[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 03   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« API 8200A was broken, season II | main | Avid HD I/O 8x8x8 »»
«« カテゴリ内前記事(Paragon HFS+ for Windows 9) | rec pt | カテゴリ内次記事(Avid HD I/O 8x8x8) »»
2012/10/20
Aurora 8 was broken
[rec pt
Brokenシリーズ第3弾!って喜んでる場合ではないのですが,3週間前ぐらい,9月の終わり頃,Avid Pro Tools HDのインターフェースとして使用していたLynx Aurora 8HDが壊れてしまいました。

今回は原因がはっきりしていて,単純な本体ファームウェア・アップデートの失敗によるもの。最初,ThinkPad T60p 吹出し からIrDA(赤外線通信)でアップデートしようとしたら不調で(過去この方法で正常アップデート出来ていたため),次にDAW用PC 吹出し からMIDI経由でと思ったのだが,ターゲットを認識するけれどもちゃんと相互接続が確立されない状態でアップデートできず。そしてThinkPad W520 吹出し からMIDI接続して試してみたら,今度は接続もちゃんと確立されアップデートを開始。しかし,EPROMの再プログラミング行程あたりでエラー発生。以降,PCの再起動を試みるもアップデータがAurora 8を認識することもできなくなってしまった。そしてAurora 8本体のボタンを押してみても全くの無反応。完全にフリーズしてしまった模様。本当はやってはいけないことなのだが,どうしようもないので一度Aurora 8を入れているラックごと電源を落としてみる。そして再電源投入,Aurora 8の電源が入らず無反応になってしまった。

フューズや電源コードやいろいろ調べてみたけれども,いずれも問題なく故障確定。Lynx Auroraは電源関係が他の機器とは違っていて,通常はシーソータイプやトグル式のスイッチで電源となるACを直接ON-OFFするタイプなのだが,Lynx Auroraシリーズは電源コードをコンセントに接続した段階で,TVのような家電品で言えば主電源が入った状態になり,フロントパネルのパワースイッチでいわば起動させる方式になっている。つまり起動行程を司るファームウェアが正常でないと起動出来ない,電源が入らない,と云うことになってしまう。

自力ではファームウェア云々となるとさすがに手が出せないのでLynxのサポートに,つたない英語で状況説明し解決策を請うてみた。米国から直接購入したものなのでこれは仕方が無い。最初の返事はFAQにあるような,電源コードはちゃんと接続されているか?フューズは?内部コネクタの接続に問題はないか?等の基本的なことをチェックしてだめだったら連絡して,と。勿論,これはチェック済みだったのでその旨返答。内部DIPスイッチの変更などで復帰可能かどうかも知りたかったところなのだが(あるいはAES16などのように予備Firmwareからの起動が可能かどうか),症状からしてEEPROMの再プログラミングが必要で,そのために米国カリフォルニア州まで送って,とのこと。修理費用は$65〜$150程度,プラス送料,と。修理費用自体は意外と安価,問題は送料。ということで修理を依頼することはするのだが忙しさもあってまだ手元にある状態。

そんなに悠長にしてていいの?と思うかもしれないが,既に代替えとなるものを購入してしまったため修理を急がなくてもいいから。Lynxサポートにコンタクトをとった時点で,Aurora 8を預けての修理になるだろうことは確実,往復だけで2週間はかかるだろうから,それでは10月から取りかからなくてはならない作業に間に合わない,と代わりになるものを探し始めていた。Pro Tools HD用にSSLのXLogic DELTA-LINK MADI-HDALPHA-LINK MADI-AXも使っているのだが,MIX作業になるとAES/EBU入出力がないといかんともしがたいのでしょうが無い決断。

代わりとなるものは順当にAurora 8HDの新品も考えられるのだが,国内価格も改定されて安くなったし,過去に改造してしまうほどなので,再度手に入れるほどでもない。とりあえずDigidesign 192 I/Oの中古なら$1000ぐらいであるだろうから,今やそれほどまでに格安物件に成り下がっている,と思ったら運悪く出物がない。Apogee SymphonyだとWindows環境での使用はかなりのチャレンジだし,こうなったら純正Avid HD I/Oを多大なる散財覚悟で,評判も概ねいいようだから,といろいろ探していたら新品8x8x8(Analog 8ch IO + Digital 8ch IO)がなんとAurora 8HD新品の国内値段とほぼ同じぐらいのものをeBayで発見,即購入してしまった。あまりの安さに,半額近いし,品物が到着するまでジャンクだったらどうしようとかなり不安だったのだが(だったら国内でちゃんと買えばいい話だけど)到着してみてみたらまさに未開封新品,動作もばっちり,全く問題なく一安心,作業も無事こなしてくれた。

と言ったわけでHD I/Oに関する言及はまた次回に。

posted at 2012/10/20 20:57:51
lastupdate at 2012/11/30 20:53:26
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字