[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/05/06 :: 東京国際ユース(U-14)サッカー大会 決勝
寝過ごしてしまって着いたら丁度後半。

てっきり一方的な展開かと思っていたのだがスコアは3-2でサンパウロFCリードながら僅差。ヴェルディはスピードのある攻撃で後半序盤はサンパウロFCを圧倒,風に見えた。サンパウロDFもたまらずイエローカードをもらうようなチャージ。最後10分ぐらいだろうか,サンパウロFCの監督がピッチ際で大声で檄を飛ばし始めてからサンパウロFCが積極的な攻撃をするようになり結局前半のスコアのまま試合終了。サンパウロFCの優勝。

!!$photo1!!TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO + Kenko TELEPLUS MC7 DG
!!$photo2!!TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO + Kenko TELEPLUS MC7 DG
!!$photo3!!TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO + Kenko TELEPLUS MC7 DG
果たしてこの中から世界に名をとどろかす選手が出てくるのか楽しみです。

蛇足ですが,SP AF70-200mmにKenkoのTELEPLUS MC7 DGをつけて140mm-400mm F5.6相当で撮ったのだが(昨日はMC4を使って105mm-300mm F4相当)絞り開放でシャッター速度が1/200(ISO400)でちょっとサッカーを撮るには遅めだった。雨天だからしょうがないけど。駒沢競技場規模で観客最前列辺りから400mmだとプレイヤーを画面一杯に撮すことが出来るのだが,そうなるとファインダーを見てるだけでは展開が全然分からなくて撮りたいものが全然撮れない状態に[:あせあせ:] 結構修練が必要そう。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 新しいBlogPet | main | THE IDOLM@STER Master Artist »»
«« カテゴリ内前記事(MOTIVATION FIVE compiled by DJ TOWA TEI) | musique | カテゴリ内次記事(5050) »»
2007/07/19
Sony Design X Master Craft Lombardia
Sony Design X Master Craft Lombardiaまずは写真をご覧ください。これなんだか分かりますか?実はスピーカーなんです。今日19日から一般公開されているSony Design X Master Craft Lombardiaで展示されているものです(AV Watch記事)。

実はこの展示の音源の方でちょっとお手伝いをさせてもらっていて,公開前に音の方を堪能させてもらってました。一見アールヌーボー風のオブジェですが実はスピーカーという不思議なインテリア。他に窓枠風とか棚風とか「どっから音が出ているの?」というものばかりで新鮮な驚きを感じられるでしょう。音の方は単に出せるようにしました,レベルじゃなく結構聴き惚れるぐらいの音をさせてます。ガラスの筒を使ったものは中音域の表現力がすばらしく,ガットギターの演奏などはギターボディーに使われている木材の響き具合を感じられるような味わいです。また無指向性スピーカーなのでどこからでも同じように聞こえるのがある意味驚きです。

わたし的には入り口近くに置いてある大理石とガラスで構成されている凜(RIN)が,これはアンプ内蔵のアクティブスピーカーあのですが単体でも低域が豊かで買えれば買いたいと思ったぐらいです。開発担当の人に買うとしたら値段はどのぐらいになるでしょうか,ときいたら材料費だけで数百万円だとか爆弾 レセプションには建築デザイナー関係の方も多かったのでデザインのワンピースとして如何でしょう,ってのが狙いなのでしょうか。

27日まで銀座ソニービルで展示されていますので興味があれば足を運んでください。

posted at 2007/07/19 16:54:17
lastupdate at 2007/07/19 16:54:17
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
オーディオというより、B&Oのような、芸術っぽい感じがしますね。
蝋燭っぽい感じが凄くスタイリッシュです。

今週末まで開催されているなら一度見てみたいなぁ。
この経験を僕のアンプ作りに生かせれば良いなと(笑)
インスパイアは大事ですし。
…でもさすがにこれはちょっと無理ですね^^;
by AIR.
at 2007/07/25 21:23:29
キット興味をもらえると思ってました。

筒を使う方法って昔からありましたが,こういう鳴らし方もあるのかとある意味勉強になります。

もしかしたらヘッドホンに大理石を仕込んでみるのもありなのかも??
at 2007/07/27 5:19:23
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字