[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 06   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/01/11 :: 赤外線撮影
デジタル一眼レフを英語で言うと「Digital Single-Lens Reflex Camera」と言うようで略すと「DSLR」と表記するらしい。何でいきなり?とお思いでしょうがカテゴリ表記をDSLRにしたのでりょっと解説。分かりづらい?

レンズ・プロテクターを買いに行ったとき,「赤外撮影専用」フィルターってのが目について思わず1万円以上したものの思わず買ってしまった。それこそフィルムのカメラを持っていた頃から赤外線写真って面白そうと思ったもののなんか敷居が高そうと思って,専用のフィルムを買ってとかしなければ行けなかったと思う,その興味をずっとほったらかしにしていた。言ってみれば消極的にだけど長年思い続けていたものだったから衝動的に買ってしまったのだ。

購入したのはKenko PRO1 Digital R72。TAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (A061)のレンズ経にあわせて62mmのものを買った。ヨドバシカメラで¥10,980。

購入したものの使い方が今ひとつ分からないので[:あせあせ:]ググってみたらデジカメWatchのPRO1D R72のレビュー記事を発見(日付を見ると今月のもので新製品なんだね,知らなかった)。撮影のやり方など詳細に書かれているのでそのページを教科書代わりにして三脚を携え駒沢公園へ試し撮りに行ってきた。

サーバー容量の関係で大きいサイズの写真を掲載できないけどこんな感じ。

!!$photo1!!

PENTAX K20Dと前出レンズで撮影。露光時間15sec,f9.5,ISO200。ISO感度はAUTOに設定。シャッターはリモートコントロールを使用。今の時期の晴天だとf8で10〜20秒ぐらいが丁度良い感じ,K20Dの場合。

!!$photo2!!TAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di, 15" f8 ISO200
!!$photo3!!TAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di, 10" f8 ISO200
TAMRON AF28-300mm F/3.5-6.3 XR Di, 10" f9.5 ISO200
晴れていると上記ぐらいの露光時間で問題無いのだがちょっとでも雲で陰ると20秒以上にしないといけない。あと,分かっていたけど撮影するまでが面倒[:あせあせ:] まずフィルターを外した状態でマニュアルでピントを合わせ,その後フィルターを付け撮影。しばらく待って撮影された写真を見て露出があっていなかったら設定を変えて再度,って感じ。勿論動きのあるものは亡霊の如くにしか写らない。それはそれで面白いけど。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Colors of life II | main | ZINE FES vol.6 »»
«« カテゴリ内前記事(Colors of life II) | photo | カテゴリ内次記事(ZINE FES vol.6) »»
2015/10/08
「だいっきらい」展を振り返る
[photo
5ヶ月前の展示「だいっきらい」展のレポートです。5月に2/3程度の文章を書いていたのですが何故か放置,今更のアップになってしまいました。

20151008.jpg


総括的なことは共同企画者でモデルをやって頂いた有栖川姫子さんがTweetをしているのでそちらを。







展示の大雑把なイメージがありまず有り,そこから逆算する形で諸々用意し,その都度ディティールを決定していくという方法で最終形に辿り着いています。バックグラウンドに写真を乱雑に敷き詰めるなど自由な感じは主宰者であるMegumi Michelle Kawaguchiさんの展示が,自分の印象ではかなり自由でまさに「目から鱗が落ちる」感じ,その人が主宰なのだから気合いを入れて自由な発想で挑んでみました。

布は展示寸前で思いついたアイデア。メインの写真は無光沢で彩度とコントラストを下げ色味を淡くしはかなげに,周囲の写真は撮って出しでそのまま街中のデジカメプリントで出力した質感(実際その通りにしていますが)で,と考えていたのですが,そのままだとメインとバックグラウンドのコントラストが強すぎる,なんてことをIllustrator上で展示イメージを考えているとき気づいてしまった。Illustrator上なら四角形のオブジェクトを間に挟んで不透明度を調整するだけでいいのに……待てよ,これを薄い布で代用できないだろうか,という思いつきで最終形に辿り着きました。不透明度は布の重ねる枚数で調整とかなりアナログ。右側と下辺を止めていないのはエアコンの風で微かにはためかせるためと,布をめくってのぞき見ることも可,とするため。横着ではありませんでした。

posted at 2015/10/08 15:29:26
lastupdate at 2015/10/08 15:29:26
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字