[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 03   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/10/08 :: Tube Mic-Preamp 製作記:コンデンサ
!!$img1!!TVで「今度、シメるから」とか「殴ったろうか」と相手を名指しで言っても脅迫罪に当たらないのでしょうか?通報汁,なんて思う今日この頃,今回はコンデンサにまつわる話。

先日Multicapをようやく入手してほぼ完成に近づいたわが自作真空管マイクプリ。実はそれまでに2種類のコンデンサを試していました(使用箇所は図の回路のC7のところ)。今回はその音比較などを。偶然にもそれぞれ個性的で何ならセレクタで切り替えても面白いかもと思えるぐらい。でも,ケース内に余裕がないからそう簡単にはいかないけど[:あせあせ:]
!!$img2!!まず最初に使ったのはGARRETTAUDIOで購入したデンマーク製メタライズドポリブロピレンフィルムコンデンサJantzen Audio CrossCap 22µF/400VDC(写真左)。当初の予定の30µFに近く値段も安いことから使ってみることにした。1個千円。その音は「黒くて太い」見た目の通り!?製品紹介では「This capacitor do not make any unpleasant distortion on sound and do not "colour" the sound.」とか書いてあるけど,そんなことはない。「黒い」はまぁ置いておくとして,「太い」と云うとボキャブラ不足のコラムニストのようで赤面してしまうが,兎に角低音の主張が強くなる傾向にある。その出方は,BlackGate N/NXシリーズのような低音の深淵を鮮やかに再現すると云うものではなく,例えば四つ打ち系クラブミュージック,別にR&BでもHipHopでもいいけど,その気持ちよさを追求したらこうなってしまった,ような出方がする。高音域の方は相対的に引っ込み気味に聞こえる。マルチバンドコンプ(周波数帯域を何個かに分割しそれぞれ異なる設定値でコンプレッションをかけられるエフェクター)で高音域のコンプレッションをきつめにしたような印象に近いかもしれない。気持ちいいと云えばいいけど,オールラウンドにはチョッと不向きに思えた。ただ他のパーツとの兼ね合いではありかもしれない。

次に試したのがネットで評判がよかった東一電機のTone Factory Pシリーズ(メタライズドポリエステルフィルム)の22µF/250V(写真中央)。Pシリーズの250Vは生産中止となっているようで入手不可能かと思ったのだがザ・キット屋で2個セットで販売されているのを見つけて購入。セットで五千円。ちなみに,セットで売っているからと云って決してペアマッチングされているものではないようで9月19日のエントリで書いた左右特性が微妙に違っていたのはこのコンデンサが原因だった。音の方は,CrossCapからの置換としてはまさに狙い通りで,きらびやかと云うか華やかでスムーズな高音を聞かせてくれる。そのせいか低音はチョッと控えめ,タイトな感じ。増幅段間のカップリングコンデンサに同社のオイルぺーバーコンデンサ,Tcap-VQシリーズを使っているのだが,ややもするとまったりとしがちな(出力トランスとかの関係で)回路にあってはなかなか効果的なコンデンサのように思える。

で,最後はこの前買ったばかりのMulticap(何気に値段がほぼ倍々で増えて行ってる[:拍手:])。前出Pシリーズのきらびやかさはないもののスムーズで滑らかな高音域。派手さが押さえられている分個々の音の粒立ちがわかりやすい。低音もCrossCapほどではないが滑らかにしっかり出ていて,アコギのボディの鳴りとかもよく再現されて心地いい。女性ボーカルなどはPシリーズと比べるとコラーゲン補給をしたかのように艶がよくなった。Multicapと比べるとPシリーズは2kHz〜4kHz辺りがちょっと控えめなのでそう感じてしまうのかもしれない。ただ,Pシリーズの華やかさも捨てがたく両者いいとこ取りをしたいに気になってしまう。

冒頭,「ほぼ完成」と言ったのはそれなりに理由があって,ここまで音を詰めてきて今更ながら初段増幅回路に使っていたヴィンテージのRCA 12AX7Aが気になり始めてしまったのだ。手持ちの他の12AX7では一番いい感じなのだが,チョッと乾いた感じ,女性ボーカルを少し乾燥肌っぽくしてしまう原因がいろいろ差し替えて試したところRCAのそれだとわかり「ほぼ完成」と云わざるおえない状況となってしまった。一応もう既に候補は決まっていて,12AX7Aといえどもいろいろ種類がある,というかもう既に購入差し替え済なのだが,その話はまた後ほど。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Windows 8 Pro #2 | main | Windows 8 Pro #3 »»
«« カテゴリ内前記事(Windows 8 Pro #2) | thinkpad | カテゴリ内次記事(Windows 8 Pro #3) »»
2012/12/27
Windows 8 and USB 3.0
ちょっとしたチェック作業のついでにWindows 8にアップグレードしたThinkPad X230T 吹出し のUSB 3.0がどの程度の実力があるのか検証してみた。Windows 7の時,USB 3.0ドライバはコントローラーのベンダーから提供されていたが,Windows 8ではUSB 3.0が正式対応となり,ドライバもOSが標準装備となった。と,同時にUSB周りの見直しがなされて高速化した,らしいということで。その辺の詳細はASCII.jpの記事で。

テスト環境は本体にThinkPad X230T,内蔵USB 3.0を使用。USB 3.0対応ストレージは,ケースに去年夏ぐらいにに購入したAREA S253 TypeA,2.5インチ外付けケース。それに手持ちのSSD,SATA S510 120GBを入れてX230Tに接続。いつものCrystalDiskMark 3.0.1でのテスト結果は以下の通り。

Windows 8 and USB 3.0

なんと,マザーボード内蔵SATA 3Gpbsと同等,Writeに着目するとむしろ速い。ケースに使われているコントローラーはVIAのVL700と云うチップでSATA 3Gbpsまでの対応しているようだ。それでSequential Read/Writeが250MB/s以上と云うことは,帯域の80%以上は使えているということで,かなり優秀と言えないだろうか。ちなみに,Windows 7だとどのぐらいかというと,OS以外同じ環境でテストしていないので正確な比較は出来ないのですが,大凡の目安としてIntelのSSDを使って計測した結果と比べてみると80MB/s程度は向上している。こちらのドスパラの検証でも最低60MB/secは速くなる,と。SATA 3Gpbs,SATA IIの性能は最大限引き出せるようになった,と言えるでしょうか。

こうなるとSATA 6Gbos対応コントローラーとSSDの組み合わせでどのぐらいになるのか気になるところあせあせ USB 3.0の転送速度の理論値が5Gbps,その80%程度と見積もると400MB/sec程度は期待できる!?

冒頭,「ちょっとしたチェック作業」というのは今年の春に購入したLaCie Ruggued Triple USB 3.0がX230TにUSB 3.0で接続してボリュームがマウントされない,Computer Managementでも見えない,なんてことがあっていろいろ試していた時のついで。そのLaCie,USB 2.0ケーブルを使うとX230Tで正常に認識されマウントされる(意外にも電力不足無し)。ケーブルが原因!?と思われるかもしれないが,デスクトップにそのUSB 3.0用ケーブルで接続すると正常動作する。LaCieで使われているチップとの相性のせい!?ちなみに,このLaCieのHDD,夏ぐらいまで日本国内ではまだ未発売だったのですが10月中旬以降国内でも販売開始されたようです。

posted at 2012/12/27 2:15:24
lastupdate at 2012/12/27 2:21:52
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字