[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 03   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2012/03/23 :: SMC PENTAX-DA★60-250mmF4ED [IF]SDM
今更の話なのですが,去年の丁度今頃PENTAXの望遠ズームレンズ,DA★60-250mmF4ED [IF] SDMを購入してました。望遠ズームはTAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO Model A001を持っていたのですが写りはともかくAF動作時のモーター音が気になってしまう場面が多々あってSDM(Silent Drive Motor)内蔵のDA★60-250mmF4ED [IF]に買い換えてしまおうと思ってしまったもので。と,ペンタックスユーザーなら進むべき道(?),スターレンズの収集,この歩みをさらに進めてみようかと[:あせあせ:] 一応3本目。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
購入先は最初カメラ関係の個人輸入では知られた存在のB&Hからと思っていたのですが丁度その頃大震災の影響から日本への配送を受け付けない状態になってしまっていたので代わりにeBayで探した先で購入。値段は本体$1256,送料$150,当時のPayPal換算レートが約83円だったので約117K円だった。価格.comで見てみると当時日本では平均で14万円半ば,最安値が13万円台でリスクを冒して買う程の価格差では無かったかも,今振り返ってみると。今現在だと1年前より円安傾向だし国内最安値が13万円弱のもありそれほどアドバンテージはないようだ。

購入にあたり最もよく使うであろうライブハウス内撮影でF4はちょっと辛い!?と思っていたのだがK-5の使える高感度のおかげもあってただの杞憂に終わった。250mmというのも200人ぐらいのキャパのフロア奥からでも十分にアップが狙えるのでかなり満足。去年ライブ撮影は殆どこれを使ってました。

!!$photo2!!SMC PENTAX-DA★60-250mmF4ED [IF]SDM, Pentax K-5
太陽を盗んだOTOCOたちVol.1 @Shibuya Lushの時の(M)otocompoのリーダー,カツメン氏。PA卓脇辺りから撮ってます。

そして使わなくなってしまったTAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO Model A001は下取りに出してF AFアダプター1.7X購入の資金に。これは東京タワーのてっぺんを撮ったときとかに使ってます。250*1.7=425mm,35mm判換算で638mm。購入当時はこれでガシガシ……と思っていたけど出番結構少なめ。引き籠もりに超望遠は猫に小判,ってことか[:雫:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« SSM2143到着 | main | ZARD坂井泉水ちゃん死去 »»
«« カテゴリ内前記事(SSM2143到着) | diy hpa | カテゴリ内次記事(バランス入力回路) »»
2007/05/24
ヘッドホンアンプ製作記 #4
ヘッドホンアンプ製作記 #4いろんなことがありつつもやっと完成,というか思いつくことは全部盛り込めたのでひとまず終止符という感じ。土壇場でやっぱりピークインジケーターが必要と考え,各入力のレベルあわせに使うため2色LEDを使った簡単なインジケーターも付けてしまった。当初はただのヘッドホンアンプにするつもりでいたのだが,あれもこれもと付け加えていったら「ディスクリートのヘッドホンアンプがついているコンパクト・モニタコントローラー」って感じになってしまった,かも。

ヘッドホンアンプ製作記 #4で,材料費はコンデンサにBlackGateとかMuseシリーズとかを使いちょっと贅沢し,ケース(タカチWS44-20-33S)も少し奮発し,ボリュームも東京光音 CP601(蛇足だけど「東京音光」という会社もあってそちらはアダルト動画配信とかやっている)とかを使ってヘッドホンアンプ部分だけで2万6千円程度かかった。電源部は昔作ったけど今は使うこともしなくなったエフェクターから移植したのでその分も含めるとさらにプラス一万円,ってところだろうか。そして他の部分,三系統のバランス入力回路,リレーを使ったセレクタ回路,モニタアウト用のボリュームとかバランス出力回路,そしてピークインジケーターが約2.1万円で総合計5万円弱。電源部も上乗せすると6万円,結構かかっているほえーネコ これでも割とコストには留意した方で,これを例えば全抵抗をDaleにするとかボリュームも1個5千円ぐらいのものにするとかしたらさらに云万円コストアップするわけで,今のところここら辺が限界,というか妥当なところかと。

ヘッドホンアンプ製作記 #4コストパフォーマンスのほうはというと,ヘッドホンアンプ部は材料代の倍ぐらいの製品を音質的に凌駕してほしいんだけどその手の製品を比較試聴とかしっかりやったことないので正直なところよく分からない(Cue Boxの音なら脳内メモリにデータがあるのに)わからん ここは一つその手の集まりに飛び込むべきかダンス 気分的にはLehmann audioのやつに勝るとも劣らないぐらいになっていて欲しいのだが無理な話かゴメンお願い

細かいところ等は,ヘッドホンアンプ部に関しては基板元の『お気軽オーディオキット資料館』さんにて詳細はPDFで公開されているので,他の拡張している部分,入力回路とかは回路図などを交えつつ今後小出しにしたいと思っています。回路をなるべくシンプルにしたせいか,当初はミキシングアンプも付けて各入力をミックスできるようにとも思ったのだがそれだとOpAmpを2回余計に通過させなければならず音をなるべく劣化させないコンセプトにそぐわないのであきらめた,民生機の信号レベルを,-10dBVをプロ機器用レベル,+4dBmにするゲインアンプとしても十分使えるものになってしまったので(?)それだけでも使い出があると思われる。TASCAMのLAナントカよりかなりまともな音になっている,と思うチョキ スタジオに結構導入されているそのLAナントカ,結構音が変わる,というか劣化するどくろ

posted at 2007/05/24 22:42:30
lastupdate at 2008/03/05 17:34:31
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字