[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 03   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2011/09/04 :: Scott Liebers Labs SL-2510
AC_FL_RunContent('codebase', 'http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=7,0,0,0','width', '200','height', '60','src', 'http://www.macoteau.com/maco/swf/mp3player','quality', 'high','FlashVars', 'musicPath=http://www.macoteau.com/maco/exfile/noise.mp3','pluginspage', 'http://www.macromedia.com/go/getflashplayer','align', 'middle','play', 'true','loop', 'true','scale', 'showall','wmode', 'window','devicefont', 'false','id', 'mp3player','bgcolor', '#ffffff','name', 'mp3player','menu', 'true','allowScriptAccess','sameDomain','movie', 'http://www.macoteau.com/maco/swf/mp3player','salign', '');noise.mp3API 8200 (8ch Line Mixer)のチャンネルからノイズが発生するようになってしまった(暖まってくると発生する),こんなノイズ(ゲインは上げているものの小音量時でも気になる程度,Gが潜んでいるような音!?)。当初は最終出力段に使われているディスクリート・オペアンプ,2520がまたもや逝ってしまったのかと思ったのだがいろいろ調べてみたら8ch目だけにノイズ元があると断定でき,ノイズが発生するパーツは差動入力回路に使われているディスクリートオペアンプ2510が原因と予想。これを交換してみた。

オリジナルのものと交換するのも芸がないので2520の交換でその質の良さが気に入ってしまったScott Liebers Labsのもので2510のセカンドソース品SL-2510に交換することにしたみた。注文はメールで納期を問い合わせた後その見積がOKであればそのまま注文という形。支払いはPayPalでの支払いを受け付けてくれるので安心。水曜日ぐらいに見積依頼してよく週明け月曜に発送,と受注生産の割には手早い対応。品物も1週間程度で届いた(一番時間がかかるのは日本国内の税関)。送料は$32。例えばステレオペアだと品代が$130なので1ドル80円換算で約1.3万円,1個あたり6500円とかなりお手頃。今回は一応念のためストック用も含め4個オーダー。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
メールのやり取りの中でScottが「何に使うか興味ある」とか聞いてきたので8200Aに使うんだけどと返答。Scotte自身は自分で所有しているAPIのコンソールを修理するためにオリジナルオペアンプを作り始めたんだそうだ。

そして交換した図。念のために正常だった7chも交換。7と8でStereoで使うため特性を揃えるため。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
8200Aの2520はソケット式になっているため交換が容易だが2510は基板直付けだし,その箇所へのアクセスはほぼ8200Aを全バラししないといけないぐらいので交換はそれなりのスキルが必要。オペアンプの張り替えを何度も経験していないと難しいかも。サイズもかなりギリギリ。

音の方は,勿論ノイズは無くなり,オリジナル2510との差違も殆どなかった。写真で見るとオリジナルは7本であるのに対してSL-2510は5本なのだがオリジナル2510の両端の2本はグランドに落とすためのもののようでこれが省略されていても実質問題は無いようだ。またオリジナルのように樹脂で固めていないおかげで長持ちするはず[:あせあせ:]

!!$photo3!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« Amcron D-150A Series II | main | API 8200A was broken, season II »»
«« カテゴリ内前記事(Amcron D-150A Series II) | rec equip | カテゴリ内次記事(API 8200A was broken, season II) »»
2012/10/01
Crane Song HEDD-192
8月頃にCrane SongのA/D,D/Aコンバータ,HEDD-192を購入していました。購入理由は,去年ぐらいに同社のモニターコントローラー,Avocetを始めて使ってその音の良さ,というか自分好みだにえらく感動し,以来Crane Songが気に入りすぎて,実は今年初めには同社のマイクプリアンプも買ってしまったし,新しいADCも欲しかったところに,財布事情もよろしき頃,丁度eBayにHEDD-192の中古が出ていたのでつい購入してしまった,と云うわけです。いつもの通り試用もせず「いきなり」の購入だったのですが,今回は音に対するフィロゾフィーが一致している,は言いすぎかもしれないけど,そう言える程重なっているように思えたので,外すことはまず無いだろうと。

Crane Song HEDD-192
SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-5

このHEDD-192,通常のADC,DACとして機能しますが,最大の特徴はDSP回路を内蔵し真空管,テープコンプレッションのアナログエミュレーションが行える,と云うことです。Crane SongはPro Tools用テープエミュレーション・プラグインPhoenixを出していて,HD及びHDX専用プラグインHeatの設計に関わっており,それらのいわばオリジンがHEDD-192に内蔵されている,と云うわけです。DSPはAD,DA,DtoD,Analog to Analogのいずれかにセレクターで選んで挿入するようになっている。ADC/DAC + αと機能もするし,デジアナ両フォーマットで使えるアウトボードとしても機能させることが出来る。自分の場合,現状主にミキシング時のSumming Mixerの最終出力のAnalog to Digitalに試用しているのだが,特にTape Emulationは麻薬的によく敢えてDSPを使わないようにしています。「!?」とお思いでしょうが,横着しすぎてしまいスキルダウンしかねないと云う不安がよぎるからあせあせ ですのでDSPをONにするのは,どうしてももう一息ムッチリさせたいとか,限られた場合にのみに使ってます。勿論,真空管エミュレーションは効果を最大にすると「らしく」歪んでくれるので,エフェクティブな使い方も可。

Non-DSPの音は国内代理店のStudio System Labの記述によると「AD/DCコンバータ部はきわめて高精度かつ色づけのないよう設計されています」とあり,さぞかしつまらない音なのでは,と思ってしまいそうですが,ナチュラルさ重視,無地のキャンバスに世界を構築する際の土台となるものと考えるならかなり頼りになるADC・DACと言えます。手持ちの類似機材,LavryBlue 4496,Benchmark ADC1,Waves MaxxBCLと比較してみたのですが中高域のスムーズさは,Jensenのトランスを採用しシルキーな聴かせ方をするMaxxBCLに近い印象。女性ヴォーカルの倍音のスムーズさは心地いいです。低音域はADC1程タイトで無いかわりに鳴りが良く,4496よりは明瞭な描写をする傾向で,歯切れがよく,その分元気があって押し出しがやや強い印象を受けた。十分なのびもあるけれども低音の整理にはHEDDが向いているような気も。

このクラスのこの手の機材において,使用しているADC,DACチップを見てその傾向を推し量る,なんてことは出来ませんが,参考までに記しておきますと,ADCにはCirrus Logic CS5381-KZZ,DACには同じくCS4398-CZZが使用されていた。Lynx Auroraと同じですね。ただAuroraほど繊細,裏を返せばやや細いか,と云う傾向とはまた違う印象。HEDDは緻密で精細なことを余裕で行っている印象で,神経質そうな感じはない。

そして中身にあわせて緑色のPULSEのラックも購入。

Crane Song HEDD-192
SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-5


【追記】
HEDD-192で一つ問題があるとすればアナログ入出力レベル。マニュアルに記載されているのはIN-OUT共にデジタルで0dBの時(フルスケーリングの時)+16dBmとなっている。つまり-12dBfs(-12dBの時0VU=+4dBm)でプロ用途機器としてはやや低めになっている。アナログ入出力には左右独立した調整トリムがついていて数dBの調整は可能となっているが,DAC出力は実際計測したところ最大で約+20dBm (-16dBfs)が限界で,例えば他の機器を-18dBfs(最大+22dBm)に統一している環境にHEDDを導入する際注意が必要となる。ADC部は,減衰させればいいだけなのか,-18dBsに調整でき,最大レベル+22dBmに対応可能。日本のスタジオでは-16dBfsに揃えていることが多いのでまず問題は無さそうだけど(ちなみにAVIDの機器の初期設定は-18dBfsだったか),ヨーロッパ系の機器中心にしていて-18dBfsにしている場合は要注意。って自分のことだけどあせあせ

posted at 2012/10/01 23:22:36
lastupdate at 2012/10/02 4:08:02
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字