[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2019 / 11   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/10/15 :: 1176AE mod#1
約1ヶ月半前に書いたエントリ,Universal Audio 1176AEの話の続き,最後の方で触れていた高域の出方を改善,というか自分好みに変えるための改造の話です。世界で500台の限定生産,そのうち日本国内代理店をかんでいるのが80台(自分のは中古を直輸入ですが),そんなレア機材のマニアックな改造の話なんか世界で果たして何人が興味を持つのだろうか,という話ですが。ただその超マニアックさがこのブログの真骨頂でもあるわけで[:あせあせ:]

前回触れたように電解コンデンサを交換するのが最も手軽にしかも効果的に改造できるのではと。しかし,闇雲に交換するわけにも行かないのでまずは回路図の入手。1176AEはオリジナルUREIの1176LNのRev.AとRev.Eのいいとこ取りの完全再現と銘打たれているのでもしかしたら過去の回路図がそのまま,と行かないまでもある程度使えるのではないかと考えネットで探してみた。1176LNもそうだけどいわゆるヴィンテージと言われる機材の回路図はネットを探すと結構拾い集めることが出来る。こと1176LNはDIYで再現しようと強者がトライしてるぐらいで割と情報は豊富な方。探してみて一番便利そうなのがJBL Professional Serviceと言うサイトで配布している1176LN Manual。末尾の方には各リビジョン毎の回路図が含まれていて(当時のものを雑にスキャンしている風で見づらいけど),あといろんなメモ書きも,1176世界を巡るには打って付けの地図,じゃなくてPDF。

1176AEをそのPDFと照らし合わせてみるとやはりRev.Eと共通する部分が多く,パーツ番号などもかなり一致している,これを手がかりに改造を進められそう。と云うことで改造の狙いは当初の目論見通り電源平滑用の大きな電解コンデンサ4本。と,メインの音声信号が関わる部分のカップリングコンデンサ,ディカップリングコンデンサを交換することに決定。

平滑用はこのリンク先の写真で見るとSPRAGUE 53Dが使われているようなのだけれども自分の1176AEは正電源側の1段目がMalloryのTCG,他がNichicon VXが使われていてちょっと,じゃなくて結構違う[:あせあせ:] ここら辺は交換のし甲斐があるかも知れない。

!!$photo1!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
カップリングコンデンサはPhilipsの,印字を見ると021 KOと書かれている,電解コンデンサが使われていてこれを他に,或いはフィルムコンデンサにしてみるとどうなるか(1µFなのであると言えばある)。音声信号がもろに通ので影響は大きいはず。

!!$photo2!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
そしてその周辺のディカップリングコンデンサ(C4, C5)。ここにもNichiconのVXが使われている。これもそこそこ影響がありそう。

!!$photo3!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
と云うことで今回は改造ポイントの確認,序章でした。次回色々交換していきます。もう既に「これは」というセッティングが決まって使っていて,なかなか重心低めのダウンフォースを稼げる(?)いい感じになっている,と思ってます[:あせあせ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 御苗場vol.18横浜 No.244 | main | PHOTOJAM NAGOYA »»
«« カテゴリ内前記事(御苗場vol.18横浜 No.244) | photo | カテゴリ内次記事(PHOTOJAM NAGOYA) »»
2016/03/29
旅展@NADAR
[photo
本日29日(火)より4月10日(日)まで東京は南青山のギャラリー,NADAR(ナダール)での写真展『旅展』に参加しています。

文字通り『旅』をテーマにした写真展で,わたくしMacoteau Tは2014年9月にロンドンへ入ったときに撮りだめた写真の中からのものを展示しています。去年ブックやZINEで目にした方もいるかと思いますが(過去ブログのエントリー或いはFlickrで)今回ようやく展示という形に出来ました。そして「っぽさ」を演出するためにちょっと展示に小細工もしていますので時間があるときにでも是非立ち寄っていただけると幸いです。桜の有名スポットのひとつでもある青山霊園の近くなので桜散策のついでにでも如何でしょうか?

尚,渡航目的はKate Bushのライブを観ることだったのですが展示写真はそれとは関係ないものとなっていますあせあせ

展示の写真は去年の機材入れ替え前のPentax K-3 Premium Silver Editionで撮ったもので,レンズのFA Limitedを使用したものですが,一部フリンジが,擬色が〜というのがありますが御容赦ください。現像で消しきれませんでした。しかし,それを理由に没にするには勿体ないので思い切って展示作としました。

旅展@NADAR

fence and rose

展示設営の際,他の出展者の写真をみたり,先週は石本一人旅氏の台湾の写真をみたりして,旅というと大袈裟になるかもしれないけれども,見知らぬところにイッテみるというのは目に見えない,しかし掛け替えのない財産になるのかもしれない,との思いに至りまたどこかに旅行したい,と思うのでした。

posted at 2016/03/29 6:49:00
lastupdate at 2016/03/29 6:49:00
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字