[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/07/01 :: 新名刺
これまで使ってきた名刺が底をつきそうなので新しい名刺を作ってみました。前のやつはオンラインで作った,テンプレートを選んで入れたい文字を入力するような,フルカラーながら格安(その分印刷が荒い)だったのだが,今度は渋く,おる意味年相応にシンプル。で,今時珍しく活版印刷で。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
春ぐらいから名刺を作ろうと思ってネットで調べたらグッドデザインカフェ店長ブログさんのエントリーなんかを見てたらなんか活版印刷がよく思えてきて,先週そのエントリーで紹介されている銀座にある中村活字に行ってきた。

一応印刷する文字をプリントアウトしたものを持っていって,名刺のサンプルをみせてもらって文字の大きさや字体,そして紙を指定。サンプルの中には活版印刷の利点を利用したエンボスを生かしたデザインも合ったんだけど,準備不足というかその場でいいアイデアが浮かばなかったので文字だけでということにしてしまった。DJさんの名刺でスペアナをデザイン化したものもあった。

で,週明け約一週間で出来たものを受け取ってきた。100枚で8400円。もっと活版印刷が生きるような紙にした方が良かったかもと思いつつ暫くはこれを使い切ろうと。手にした感じは普通のものとはちょっと違う感じで,少し厚めのものにした,少しはアピール度が上がるか,な!?

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« colors of life展 vol.2 2週目 | main | Before the Dawn »»
«« カテゴリ内前記事(Badar Ali Khan & Group) | musique | カテゴリ内次記事(Before the Dawn) »»
2014/09/26
Kate Bush tour
Kate Bushのコンサートに行ってきました。

と,書いてしまうとあたかも渋谷辺りに行ってきた印象になってしまいますが,そのコンサートのために6泊8日行程でロンドンに行って観てきました。

ご存じの方も多いとは思いますが,今年3月21日なんの前触れも無くKate Bushのコンサートが三十数年ぶりに行われることが彼女の公式サイトで発表された。ワールドツアー等では無くロンドンはHammersmithにあるEventim Apollo(かつてHammersmith Odeonと呼ばれていたホール,英語版Wikipedia)だけでの,ただし8月から10月にかけての22回公演,と。一般発売は同月28日現地時間09:30(日本時間18:30)から。

世界中のKate Bushファンがオンライン上でチケット争奪戦をするだろうからチケット入手する可能性はかなり低いだろう,とは思いつつも万に一つの可能性にかけつつ,事前に2〜3社の在英チケット販売会社に登録し,タブやウィンドウを数枚開いといて待機。時間と同時にチケット購入がAvailableになった瞬間DOS攻撃,じゃなくひたすらクリック。流石にサーバーの反応が激遅になったものの何個かチケット購入手続きに入れるものがあり,英文を読み下している間にSold Outになる可能性を懸念しどんどん手続きを進めて注文完了。なんと2日分(それぞれ2枚)確保。英語版Wikipedia『Before the Dawn (Kate Bush tour)』の記述によると15分で売り切れたようだ。その中で4枚確保できたのだから奇跡的,と言えるかもしれない。Eventim Apolloのシート席は約3,600,これが22日分,計算してみると約2万分の一のチケットを入手出来たことになる。グレードはオプション無し(ホスピタリティー付とかもあった)では一番高価な一枚£135のもの(発券手数料,送料込み,購入時の換算レートでは一枚約25K万円)をだった。蛇足だけれども,同じタイミングで同額の請求がしかも海外の日本で走られていない会社から2回されたとこのこでクレジット会社の人が心配して電話をかけてくれたあせあせ



1枚約25,000円,オペラやバレエならあり得るかもしれないがロックやポップスではまずそうそうお目にかかれない高額チケット,しかも渡航費用を合わせれば一枚当たり十数万円にもなるかもしれないチケットをためらいも無く購入してしまった理由。

彼女は一度だけデビュー当時,東京音楽祭に出演するため日本に来たことがあり,その際彼女にとって唯一のと思われるTVCM(SEIKO時計)にも出演している。そのCMを,中学校から帰ってきたばかりの午後(たぶん土曜日)にたまたまそのCMを観てしまい,翌日曜日,町に1軒だけレコード屋におもむき,アーティスト名などその時全く分からなかったので時計のCMで,衣装はこんなで,等と一生懸命説明して「じゃぁこれだね」と探して貰ったのがシングル『Them Heavy People』(邦題:ローリング・ザ・ボール,英語版Wikipedia)だった。有り体に言えば一目惚れでかつ初恋,といったようなものだったのだろうか。

以来,彼女に魅了され,彼女の唄に文字通り救われ,勇気づけられ,気がつけば音楽に関わる仕事に携わり,と,その土曜日午後の数十秒の偶然なる遭遇が無ければまさに今の自分は無かった。もしかしたらこの世にもう存在していなかったかもしれない,そんなわが人生に多大なる影響を与えた人物,必要欠くべからざる存在に,もしかしたら生で会えるチャンスはもう無いかも知れない,となったら……

と,少しばかり赤面ものの告白で力尽きたので(?),実際のライブに関してはまた次回あせあせ

と言いつつも開場時のEventim Apollonoの様子。



そして,購入してきたパンフレットや会場限定販売のFish People Hoodie。写真集はBefore the Dawn公演時期に合わせてPiccadilly ArcadeにあるSnap Galleriesで開催されている写真展『Kate Bush: photograhs by Gered Monkowitz and Guido Harai』で購入した写真集2冊(各£40)。小さいパネルでも額装されているもので£200したのでここは我慢。



Snap Galleries外観。



posted at 2014/09/26 20:33:10
lastupdate at 2014/10/02 6:20:34
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字