[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 03   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Avid HD I/O 8x8x8 | main | Windows 8 Upgrade Assistant »»
«« カテゴリ内前記事(Avid HD I/O 8x8x8) | rec pt | カテゴリ内次記事(international shipping) »»
2012/10/30
64-bit again
[rec pt
世の中,Windows 8リリースで盛り上がってます!?が,まさに打って付けのコンパチブルタブレットPCThinkPad X230T 吹出し を持っているMacoteauとしては,リリース当日に速攻アップグレードすべき,アップグレード料金も格安だし,と実際思っていたのですが,ココはじっとこらえて,日本向けX230TにWindows 8プリインストールモデルが出る頃にアップグレードしてみようかと弱気になっている。ところで,米国サイトではThinkPad Twistなる新機種のページが出来てますね。見た目,と言うか仕組み的にはX230TのUltrabook仕様版のような。CPUは超低電圧版Core i7が選択可能で,厚さ20mmとまさにUltrabook。ただ重量が1.58Kg(バッテリーは交換不可)とUltrabookとしてはやや重めか。デジタイズペンは付属していないようで(バックライト付キーボードも選択できなく,指紋認証オプションも無し),トラックポイント以外は各社横並び的コンパチブルタブレットPCなのかも。

と,前置き長すぎましたが,本日の本題,ここ数日,約一年前に頓挫したままになってしまっていたDAW用PC 吹出し の64bitへの移行とAvid Pro Tools 10(PTHD)へのアップグレードをちまちまやっていました。きっかけはPTHDもVersionが10.3.2までアップし相当安定してきているだろうし,AAX対応となったことでnative動作が可能なったプラグインが出てきたこともあり,例えばEventide H3000 Factory,ちょうど時間もできたことだし,ということで。

OSは1年前にセットアップしたWindows 7 Ultimateをそのまま利用。そこへ種々アップデーター適用後PTHD 10.3.2をインストール。日頃使っているプラグインもインストールして,ここ数ヶ月の中で最も重かったSessionを何個かテスト走行させてみる。いずれも問題なく,コア数関係なくSessionファイルが開けるし(過去記事),PTHD9ではアプリの使用メモリ上限の関係上かなりアップアップ状態だったSessionも,PTHD10ではさすがにサクサクとまでは行かないまでも,それなりに余裕のある状態で走らすことができたので,これは本格的に移行しても問題なかろうと判断。一応念のため,PTHD9で再生したSessionとPTHD10で再生したもの(双方ともStereo Dithered Mixerを使用)をそれぞれWavelab 7で録音し聞き比べをしてみたのだが,HD Accelのままだし,AAXに置き換えられるプラグインはほとんど使っていないし,唯一可能性があるだろうHEATも旧HDだからTDMだし,音質的な違いは関知できるほどは無いと思いきや,PTHD10のほうは少しOPENな感じになっていたのでちょっと驚き。HDX,またはHD Nativeでなくても音質的な向上がある(主観で)と積極的な理由が見つけられたのでこれは移行するしかないなと。

そうと決まったら残りのプラグイン,他のDAWソフトもインストール。DAWソフトはMAGIX Samplitude Pro XSteinberg Cubase 6.5Wavelab 7Presonus Studio One Professionalなのだが,いずれも64-bit版をインストール。Samplitudeは何にもしなくても32-bit版もインストールされるけど,ね。プラグインはほとんど64-bit対応になったものが多くて一安心。ただPTHD10以外でよく使うであろうSamplitudeは32bit,64bit版関係なくVSTプラグインを読めるので(VSTBridgeと云う機能拡張が付属する,ただしver2.4用VSTフォルダは一つだけしか指定出来ないのでちょっと工夫が必要)全く問題は無いけれども。

順調そうだった,64-bit移行で一つ困ったことが。それはSonnox Oxford EQのVST 64bit版(Native v2.0.0)の認証が出来ないことが判明。旧native Versionの1.8.3(32-bitオンリー)は問題ないのに。2.0.0インストール時Sonnox License「Oxford R3 EQ Nat G5」が必要と注意を促されるけれども,iLokのサイトでチェックしてみると該当ライセンスが無い,確か対応しているVersionを購入していたはずなのに。もしかしたら後にGML OPTIONを導入したため非対応になってしまった?といろいろ疑問がわき起こってきたので国内代理店メディア・インテーグレーションに問い合わせてみた。やりとりの中でライセンス状況をキャプチャー画像を送ったりして。するとその日のうちに返事が来て,GMLオプションのライセンス発行時に不具合があり該当ライセンスがダウンロードできなかった,ということでライセンスを再発行しました,と。早速ダウンロード。以下のようになり無事Native 64bitも使えるようになった。

64-bit again

ちなみに,登録シリアルナンバーも更新された。

これで64-bit問題なし,と言ったところで調子に乗ってちょっと懸念のあったメモリ容量,現状8GBを倍にすべくもう8GB分を海外のネットショップに発注。メモリごとき,わざわざ海外から取り寄せる必要も無いのだが,搭載メモリを可能な限りイコールコンディションにすべく(パフォーマンスを最大発揮させるため),現状使用中の今や入手困難な部類の2GB PC2-6400 CL5 Single RANK Registered ECCにそろえるためそうせざるおえなかったため致し方なかった。CL6でDual RANKだったら普通にあるのだけど。

posted at 2012/10/30 18:13:28
lastupdate at 2012/12/13 5:02:15
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字