[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 10   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/10/15 :: 1176AE mod#1
約1ヶ月半前に書いたエントリ,Universal Audio 1176AEの話の続き,最後の方で触れていた高域の出方を改善,というか自分好みに変えるための改造の話です。世界で500台の限定生産,そのうち日本国内代理店をかんでいるのが80台(自分のは中古を直輸入ですが),そんなレア機材のマニアックな改造の話なんか世界で果たして何人が興味を持つのだろうか,という話ですが。ただその超マニアックさがこのブログの真骨頂でもあるわけで[:あせあせ:]

前回触れたように電解コンデンサを交換するのが最も手軽にしかも効果的に改造できるのではと。しかし,闇雲に交換するわけにも行かないのでまずは回路図の入手。1176AEはオリジナルUREIの1176LNのRev.AとRev.Eのいいとこ取りの完全再現と銘打たれているのでもしかしたら過去の回路図がそのまま,と行かないまでもある程度使えるのではないかと考えネットで探してみた。1176LNもそうだけどいわゆるヴィンテージと言われる機材の回路図はネットを探すと結構拾い集めることが出来る。こと1176LNはDIYで再現しようと強者がトライしてるぐらいで割と情報は豊富な方。探してみて一番便利そうなのがJBL Professional Serviceと言うサイトで配布している1176LN Manual。末尾の方には各リビジョン毎の回路図が含まれていて(当時のものを雑にスキャンしている風で見づらいけど),あといろんなメモ書きも,1176世界を巡るには打って付けの地図,じゃなくてPDF。

1176AEをそのPDFと照らし合わせてみるとやはりRev.Eと共通する部分が多く,パーツ番号などもかなり一致している,これを手がかりに改造を進められそう。と云うことで改造の狙いは当初の目論見通り電源平滑用の大きな電解コンデンサ4本。と,メインの音声信号が関わる部分のカップリングコンデンサ,ディカップリングコンデンサを交換することに決定。

平滑用はこのリンク先の写真で見るとSPRAGUE 53Dが使われているようなのだけれども自分の1176AEは正電源側の1段目がMalloryのTCG,他がNichicon VXが使われていてちょっと,じゃなくて結構違う[:あせあせ:] ここら辺は交換のし甲斐があるかも知れない。

!!$photo1!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
カップリングコンデンサはPhilipsの,印字を見ると021 KOと書かれている,電解コンデンサが使われていてこれを他に,或いはフィルムコンデンサにしてみるとどうなるか(1µFなのであると言えばある)。音声信号がもろに通ので影響は大きいはず。

!!$photo2!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
そしてその周辺のディカップリングコンデンサ(C4, C5)。ここにもNichiconのVXが使われている。これもそこそこ影響がありそう。

!!$photo3!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
と云うことで今回は改造ポイントの確認,序章でした。次回色々交換していきます。もう既に「これは」というセッティングが決まって使っていて,なかなか重心低めのダウンフォースを稼げる(?)いい感じになっている,と思ってます[:あせあせ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 入力セレクタとバランス出力回路,電源回路もね | main | NASが変!? »»
«« カテゴリ内前記事(直刺しACを機器2台で) | pc | カテゴリ内次記事(NASが変!?) »»
2007/06/02
foobar2000を使ってみる
[pc
ヘッドホンアンプを作っている時,リファレンスとなる音はもっぱらその手軽さからノートPCでAudio I/FにEcho Indigo DJTraktor DJ Studio 3の組み合わせでMP3を再生したものを使っていた。要所要所ではさすがにPro Tools 24|MIXでSession Fileを再生したりして音質のチェック等を行ったが,無駄に起動しっぱなしにしておくには五月蠅いし,電気代が勿体ないし,ということでMP3ですませていた。

しかしTraktor DJも決して軽いソフトとは言えずCPUの空冷ファンが頻繁に回るし,それを起動しつつ製作に必要なソフト,回路図や基板レイアウトの編集表示にIllustrator,メモや計算にExcel,調べ物にFirefox,Data Sheetを見るのにArcobat Reader等々,さすがにPentium M 1.7GHzではアップアップ。で「やはりTraktor DJは豪勢過ぎだろ」と使い勝手の良さから以前からインストールしていたMediaMonkeyを使ってみたら音質の落差に愕然。ちょっと許容範囲を超えている違いだったので再びTraktor DJに戻った,なんてことをHPA製作時にやっていたダッシュ

諸々一段落したところで,って遅いんだけど,ちょっとMediaMonkeyの高音質化にトライしてみた。MediaMonkeyは完全では無いけれどもWinAmpのプラグインとの互換性があり高音質化のためのカスタマイズがある程度可能となっている。まずはOutputが純正のDirecSoundがネックかと思い『おたちゃんのMIDI/Audioソフト』で配布されている「out_asio(dll).dll」,それからMediaMonkeyのWebで配布されている「in_mpg123.dll (2.07)」(『WINAMP5用 Shibatch mpg123プラグイン 改悪バージョン』からDLできるものでは正常に動作しなかった)を入れてみた。確かに高域の妙なピーク感が無くなり綺麗に伸びるようになり,低音楽器の引っ込む感じがなくなり良好な結果となったのだが,それでもTraktor DJの押しの強いゴリゴリした音に比べると今ひとつ物足りない。

そこでいっそのこと新たなプレーヤーを試してみようと,ASIO対応必須で出来ればAACも再生出来るものを探してみた。そこで見つけたのが高音質との評判の,ASIO対応も容易なfoobar2000だった。

foobar2000を使ってみる

早速インストールしOfficial ComponentsのASIO supportを入れただけの状態で音をチェックしてみたらこれが結構よろしい。高音質化したMediaMonkeyをさらに一段上を行っている印象。ギャップレス再生もすごく綺麗(Mix CDばかり聴いているからこれは重要)。「よし,これに乗り換えよう」と思ったはいいがすっぴんのfoobar2000は見た目があまりにもしょぼすぎる。ってことで半日がかりでいろんなサイトを参考に,というかいろんなところからコードを必要なところだけコピーしたりして約半日がかりで出来たのが画像のものうっしっし Hydrogenaudio forumにあったHome stereo display 1.8.1と同じforumのConfiguration Distribution Threadのこれと,そして『CLARE ZONE』さんの「Single Column PlaylistでAlbum Artをリサイズして表示。」というエントリにあるソースをほぼ丸コピ八分音符 で何とか完成,というか疲れたキャラしょんぼり 全面的に使いまくったMeiryoKe_UIGothicがなかなかいいよろしい。

posted at 2007/06/03 15:33:29
lastupdate at 2007/06/03 15:34:04
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
いい音ソフトを探してたどり着きました。何度かfoobarを試みたのですが見てくれの素っ気なさに色気が出ません。しかし上記の画像にはびっくりです。どのようにしたら同じような物が作れるのでしょうか。記事の下5行からはド素人の自分にはちんぷんかんぷんで理解不能です。
できましたら初心者対象に記事を書いてほしいのですが。厚かましいお願いで申し訳ありません。
by cookie
at 2007/08/11 10:59:35
時間があれば改めて解説は出来ると思うんだけど,やり方すっかり忘れてしまったので記憶を再構築するまでしばらくお待ちください困り

でも,一番簡単というかそれなりの見栄えにする近道は本文中のConfiguration Distrubution Threadにあるもので気に入ったものをダウンロードして,必要となるComponentsをインストールして,設定ファイルを置き換えるだけですむものが多いので(中にはイメージファイルを指定の場所に置かなければならない場合もありますが),ある程度腰を据えて取り組めばまずはそれなりなところまで到達できる気がします。また

» link here «

を参考にすると理解しやすいと思います。
at 2007/08/12 0:13:12
このコメントは認証後に表示されます
by smrrysswzw
at 2020/09/04 1:43:45
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字