[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2012/04/15 :: ThinkPad W520 tuning
引き続きThinkPad W520に関する話で,今回はシステムの挙動に関わるユーティリティ導入に関して。と言ってもユーティリティに関しては二つぐらい入れた程度で基本OS純正,Lenovo関連のみ。その昔XPの頃はいろいろ入れていたのだがWindows 7になってからは極端に使わなくなってしまった。OSの提供するものだけで事足りてしまっている,ってことでしょうか。その代わりレジストリはそれなりにいじってはいますが[:あせあせ:]

ユーティリティの話の前に一つそのレジストリをちょっといじった話。

セットアップの初期段階,いろいろアップデータを当てているさなかいつの間にかログオン画面の背景がThinkPadの黒基調のものからWindows 7の青いものに変わっていた。別に何ら不都合はなかったもの後学のために(?)レジストリをいじって修復。バックグランド用画像は所定の位置(C:\Windows\System32\oobe\info\backgrounds)にそのままあったのでレジストリHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Authentication\LogonUI\BackgroundのOEMBackgroundの値を1に変更。いつの間にか0になっていたようだ。(ASCIIの参考記事)。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
まず導入したユーティリティは無駄に多いメモリを有効利用するべDataramのRAMDisk。この手のユーティリティはいろいろ選択肢はあるようなのだがRitoroNet@Blogさんの非常に丁寧に詳しく解説されている『SSD換装後の最適化設定(windows7 64bit)』を全面的に参考にしてDataramのものを使うことにしてみた。とりあえず2GB設定にしてTEMPフォルダとブラウザのキャッシュように利用。Save Disk Image on ShoutdownやAutoSaveの設定はオフにして再起動時にクリアされるようにしている。RAMディスクとして読み込まれるImageファイルはローカルディスク上に保存するのだが初期設定ではNTFSの圧縮機能が有効になっているので2GB容量でも中身がディレクトリのみぐらいだと実際には1MB程度のサイズになるのでSSDに優しい。

!!$photo2!!

CyrstalDiskMarkでテストしてみると単位が分けわからないぐらいの速さなのだが体感できるかどうかは微妙。ただFirefoxのキャッシュをRAMDiskにしてからYouTubeで1080pなHD動画を見ても引っかかりが皆無になった。速さより他の要因だとは思うが。

SSD話のついでで,MicronからmSATA版C400 SSDが出るそうだ。PC Watch記事によるとコンシューマ向けはQ2出荷。夏前には,と言うところだろうか。パフォーマンスはAnadtech.comのレビュー記事を見ると6Gbps対応でSeq Readが500MB/s以上,Seq Writeが260MB/s(120GB)で今使っているOCZ NOC-MSATA-120Gより(過去エントリ)は高性能のようで興味津々。

話を戻して,もう一つ導入したユーティリティはThinkPadのクーリングファンの回転数をユーザー側でコントロールできるようにするT60pでも使っていたTPFanControl。ThinkPad W520のファンノイズはT60pのそれと比べれば静かな方で通常使用では割と静か,との印象を受けたのだがCPU負荷に敏感に反応し,かつ余裕を持った冷却をするようになっているようで気にすればそれなりに気になるレベル。と言うわけで導入してみた。オリジナルのTPFacControlはここ数年開発が止まっていて,導入に際しW520との相性を調べていたらW520用にカスタマイズされているものがあるのを発見してこれをインストールしてみた。プロパティを見るとVersion 1.0.7.3となっている。一度ThinkPad以外に使えるよう改造されたものを再度W520用としているようでini設定はオリジナルと若干変わっている。でも基本的には同梱されているiniそのままでも,特に文章入力やブラウジングでたまにTurboモードに入るぐらい程度の負荷状態で2000rpmぐらいに抑えられかなり静音化される。といつつもちょっと設定を変更して現状こんなようにしている。

// Celsius/FanCtrl/BiosCtrl/CtrlNWrite
Level=22 0 0 1
Level=50 0 0 1
Level=60 1 1 1
Level=70 2 2 1
Level=80 3 3 1
Level=83 4 4 1
Level=86 5 5 1
Level=89 6 6 1
Level=95 7 7 1
始終Smartモード(TPFacControlの設定通りのスピードにするモード)にしようとこの値にしているのだが90度を超えるとどうしてもBIOSモード(BIOSでスピードをコントロール)に入ってしまう。ただベンチマークテストをしたときとか某コンポジットをレンダリングするときぐらいなのでそれほど困ることではないけれども。ちなみに各設定値における実回転数に関してこのページに記載がある。温度はCPUのしか拾えないのだが冷却のためのサーマル・モジュールはCPUとGPUを一体冷却する構造になっているのでCPUの温度だけをターゲットにしても問題なさそう。とは言いつつもこのTPFacControlは使い方次第ではハードに致命的なダメージを与えかねないユーティリティなのでくれぐれも注意が必要。

GPUの話がついでに。いろいろ試した結果,Intel統合型グラフィックス機能とNVIDIA GPU,自分の場合はQuadro 2000Mを自動的に切り替える機能NVIDIA OptimusはOFFにしてしまっている。とりあえずベンチの数字は悪くなるし(Experience IndexのGraphicsが6.9が5.8に低下する)ほとんどACアダプタ接続だし必要ないかとBIOSでDisableにしてしまっている。最初”Graphics Devie”を”NVIDIA Optimus”から”Discrete Graphics”に変更するだけどよいだろうと思ったのだが併せて”OS Detection for NVIDIA Optimus”を”Disabled”にしておかないと何らかの拍子にNVIDIA OptimusがONになってしまうようだ。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Lunhahl LL1524 | main | Ministry of Sound印 »»
«« カテゴリ内前記事(Lunhahl LL1524) | diy | カテゴリ内次記事(ブラックゲート生産中止) »»
2007/08/30
電子工作の季節到来?
[diy
涼しくなったせいか,はたまた季節の変わり目のせいか沸々と電子工作気運が高まり,取りあえず回路図を眺めつつまずは核となるパーツを通販で揃えはじめてます。

今回は以前作った,というか作りかけのTube Mic Preamp(とある有名マイクプリの回路図が入手できたのでゆくゆくは全面的に作り直すつもり)の電源,ヘッドホンアンプの電源をグレードアップするためにノイズに有利なトロイダル電源トランスを,と出力電圧が125Vまで出せることが出来る電圧レギュレータTL783,こんなレギュレータがあるとは知らなかった,と,何故かフォノアンプ用のパーツなどを発注。

フォノアンプは普通だとつまらないので,というか偶然遭遇した回路が面白うそうだったのでいつかは作ってみたいと思っていたもの。その回路はトランジスタ技術2004年1月号『特集:定番エレクトロニクス回路140』で紹介されているもの。そのバックナンバーのサンプルPDFにたまたま回路が載っていた。普通フォノアンプというと,アナログICを使ったものは,まずカートリッジからの信号をOpAmpで増幅してRIAAイコライザー回路を経て,というのが一般的なのだがそこで紹介されているのはAnalog Devices AD625という高精度計装アンプで受けて(差動出力が一般的なカートリッジの出力を差動入力で受け,バランス受けにする)それからRIAAイコライザが来るというちょっと変わった構成になっている。音質は兎も角「同相ノイズの除去能力」に興味を持った。

回路で使われているAD625,そしてOpAmp AD744,AD820,そしてどうせならバランスアウトにするつもりでSSM2142をエリスショップで発注。週明けには届くと思われる。この手の通販はここのところ若干値段は高いものの手軽さからRSオンラインを使うのだがアナログICなどの品揃えの豊富さからエリスショップのほうもぼちぼち使っている。だったらDigi-Keyのほうがと思うんだけど,送料とか諸々でどっちかというと「最後の砦」という感じ。ちなみにAD625JNZは単価¥1,900,ステレオ分で¥3,800。ちと高いあせあせ まぁインプットトランスを買おうと思えば0ひとつ分やスイカ。AD744KNが単価¥1,040,意外と高めのシングルオペアンプ。AD625のBurr-Brown互換品INA103はRSオンラインで¥1,410とちょっと安い。音的にはどうなのか,それも気になる。

posted at 2007/08/30 22:32:15
lastupdate at 2007/08/31 0:32:04
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
秋の夜長に自作ですね!
チューブマイクプリアンプと言うと、僕は真空管を使った奴とかで
録音されている方をたまに聞きますが、音作りの世界側は
もっともっと奥が深そうで。
通販は僕はRSオンラインとタクミ辺りですね。
デジキーはおっしゃる通り、最後の砦です(笑)
by AIR.
at 2007/09/03 23:02:40
何でもかんでも真空管がいいってわけではありませんがデジタルとチューブを足して二で割るとええ具合ってケースは多々あります。
at 2007/09/04 8:41:24
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字