[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 01   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2013/02/26 :: add bit rate column
今回は「知ってて当然と思うけど,一応念のために書いてみる」と言うようなことを。

WindowsのExplorerの詳細表示において表示項目に「Bit rate」(ビット レート)を追加すると,WAVのサンプリングレート,分解能が一目で分かるようになる。ただし単位がkbpsなので44.1KHz 16bitステレオtだったら約1411kbps(=44.1*16*2),とかを覚える必要はあるけれども。実際の表示以下の通り。何れもステレオファイルなのでモノの場合はその半分の値になる。

!!$photo1!!

項目の追加は,項目列を右クリックし現れたポップアップメニューから「Bit rate」を選ぶだけ。その項目が見当たらなかったら「More...」(その他...)を選択し,現れたリストから必要項目にチェックを入れる。項目は他にも死ぬほどあるのでいろいろ試してみるのも面白いかも!?

MP3もしっかり表示される。けれども,可変ビットレートはアベレージ表示なのか近似値的な数字が表示される。

!!$photo2!!

フォルダオプションでこのスタイルを例えばMusicフォルダに登録指定しまえばAudioファイルのあるフォルダは(OSが音楽ファイルのフォルダと判断すれば)自動的にBit rateが表示される。音楽制作専用PCだったらDocumentsでもBit rate表示を追加していてもいいかもしれない,自分はそうしてる。理由は職業柄Audio Filesのやり取りが多いのでそのAudioのFormatが一目で分かると都合がいいから。

と,合わせてdBpoweramp Music Converterというユーティリティも入れてる。その名の通りAudio Fileのコンバーターではあるのだが,主にタグの編集とExplorerでの拡張機能を使いたいがために入れている。Audio Fileにマウスオーバーさせるとファイルの詳細がポップアップする。

!!$photo3!!

またプロパティ表示も拡張されてAudioのタグ情報(編集可,WAVにタグを埋め込むことも可能)も含めた詳細が表示されるようになる。シングルライセンス$38だけど,日々Audio Fileを扱うような人には十分元がとれるユーティリティではないかと思う。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 結婚!? | main | Purple Rain »»
«« カテゴリ内前記事(NASが変!?) | pc | カテゴリ内次記事(NAS帰還) »»
2007/06/07
Deckadanceを試してみた
[pc
DTMnでも紹介されていたFL Studioで有名なImage Line SoftwareからリリースされているDJソフト,DeckadanceのDemo版を試してみた。AUTOMIX機能(プレイリストをクロスフェードをかけつつ自動的につないでいくらしい)が面白そうだったし。

Deckadanceを試してみた早速ノートPCにインストールしてみたのだが,どうも動作がおかしい。MP3があるディレクトリを指定するのに「BROWSER PATH FAVORITES」というところをクリックしてディレクトリを選択してやるのだがマイコンピュータ内を表示するまでにやたら時間がかかる。なんとか目的のディレクトリに行き着いてOKをクリックすると「Searching Files, please wait...」という表示が出たっきり延々と探している様子。何度かDecckadanceそのものをインストールし直してみたりしてみたのだが同じ状態。試しにそのままほっといたら5〜6時間ぐらい経っても探している状態のままで使い物にならなかった。トータルで2000曲弱入っているだけのフォルダなんだけど。Anti-VirusソフトとかGoogleデスクトップと当たっているのかものと思い外してみたけど症状変わらず。基本的にうちのノートPCでは駄目みたいブーイング Minimun System Requrementsは余裕でクリアしていると思うんだけど。

そんなダメダメ状態だけど一応音質がよければ問題解決してみようと思い,なんとかリファレンスとなる曲を再生してみてチェックしたのだが,こちらもなんか期待外れ。ボリュームを最大にしているにも関わらず他のソフトと比べるとなんか音圧が足りない印象。Foobar2000よりも劣る印象を受けた。勿論同じAudio I/Fを使って全てASIO経由。よく聴き比べてみると例えばKickの音とか一枚膜が掛かったように不鮮明な感じ。粒立ちが今ひとつよろしくない(すごく微細な差ではありますが)。MP3のデコードが今ひとつよろしくないのだろうか。CPU付加軽減のため音質は妥協気味なのかもという印象。他のDJソフトより軽快動作なんてどこかに書いてあったけどその分音質が今ひとつなのか?巷で軽快多機能 24bitリニアでも音質はMP3並みと揶揄されたDAWソフトのことをふと思い出しましたあかんべー

posted at 2007/06/07 2:38:06
lastupdate at 2007/06/07 2:38:06
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字