですが(新品ゆえやや重めか!?),タイピング時の「ぺたぺた」と言ったような音は少しばかり大きいかも。あとキートップが旧タイプよりやや滑りやすい。使い込み過ぎてつるつるになった時ぐらいの感じ。慣れればさほど問題でも無いのだが最初は凄く違和感を感じた。そして7列から6列に変更になったキー配列。兎に角Deleteキーが慣れないあせあせ 間違ってついHomeかEndを押してしまう。Forward,Backキーが廃止になってPageUp,PageDownになったのも,多用していたせいもあってか最大のトラップ。またFunctionキーも4個くくりでは無くなり,隙間無く一列になったのも微妙になれない。ALT+F4,多用するショートカットなのですが,押し間違いが多くなってしまった。この新しいキーボードをメインで使い続ければそれなりになれるとは思うのですが,なにせデスクトップにもThinkPad USB Keyboard with TrackPointを使ってる有様なので当分慣れないことでしょうあせあせ あとEnterキーの色が黒いのも慣れない,というか淋しい感じです。それにしてもPrint Screenの位置…………バックライト付キーボードは,確かに暗がりでは便利。

ThinkPad X230T impression
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5

今回はこの辺で。次回はmSATAを載せてみた,といった話になる予定です。

posted at 2012/07/08 2:37:24
lastupdate at 2012/07/11 0:43:34
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字