[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 04   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2013/04/11 :: Furutech FP-3-117(R)
BNCケーブル(オーディオではWord Clockに使われる)を新調しようと,BNCプラグのうちコンタクトがロジウムメッキで比較的廉価なFurutechのFP-3-117(R)を調達しに秋葉原の小柳出電気商会に行ってみたら,1個しか在庫がなく,実はその前日に検証のため1個,というか1セット購入済,店員さんの話では需要が殆どないので極少量しか在庫を持っていないためそれなりに数量が必要な場合要事前確認とのこと,スマートフォーンで調べてヨドバシカメラで取り扱っていることを確認し,足りない分を確保しに直行。

で,GETしたのがこれら。3個捕獲でヨドバシでも絶滅。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
そう,一つだけ様相が異なり,値段も安い。2個セット¥3,180にたいして¥2,380。見た目,ハウジングに金メッキが施されてる風!?と,思ったもののパッケージを空けてみたら,何のことは無い,長い間展示しすぎていてパッケージの透明部分が変色して金色に見えているだけだった[:雫:]

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
外見を比較してみると,ロゴ文字の大きさがちょっと違うのと,コンタクト周辺の絶縁の構造が違う(左が現行品)。

!!$photo3!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
パッケージ裏面を見てみると現行は「FURUTECH独自のα(Alpha)Prosecc処理(-196℃の超低温処理+特殊電磁会処理)」により物性が安定し,より繊細で深みのある音質と画像を再現します。」という文言があるのだが,旧パッケージにはそれに我該当する部分がない。値段もその辺を反映している!?

FP-3-117(R)はCANAREのBCP-H3B(3C-2V用ハンダ式BNCプラグ)の置き換え目的で,金メッキよりロジウムメッキの方がいいかも,Word Clock用だし音にそんな影響は少ないとは思うけど,程度のつもりだったのだが……その辺の比較は次回で。CANAREのものは1個600円程度から買えるので,1個あたり1500円程度のFurutech,倍以上の価格差が出ているどうか[:あせあせ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« 変更したかも(BlogPet) | main | Multicap »»
«« カテゴリ内前記事(Tube Mic-Preamp 製作記 :ステレオ比較) | diy micpre | カテゴリ内次記事(Multicap) »»
2007/10/04
Tube Mic-Preamp 製作記:微改造
Garrettaudio(主に楽器関係用のヴィンテージ・パーツが豊富な電子部品オンラインショップ)でとあるケーブルを購入したついでに(このケーブルについてはまた後ほど,ファンシーな赤いケーブル),一応完成はしたもの思いついたらその都度改造を施している自作Tube Mic-Preampのための配線材も買ってチョッと改造してみた。

Tube Mic-Preamp 製作記:微改造それまで入出力XLRコネクタとトランスの間には距離が近かったためシールド線を使わずBelden 8503という単線を使い,トランスから入力ボリューム,そしてメイン回路,その出力がトランスまで行く部分は10cm以上の距離があったためオヤイデ電気のHWS-20(PC OOC)を使っていた。それを単線部はBleden 83005という外皮がテフロンで銀メッキの単線,シールド線をメーカは分からないのだがMIL規格の20AWG銀メッキ撚り線,銀メッキシールド,メートル450円のものに変えてみた。既に音声の配線に純銀線を使っていたのでこの際オール銀化チックにしてみようと。

効果は,というと「別に……」(コピーマークエリカ様)ってことはなくいい方向に違いが出た。聞き比べてみると以前のものは高域が,ちゃんと出ているのだがちょっと締め付けられているような,どこかにディップがあるような聞こえ方をしていたのだが,それに対して交換後はそこら辺が滑らかになったようだ。味が尖っている煮込み料理をさらに数時間煮込んだぐらいのまろやかさ!? あと,ガットギター一本と女性ボーカルという楽曲を比較してみたところ,チョッと張り付いてカサカサしていた感じがチョッと潤いを帯びたような。おそらくシールド線の方がより効果を発揮しているのだと思う。

このプリアンプ,今出力用のカップリングコンデンサを海外のビンテージ系パーツ屋から調達途中なので,それと置き換えてみて音がいい具合だったら一応完成,って感じ。そのコンデンサ,一応国内でも入手可能なのだが値段がめちゃ高くて,一個9000円ぐらいのフィルムコンデンサ,同じものを海外のオンラインショップで探してみたら半分ぐらいの値段で国際発送もしてくれるお店を見つけたのでそこで入手することにしてみた。もう発送はしているようなのだがAirmailだから時間がかかる悪魔

posted at 2007/10/04 3:24:35
lastupdate at 2008/03/05 17:41:56
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字