[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2019 / 11   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2008/04/24 :: ThinkPlus トラックポイント・キャップ・コレクション
ThinkPad T60p [:吹出し:] のトラックポイント(ポインティング・スティック),中古だったからなのかちょっと滑りやすく,その分力を入れてしまうのか操作が重く軽快な感じがしなくて指も疲れやすい。そこで大分前に購入したIBMスペースセーバーキーボード(過去記事)にスペアとして付属していたキャップがまだ未使用のが残っていたのでThinkPadに取り付けてみたら見違えるぐらいに軽くなったというか操作がしやすくなった。これはスペースセーバーキーボードの方の分も含めてまとめ買いしておこうと。

いろいろ調べてみたらLenovoのトラックポイントのキャップには三種類あって,一つはスペースセーバーキーボードにも使われている「クラシック・ドーム・キャップ」,T60pについてた「ソフト・ドーム・キャップ」,そして「ソフト・リム・キャップ」というのものあって果たしてどれが一番使いやすいのかという疑問,好奇心がわき起こってしまったので,まぁ千円もしないものだからと「ThinkPlus トラックポイント・キャップ・コレクション (73P2698)」というその三種類が2個ずつセットになったものをアマゾン [:A型:] で購入してみた。

!!$img1!!届いたキャップを早速取り付けてみたのだがもともとT60pについていたのと同じソフト・ドーム・キャップは新品にも関わらずあまり使いやすくない。新品でも若干滑りがち。自分の指は常にカサカサだから相性が悪いのかも。ソフト・リム・キャップも試したのだがこれも具合は宜しくなかった。やっぱり滑りやすい。と言うことでやっぱりクラシック・ドーム・キャップ,指に食いついてくる感じがわが右手人差し指にもっともあっているようだ。スペースセーバーキーボードのほうも同じく新品キャップに交換。凄く軽くなった。

メインのノートPCを,音楽制作関係以外のことをほぼ全部を担当,ThinkPadにして今やエディット専用機とかしているCubase専用の自作PC [:吹出し:] とで両方ポインティングデバイスがトラックポイントになってしまったせいで下手すると一日中人差し指でシコシコすることになってしまい一差し指が目茶苦茶疲れることになってしまった[:あせあせ:]ちと辛い。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Colors of life II | main | ZINE FES vol.6 »»
«« カテゴリ内前記事(Colors of life II) | photo | カテゴリ内次記事(ZINE FES vol.6) »»
2015/10/08
「だいっきらい」展を振り返る
[photo
5ヶ月前の展示「だいっきらい」展のレポートです。5月に2/3程度の文章を書いていたのですが何故か放置,今更のアップになってしまいました。

20151008.jpg


総括的なことは共同企画者でモデルをやって頂いた有栖川姫子さんがTweetをしているのでそちらを。







展示の大雑把なイメージがありまず有り,そこから逆算する形で諸々用意し,その都度ディティールを決定していくという方法で最終形に辿り着いています。バックグラウンドに写真を乱雑に敷き詰めるなど自由な感じは主宰者であるMegumi Michelle Kawaguchiさんの展示が,自分の印象ではかなり自由でまさに「目から鱗が落ちる」感じ,その人が主宰なのだから気合いを入れて自由な発想で挑んでみました。

布は展示寸前で思いついたアイデア。メインの写真は無光沢で彩度とコントラストを下げ色味を淡くしはかなげに,周囲の写真は撮って出しでそのまま街中のデジカメプリントで出力した質感(実際その通りにしていますが)で,と考えていたのですが,そのままだとメインとバックグラウンドのコントラストが強すぎる,なんてことをIllustrator上で展示イメージを考えているとき気づいてしまった。Illustrator上なら四角形のオブジェクトを間に挟んで不透明度を調整するだけでいいのに……待てよ,これを薄い布で代用できないだろうか,という思いつきで最終形に辿り着きました。不透明度は布の重ねる枚数で調整とかなりアナログ。右側と下辺を止めていないのはエアコンの風で微かにはためかせるためと,布をめくってのぞき見ることも可,とするため。横着ではありませんでした。

posted at 2015/10/08 15:29:26
lastupdate at 2015/10/08 15:29:26
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字