[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 07   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/05/31 :: 入力セレクタとバランス出力回路,電源回路もね
前回に続いて今回はセレクタ回路部分とバランス出力回路,そして電源回路部分のお話。

例によって回路図はPDFで用意したのでこちらをご覧ください。不便な割にはIllustratorでしこしこ作ってます[:スマイルフェイス:]

!!$img1!!セレクタ部分(計画性に乏しい感じで進めたので写真で見るとかなりごちゃごちゃになっています,所々空中配線だし),最初は機械式のスイッチでもいいかなと,あるいはロータリースイッチでもと思っていたのですが,ケースを選定した時点でフロントパネル部分(44o×193o)に大きめのパーツを付けられくなってしまったことと,切り替え時に隣り合わない入力へ瞬時に切り替わるようにした方がいいと考えロータリースイッチは却下。鑑賞目的ならロータリースイッチでも構わないのかもしれないけど,ミックスダウン等をしている時聴き比べで頻繁に切り替えをすることがあるので多少手間はかかってしまうけれどもC-MOSロジックIC(NANDゲート4011とインバータ4069)による3者択一回路とリレーとの組み合わせで製作することにしてみた。今時だと信頼性の高いアナログスイッチ,アナデバのADGナントカとかあるのだけどオン抵抗とかやっぱり気になるのでリレーで行くことに。三者択一回路は,今時だともっとシンプルだけどインテリジェントなIC等があると思うんだけど調べるのが面倒だったこともあり某書籍からのもろパクリ[:あせあせ:] その本の名前は『ロッキンf別冊 エフェクター自作&操作術 version 3.0』という「昭和60年6月30日改訂増補版発行」とか書いてある古い本でわたし的にはバイブル的本なのです[:キャラ挙手:] リレーはちょっと音質的によさげな富士通コンポーネントNA-12W-Kを使用。接点に「接触信頼性に優れた金張り銀合金」が使われているのが気に入った[:親指サイン:] マランツのSACDプレーヤの最上位機種にも使われているみたい。スイッチはタモリ倶楽部にも登場した世界の肉界,日開こと日本開閉器工業の照光式押ボタンスイッチ,φ8のseries HBを使用。

出力回路はミュート用のリレー経由後ボリューム(今回は東京光音CP-601を使用)に行き,その後Dimmer経由してバランス出力回路へ。回路図を見て分かるとおりバランス出力回路はSSM2142以外パスコンのみという超シンプルさ。音質的なところは後でチェックし直して後ほどレポートします(引っ張ります)[:あせあせ:] ところで「Dimmerって何?」とお思いでしょう。英和辞典で調べると「調光器」,この場合は音量を絞る回路,といってもただの抵抗(SSM2142の場合入力に抵抗を入れるだけどOK。10kΩで約-6dB)ですが,のことです。中級以上のミキサーにはだいたいついていてSSLなどの大型コンソールではDIMスイッチ及びその減衰量をコントロールするトリマーがついています。本来はトークバックでスタジオと会話する時,モニタスピーカーから出ているマイクの音でハウルのを防ぐためモニタ音量を下げるためのものなのですが,ミックスダウン等で極小音量で聴く時などボリュームを限りなく絞るよりDIMスイッチで下げた方がボリュームの端っこのリニアリティの悪いところを使わないですむので(安いパーツを使っていると片チャンネルが消えたりする)結構便利。自分の場合バランスをとる段階など,ヘタするとひそひそ声より小さい音,ナントカブリーズより小さい音,って実際聴いたこと無いけど,で作業するので必要不可欠。

!!$img2!!電源は,今時ならスイッチング電源なのでしょうが80年代の知識で未だに電気工作をしてしまうわたしとしてはどうしてもスイッチング電源が信じられずリニア電源を採用。ただちょっと変わっていて78M15を二個使って±15Vを得ています。これはわたしにとってのもう一つのバイブル『ミュージック・エレクトロニクス実用講座』(1985年第一版発行) [:A型:] からのパクリ。要は二つのうち一つのレギュレター出力をグラウンドに落としてしまい,OUTとCOMの電位差は15VあるのでOUTが「0」ならCOMは「ー15V」でしょ,という理論。わかる?[:雫:] また同一ロットの78M15を使えば当然出力も似通った値になりやすくなり正負同じ電圧を得られやすい利点もある。ちなみに今回作ったやつでは0.02Vぐらいの差があっただけ。LM317とLM337で半固定抵抗を使いつつ,って方法もあるけど部品点数の少なさでは圧倒的に勝っている。ただ難点もあり電源トランスの二次側は2巻線じゃないとアウト。

ピークインジケーター回路は左右の信号をミックスしてエミッタフォロワ回路経過後ダイオードで直流にしコンパレータで電圧比較してLED点灯って教科書通りな回路,かな。今回は二色LEDを使っているため赤が点灯する時は緑が消えるように工夫はしてある。本当はコンパレータとか電源ラインに悪影響を与えるものを一緒くたにすべきではないのだが,聴き比べをする際入力毎のレベルがあってないとお話にならないし,かといって外部機材のレベルメータを使ってあわせるのも手間だし,ということでここは利便性をとってしょうがなく,といったところ。電源回路を別にすればいいのだがスペースの関係上もう無理なのでしょうがなし。ただインジケータが光っていても音に影響は出ていないようなのでまぁ問題なし,と言えるかもしれない。

といったところで一応製作は終了。あとやれるとしたら今はカットコアの電源トランスなのをRコアはサイズ的に無理そうなのでトロイダルコアのものに変更するぐらいでしょうか。あとヘッドホンアンプ部のBPを全部BlackGate NXシリーズにしてしまったら(電流帰還させているところのグランドに落とす部分を)Additional Input回路でOPA2604を使うと低音がすごいことになってしまうので,これをもう少しおとなしいOpAmpに替える作業。今のところAD823ANが具合がよさげ。Mainの方はOPA2604×2,AD827JNで丁度いい感じなのだが。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« リアル・ポートレートNAGOYA 2015 ~ かめこ展 Vol.8 | main | my photo life in 2015 »»
«« カテゴリ内前記事(Oyaide PA-26HD Mod) | pc for daw | カテゴリ内次記事(no data) »»
2015/12/30
Renewed PC for DAW
夏頃,DAW用のPCを大幅アップグレードしました。当初はPCIeスロット数が多いマザーボードに交換しようと去年末ぐらいに確保していたものにいざ交換したらWindows 7 SP1との相性が悪いのかPCIeカードの認識がうまく行かず,だったらCPUも含めてマザーボードを交換してしまおうと決断したため(丁度その頃格安の最新XeonをeBayで見付けたことも決断理由)。ついでにその他付随するものもついでに併せてリプレイス,そう言えば年末には映像を扱う予定なので内蔵HDDはRAID0がベストだろうとか,折角高性能化するのだからDAWのみでは無く写真の現像にも適した感じにしてしまおうとコツコツやっていたら下記のようなスペックのPCと相成りました。
  • OS: Microsoft Windows 8.1 Pro 64bit
  • CPU: Intel Xeon E5-2643 v3 (3.4GHz 6 cores) x2
  • MB: Super Micro X10DRL-i
  • Chipset: Intel C612 chipset
  • VGA: GIGA-BYtE GV-N960IXOC-2GD (GTX960)
  • Memory: Cruciel CT8G4RFD8214 (8GB DDR4-2133) x4
  • Storage: SanDisk SDSSDHII240G (240GB), CFD CSSD-S6T240NTS2Q (240GB), Toshiba DT01ACA300 x2 (RAID0, 6TB)
  • Optical Drive: Pioneer BDR-S05J-BK
  • PCIe: Avid Pro Tools | HDX
       Lynx AES16e (16ch AES/EBU Digital I/O)
       Universal Audio UAD-2 QUAD
       AREA SD-PE4U3E-3E1L (USB3.0)
  • PSU: Seasonic SS-860XP2

結局ケースとDAW関連PCIeカード以外中身を全交換となってしまった。PCIeカード以外の基本部分は例えばHPやLenovoで同等のWorkStationをCTOした場合ゆうに100万円を超えてしまう贅沢仕様あせあせ

PCアップグレードの一番大きな理由は96 kHz,32 bit floatのフォーマットで120 voices程度のセッションを処理能力の上限を気にしないでMixingできる環境にしたかったという点につきる。Pro ToolsのDSPカードHDXを一枚導入しているものの、,Native動作の重負荷プラグインを好んで使うのもあるけれども,どうしてもパワー不足に陥ってしまい,それを考慮したプラグインをMixing初期段階から使わざる追えない不自由さに辟易したから。

刷新したPCの実力はベンチマークソフト,PassmarkのPerformance TestでテストしてみるとCPUの項目は22,000強。以前のOpteron 8439SE (2439SE, 2009年登場のAMD製最高スペックCPU) dual cpuが8,000を超える程度なので約2.7倍。Pro Tools HD 11でも高負荷SessionのCPU Usageは確実に半分以下になったことは確認できた。PTHD10を使っていた頃と比べると11以降プラグインの演算能力使用が最適化されているので4〜5倍は処理能力アップと言えるかもしれない。

Opteronとの比較は今時あまり分かりづらいと思われるのでIntel製のものと比較してみる。Xenon Haswell-EP(2015年現在現行)のラインナップの中では真ん中ぐらいの能力。そのソフトの公式サイトに掲載されている数値で比較してみるとSandy Bridge-EP (2012年)の最上位モデルXeon E5-2690 dual (2.9Ghz 8 cores *2)を約1,300上回る。その前世代のWestmere (2010年)のX5690 (3.46GHz 6 cores *2)の14,400と比べると1.5倍は超えている。また,とあるWorkStationの最上位構成に使われているIvy Bridge-EP (2013年)のXeon E5-2697 v2 (2.7GHz 12 cores *1)は17,400なので1.26倍以上の性能となっている。ちなみに現行コンシューマーデスクトップ用のCore i7-5960X (3.0Ghz 8 cores)のスコアが16,000程度なので(某WorkStation並の処理能力が期待できる)コストパフォーマンスを考えるなら,対応メモリも安いものが使えるのでXeonを選ぶ理由はPro Tools用途と言えどもマストではないかも知れない。

ただしパフォーマンスは大幅に向上したけれども万事順調とは行かなかった。

Pro Tools 11で見られる現象,海外のフォーラムなどでは"CPU Spike"と呼ばれたりしている,例えばCPU Usageが20%前後で推移してる状態からいきなり100%を超えて警告ダイアログが表示され再生が止まってしまう現象が多発。これはBuffer Sizeを最大にすると頻度は減るものの皆無にはならない。他プロセスによるEvent Viewerのログに残るようなエラーを発生させないようにするようOSを安定化させると症状は確かに軽減した。しかしAvidサポートにあるOSの最適化(Windows 8の場合)を試したもののクリティカルな解決にはならなかった。電源のオプションはある程度の効果があったけれども,Turbo Boostの無効化は正直なところ効果があるようには思えなかった。そうこうしているうち,サブスクリプションの料金が割安期限が迫ったので最近Pro Tools HD 12にしたのだけれども,そうしたらCPU Spike現象の頻度がかなり減少してMix最終局面48KHz時で256 samplesでも安定再生できるようになり,さっさと12にしておけばというオチでしたあせあせ

Pro Tools 12,最近登場した12.4ではFreeze機能も装備したしCPUパワーはそんなに必要無いのでは!?と思われるかもしれないけれども,確かにそう思う反面,Commitした音も「?」なのにFreezeは!?となるし,下位互換性は!?となるとPro Tools 12が提供する省パワー機能を頼るより圧倒的なCPUパワーに頼った方が安心感があるというのが正直なところ,個人的には。ただしこういう発想ができるのはCPUを含め自在にパーツやOSを選べるWindowsユーザーならでは,とは思う。

もう一つ,パワーに関して。であれば負荷の少ない昔ながらの所謂定番プラグインを使えばよいのでは,という考えがあるかと思う。しかし10年前ぐらいのCPUで動作するように設計されたプラグイン,10年前のPCと言えば今の10分の1以下の性能,それに見合った演算しかしないプラグイン,である。今尚使い続けるべきか否か!?今時のCPU性能に見合った処理能力をふんだんに使った特にヴィンテージシミュレーション系プラグインが次から次へと登場する昨今に,である。と云う考察をするとパワーは正義,と思えませんか!?

posted at 2015/12/30 1:11:55
lastupdate at 2015/12/30 1:11:55
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字