[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 08   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/03/21 :: GPC-T
ようやくvoltampereのGPC-T,ステップアップトランス付電源コンディショナーと言えばいいような,機材を買いました。

!!$photo1!!SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
Sound House辺りで購入しようかと思っていたのだが,時間がかかりそうなのでネットで調べてみたらPower Recでも,というかSound Houseより値段が安く,在庫ありと言うことなので買いに行った。最近販売価格を下げたそうな。限定プレゼントとしてテスターがもらえたのだが,テスター既に持ってるし断ってしまった。

バイクに乗っけて持ち帰りをして,重量15kgなんで歩きでは持ち帰れなさそう,早速セットアップ。まずはヘッドホンアンプだけを普通のコンセント直とGPC-T経由とで比較。Power Recの展示のところにサンレコの記事も併せて展示されていたのだが,そこに書いてある通りの効果が確認できた。一枚膜がとれたような,高域の伸びがすっきり滑らかになった。次にPro ToolsのSessionファイルで比較。GPC-Tに全機材を接続した状態で2mixファイルを作り過去のファイルと聴き比べ。やはりヘッドホンアンプで試した通りの傾向の違いが出た。

もう一つ,某スタジオで信濃電気 GPC-1500を使ってmixしたものと比較してみた。前出のサンレコの記事ではGPC-1500では確か「良くも悪しくも厚い音」ってあったのだが。実際聴いてみると確かにGPC-1500のほうが全体に厚みがありGPC-Tのほうはすっきりしている。100Hz〜500Hz辺りぐらいだろうか,GPC-Tのほうがすっきり整理されて聞こえるので(GPC-1500のほうは悪く言うとモワーッとした傾向),分離がいいようにも聞こえる。例えばGPC-1500だと両サイドに振ったDistortion GuitarとAcoustic Guitarがややもすると「渾然一体」な感じになってしまい個々の粒立ちが今ひとつなのだが,GPC-Tだとポジショニングが明確に分かるのでクロスもあげやすい!?とか。なので,GPC-1500環境で作ったものをGPC-Tにするとちょっと「アレレ!?」って感じになってしまうかもしれない。

そんなこんなでここ数日GPC-Tを導入した環境で作業をしたのだが,意外に以前の環境との感覚のズレの修正がちょっと大変だった,かも。ちょっと綺麗になりすぎる,感じかな。慣れれば余計なことをしなくて済むので楽なのだがまだその差違を体が覚え切れていない感じ。まぁそれだけ効果覿面な機材といえるけれども。

説明書に書いてなかったのだが,フロントパネルのコンセント左にあるトリマー,弄ってみたらLED式の電流計の調光をするためのトリマーだった。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« じっちゃんの名にかけて | main | 自分さらしの旅 »»
«« カテゴリ内前記事(Sphere League プレシーズンマッチ) | calcio | カテゴリ内次記事(4カ国トーナメント2007中国) »»
2007/07/28
アジア杯総括
[calcio
なんてライブ映像を予選も含めて合計30分も見てないんだから当然出来るわけもなく,かと言って録画もしていない有様で,準決勝の結果もいろんなブログを見て大方生暖かい反応で何となく分かった気がしてよしとしているぐらい。でもちょっと戯れ言を吐いてみる。

こういう国際大会で結果が芳しくないとお約束の監督解任等が取りざたされるけれども,2002年に至る数年間以上の成果を求めるならば4年スパンあるいはその半分の2年で監督を変える程度の変化ではもう無理なのではないかと思う。8年スパンあるいは12年スパンの長い視野で変えてかないと下降線を辿るだけのような気がしてならない。

代表メンバーを固定して夏場のドイツで十分戦えるよう各々準備してきてねといっても途中でバテてて使い物にならないやつばっか集まってくるし,パス重視で美しいサッカーをしましょうと言われたらそれ以外出来ない,それがダメだったらの引き出しが無いのか?とか以前よりレベルが下がったとは言わないけど世界レベルからすると「ぬるい」気がしてしまう。このぬるさが代表に呼ばれる選手固有のものなのか,日本サッカー全体に広がっているものなのか,後者であれば長期的に変えてく必要があるのではと思ってしまう。

そのぬるさの一つの現れかもしれないが,相変わらずの,というかメンバーが刷新されて尚更思うのだが「どこの飢餓地域から来た選手?」と思えるような選手が青いユニ着て走り回っているのが情けなく思えてしまう。中村剛に至ってはベトナムのストリートチルドレンを拾ってきたのかよ,と思わせるぐらい華奢,というと言いすぎだろうか。成長期のU18ぐらいの選手ならいざ知らず二十歳超えてるんだから肉体改造をして見るからに筋肉武装している風にしてもいいじゃない,というか国際舞台で通用する選手になるつもりならそのぐらいすべきだと思うのだが。2年もあれば十分なので,彼に限らずA代表で,ヨーロッパでとか心づもりのある選手はメッシぐらいの肉体目指して変身してほしい。自分さらしの旅(コピーマークさよなら絶望先生)に出た先で某横綱とサッカーをして戯れてる中出しもイタリアに渡って短期間で屈強な肉体を手に入れたのだから「日本人だからそれは出来ない」というのは当てはまらないと思う。

posted at 2007/07/28 13:00:59
lastupdate at 2007/07/28 13:00:59
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字