[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 04   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2008/10/08 :: RAMマウントシステム
PSPをバイクに取り付けるためにRAMマウントシステムの「PDA用横型ホルダ/Uボルトセット」をPDA工房でし,ようやく品物が到着。念のため「落下防止用ストラップ」というのも併せて注文。送料を含めて合計¥8,746。

早速Skywaveに,となるはずだったのだがハンドルブレースというパーツ(本来はハンドルの剛性アップのためのパーツ,らしい)を取り付けてそこにRAMマウントシステムをということにして別のお店に発注したものがまだ届かないのでSkywaveへの取り付けは一時お預け。

!!$img1!!一応組み立ててみて具合をみてみた。固定するためのツメは三種類付属しているのだがPSPの場合真ん中の大きさがピッタリ。シリコンカバー(HORI HPP-221 [:A型:] )をつけたままでも問題無さそう。ただGPSレシーバーを取り付けている関係上ツメ一つだけのほうを下にしなくてはいけない。組み立て終わってバーに取り付ける前にぶんぶん振り回してみたのだが[:あせあせ:]びくともしない。見た目ちょっと危ういようにも思えるのだが意外にしっかりしている。

!!$img2!!感心したのは締め具を力一杯締めなくても完全に固定されること。いつもマイクスタンドで苦労しているので,手にあとがつくぐらい締めてもマイクが下がってくるものあるし,ペンチを使わないと緩まない,締められないものあるし,それらと比べるとなんて画期的なんだろう,って思った。ちなみにMADE IN USA[:あせあせ:] というかマイクスタンドに応用できないものか。ちなみに写真はマイクブームに取り付けている。これだとVocal RecのときPSPを使う場合設置が楽だね!?

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« Tube Mic-Preamp 製作記 :調整編 | main | トライ(BlogPet) »»
«« カテゴリ内前記事(Tube Mic-Preamp 製作記 :調整編) | diy micpre | カテゴリ内次記事(Tube Mic-Preamp 製作記:微改造) »»
2007/09/19
Tube Mic-Preamp 製作記 :ステレオ比較
前回の続き。

出力トランスの手前に直列で入れていた抵抗を置き換えたらどうにか低音にピークがある感じは解消とまでは行かないもの許容範囲内に収めることが出来た。趣味の問題で,フラットよりは若干ブースとしていた方が心地よいかとスマイルフェイス で,2ch分の周波数特性は下の図の通り。

20070919.gif

なんと40Hz以下からにバラツキがある。21.5Hzのところで1.4dB違いがある。普通に使う分には問題ない領域だから無視ししてもいいのだがチョッと気になる。パール類は真空管以外同じロットのものを使用していると思うので真空管が怪しいのか?あとでいろいろチェックしないとあせあせ 高域では20kHz辺りで約-0.6dBぐらいで総合では±0.6dB程度とまぁまぁよろしい特性。

ところで,気になる製作費ですが,9月からの企画変更段階で購入したパーツ類が5万円を超え,さらに過去バージョンからの使い回しなどを含めるとパーツ代だけでミドルクラスの真空管マイクプリ並の値段に達しているくす玉 ハイエンド機が20万超えるのも十分うなずける。てなワケで,元を取るべく十分使えるものに仕上げないと泣き笑いネコ

posted at 2007/09/19 1:02:18
lastupdate at 2008/03/05 17:41:35
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字