[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 07   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/08/26 :: Magma ExpressBox1 #1
Lynx AES16eをThinkPad T60p [:吹出し:] で使うためにMagma ExpressBox1 (model EB1H)と言うハーフ・レングス(167.7mm)のPCI Expressボードを一枚挿せるExpressCard接続の拡張ボックスを購入しました。またまた直輸入[:あせあせ:] 送料あわせて約7.6万円ぐらい(国内代理店ものだと12〜13万程度)。AES16eと同時期に注文したのだが到着まで約1ヶ月かかってしまった。eBayだったので割とすぐ手に出来ると思っていたのだがどうも注文後の取り寄せっぽい(ちなみに新品)。Magmaから直接Online Shopで購入も可能なのだが送料がやたら高くて,約$200だったか,eBayの出品物から調達した。その送料は$45だった。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
7.6万円だとAES16eのためだけにスリムPCなりを買った方が安上がりなのでは,と言われればその通り。Micro ATXのマザーボードを使ったもので作った方が安く付いたはず。でも大袈裟過ぎだし,ExpressBoxだとラックの空きスペースにマウントできるから(そのためのパネルも標準で付属する)持ち運び点数を減らすにはこれがベスト,と納得するしかない[:あせあせ:] また,ネットで調べてみるとExpressBos1と同様な拡張ボックスで聞いたことのないDECAと言うメーカーのMG-P19014Nというものがあるようなのだが,実売価格24,800円(AKIBA PC hotline!記事),さすがに仕事に使うものでそこまで冒険できないので音楽関係では定評のある,というかDigidesignにOEM供給していることでも知られるMAGMAにしてみた。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
それでもってLynx AES16eをインストールした図。丁度ピッタリ。ちなみにビデオカードのSapphire HD 4550をさしてみようと試してみたのだが数ミリカードが長くて入らなかった。

ThinkPad T60pとの接続に関してはまた次回にでも,なんですがノイズに関して触れておきます。ビデオカードなど発熱の多いものも想定しているせいかクーリングファンの音はそこそこ五月蠅いかも知れない。一昔,或いは二昔前の空冷がしっかりしている3.5インチ外付けHDD並か!?電源用に一つ,カード冷却に2つの合計三つの3cmファンが稼働しているのでそれなり。ただカード用二つは付属の温度センサーが付いているジャンパーに付け替えることで回転数を抑えられる,AES16eだと最初はファンが停止するまで落ちるので割と静かになる。後は純正で付属するExpressCardとExpressBoxを結ぶケーブルが1mなのを長いものに置き換えてなるべくPCから離すとか。ここら辺の話もまた次回。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Intel centrino Advanced-N 6205 | main | Noveltech Character 1.4 »»
«« カテゴリ内前記事(Soft Case for microKEY-37!?) | rec equip | カテゴリ内次記事(Ultrasone Edition8 repair) »»
2013/06/29
Isochrone OCX, Second
先月ぐらいに,Recordingに持ち歩いているセットにAntelopeのIsochrone OCX,定評のあるクロックジェネレータを加えてみたました。

Isochrone OCX, Second
01 STANDARD PRIME, Pentax Q

これまでRecordingの時,ClockはLavryBlue 4496の内蔵クロックでADCし,Pro Tools SystemもそのクロックにSlaveさせる方法をとっていたのですが,ある日我がMixシステムに組み込まれてるOCXのクロックを使った場合と内蔵をあらためて比較してみたら,まぁ当然のことではあるのですが,OCXをクロック・マスターにした方が輪郭が明確になり,芯がある録り音になることを確認してしまったので,新たに1台(Mixシステムに組み込んでいるので外すだけで30分以上かかることもあり),と言っても新品で買うつもりはなかったので手頃な中古があれば,と思っていたらまんまと発見してしまい購入してしまいました。手頃と言っても100K円弱でお得感はそんなにないですけれども。最初例によってeBayで探して見たけれど見付けられず国内某オークションで購入。

写真で見るとおりクロック倍率セレクターのツマミが純正のものとは違うけれども機能的には問題なかったので敢えて不問!?Crane Songとおそろいの緑のノブがあれば良いのだがこの微妙な緑具合のもの,現在のところなかなか見付けられずあせあせ

一番下のCrane Songのトランスフォーマレス・CLASS A ディスクリート・マイクプリアンプ,Flamingo日本国内代理店)は発熱が相当で,パンチングされた天板の穴を塞ぐなかれとマニュアルに書いてあるぐらい,本来スペースを明けなければならないのだがOCXの奥行きがFlamingoの約半分,放熱に関して致命的な影響を与えるほどでもないだろうと,また4Uラックを新規購入するわけにもいかずLavryBlueとの間にOCXを入れてしまっている。

設定クロックはルビジウム・クロックを注入していないので定番的使い方192K÷4の48KHzで使用。

posted at 2013/06/29 16:44:41
lastupdate at 2013/06/29 16:44:41
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字