[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 01   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/05/31 :: 入力セレクタとバランス出力回路,電源回路もね
前回に続いて今回はセレクタ回路部分とバランス出力回路,そして電源回路部分のお話。

例によって回路図はPDFで用意したのでこちらをご覧ください。不便な割にはIllustratorでしこしこ作ってます[:スマイルフェイス:]

!!$img1!!セレクタ部分(計画性に乏しい感じで進めたので写真で見るとかなりごちゃごちゃになっています,所々空中配線だし),最初は機械式のスイッチでもいいかなと,あるいはロータリースイッチでもと思っていたのですが,ケースを選定した時点でフロントパネル部分(44o×193o)に大きめのパーツを付けられくなってしまったことと,切り替え時に隣り合わない入力へ瞬時に切り替わるようにした方がいいと考えロータリースイッチは却下。鑑賞目的ならロータリースイッチでも構わないのかもしれないけど,ミックスダウン等をしている時聴き比べで頻繁に切り替えをすることがあるので多少手間はかかってしまうけれどもC-MOSロジックIC(NANDゲート4011とインバータ4069)による3者択一回路とリレーとの組み合わせで製作することにしてみた。今時だと信頼性の高いアナログスイッチ,アナデバのADGナントカとかあるのだけどオン抵抗とかやっぱり気になるのでリレーで行くことに。三者択一回路は,今時だともっとシンプルだけどインテリジェントなIC等があると思うんだけど調べるのが面倒だったこともあり某書籍からのもろパクリ[:あせあせ:] その本の名前は『ロッキンf別冊 エフェクター自作&操作術 version 3.0』という「昭和60年6月30日改訂増補版発行」とか書いてある古い本でわたし的にはバイブル的本なのです[:キャラ挙手:] リレーはちょっと音質的によさげな富士通コンポーネントNA-12W-Kを使用。接点に「接触信頼性に優れた金張り銀合金」が使われているのが気に入った[:親指サイン:] マランツのSACDプレーヤの最上位機種にも使われているみたい。スイッチはタモリ倶楽部にも登場した世界の肉界,日開こと日本開閉器工業の照光式押ボタンスイッチ,φ8のseries HBを使用。

出力回路はミュート用のリレー経由後ボリューム(今回は東京光音CP-601を使用)に行き,その後Dimmer経由してバランス出力回路へ。回路図を見て分かるとおりバランス出力回路はSSM2142以外パスコンのみという超シンプルさ。音質的なところは後でチェックし直して後ほどレポートします(引っ張ります)[:あせあせ:] ところで「Dimmerって何?」とお思いでしょう。英和辞典で調べると「調光器」,この場合は音量を絞る回路,といってもただの抵抗(SSM2142の場合入力に抵抗を入れるだけどOK。10kΩで約-6dB)ですが,のことです。中級以上のミキサーにはだいたいついていてSSLなどの大型コンソールではDIMスイッチ及びその減衰量をコントロールするトリマーがついています。本来はトークバックでスタジオと会話する時,モニタスピーカーから出ているマイクの音でハウルのを防ぐためモニタ音量を下げるためのものなのですが,ミックスダウン等で極小音量で聴く時などボリュームを限りなく絞るよりDIMスイッチで下げた方がボリュームの端っこのリニアリティの悪いところを使わないですむので(安いパーツを使っていると片チャンネルが消えたりする)結構便利。自分の場合バランスをとる段階など,ヘタするとひそひそ声より小さい音,ナントカブリーズより小さい音,って実際聴いたこと無いけど,で作業するので必要不可欠。

!!$img2!!電源は,今時ならスイッチング電源なのでしょうが80年代の知識で未だに電気工作をしてしまうわたしとしてはどうしてもスイッチング電源が信じられずリニア電源を採用。ただちょっと変わっていて78M15を二個使って±15Vを得ています。これはわたしにとってのもう一つのバイブル『ミュージック・エレクトロニクス実用講座』(1985年第一版発行) [:A型:] からのパクリ。要は二つのうち一つのレギュレター出力をグラウンドに落としてしまい,OUTとCOMの電位差は15VあるのでOUTが「0」ならCOMは「ー15V」でしょ,という理論。わかる?[:雫:] また同一ロットの78M15を使えば当然出力も似通った値になりやすくなり正負同じ電圧を得られやすい利点もある。ちなみに今回作ったやつでは0.02Vぐらいの差があっただけ。LM317とLM337で半固定抵抗を使いつつ,って方法もあるけど部品点数の少なさでは圧倒的に勝っている。ただ難点もあり電源トランスの二次側は2巻線じゃないとアウト。

ピークインジケーター回路は左右の信号をミックスしてエミッタフォロワ回路経過後ダイオードで直流にしコンパレータで電圧比較してLED点灯って教科書通りな回路,かな。今回は二色LEDを使っているため赤が点灯する時は緑が消えるように工夫はしてある。本当はコンパレータとか電源ラインに悪影響を与えるものを一緒くたにすべきではないのだが,聴き比べをする際入力毎のレベルがあってないとお話にならないし,かといって外部機材のレベルメータを使ってあわせるのも手間だし,ということでここは利便性をとってしょうがなく,といったところ。電源回路を別にすればいいのだがスペースの関係上もう無理なのでしょうがなし。ただインジケータが光っていても音に影響は出ていないようなのでまぁ問題なし,と言えるかもしれない。

といったところで一応製作は終了。あとやれるとしたら今はカットコアの電源トランスなのをRコアはサイズ的に無理そうなのでトロイダルコアのものに変更するぐらいでしょうか。あとヘッドホンアンプ部のBPを全部BlackGate NXシリーズにしてしまったら(電流帰還させているところのグランドに落とす部分を)Additional Input回路でOPA2604を使うと低音がすごいことになってしまうので,これをもう少しおとなしいOpAmpに替える作業。今のところAD823ANが具合がよさげ。Mainの方はOPA2604×2,AD827JNで丁度いい感じなのだが。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 原因は小島! | main | OLIMEX,その後 »»
«« カテゴリ内前記事(Multicap) | diy micpre | カテゴリ内次記事(Tube Mic-Preamp 製作記:真空管交換) »»
2007/10/08
Tube Mic-Preamp 製作記:コンデンサ
Tube Mic-Preamp 製作記:コンデンサTVで「今度、シメるから」とか「殴ったろうか」と相手を名指しで言っても脅迫罪に当たらないのでしょうか?通報汁,なんて思う今日この頃,今回はコンデンサにまつわる話。

先日Multicapをようやく入手してほぼ完成に近づいたわが自作真空管マイクプリ。実はそれまでに2種類のコンデンサを試していました(使用箇所は図の回路のC7のところ)。今回はその音比較などを。偶然にもそれぞれ個性的で何ならセレクタで切り替えても面白いかもと思えるぐらい。でも,ケース内に余裕がないからそう簡単にはいかないけどあせあせ

Tube Mic-Preamp 製作記:コンデンサまず最初に使ったのはGARRETTAUDIOで購入したデンマーク製メタライズドポリブロピレンフィルムコンデンサJantzen Audio CrossCap 22µF/400VDC(写真左)。当初の予定の30µFに近く値段も安いことから使ってみることにした。1個千円。その音は「黒くて太い」見た目の通り!?製品紹介では「This capacitor do not make any unpleasant distortion on sound and do not "colour" the sound.」とか書いてあるけど,そんなことはない。「黒い」はまぁ置いておくとして,「太い」と云うとボキャブラ不足のコラムニストのようで赤面してしまうが,兎に角低音の主張が強くなる傾向にある。その出方は,BlackGate N/NXシリーズのような低音の深淵を鮮やかに再現すると云うものではなく,例えば四つ打ち系クラブミュージック,別にR&BでもHipHopでもいいけど,その気持ちよさを追求したらこうなってしまった,ような出方がする。高音域の方は相対的に引っ込み気味に聞こえる。マルチバンドコンプ(周波数帯域を何個かに分割しそれぞれ異なる設定値でコンプレッションをかけられるエフェクター)で高音域のコンプレッションをきつめにしたような印象に近いかもしれない。気持ちいいと云えばいいけど,オールラウンドにはチョッと不向きに思えた。ただ他のパーツとの兼ね合いではありかもしれない。

次に試したのがネットで評判がよかった東一電機のTone Factory Pシリーズ(メタライズドポリエステルフィルム)の22µF/250V(写真中央)。Pシリーズの250Vは生産中止となっているようで入手不可能かと思ったのだがザ・キット屋で2個セットで販売されているのを見つけて購入。セットで五千円。ちなみに,セットで売っているからと云って決してペアマッチングされているものではないようで9月19日のエントリで書いた左右特性が微妙に違っていたのはこのコンデンサが原因だった。音の方は,CrossCapからの置換としてはまさに狙い通りで,きらびやかと云うか華やかでスムーズな高音を聞かせてくれる。そのせいか低音はチョッと控えめ,タイトな感じ。増幅段間のカップリングコンデンサに同社のオイルぺーバーコンデンサ,Tcap-VQシリーズを使っているのだが,ややもするとまったりとしがちな(出力トランスとかの関係で)回路にあってはなかなか効果的なコンデンサのように思える。

で,最後はこの前買ったばかりのMulticap(何気に値段がほぼ倍々で増えて行ってる拍手)。前出Pシリーズのきらびやかさはないもののスムーズで滑らかな高音域。派手さが押さえられている分個々の音の粒立ちがわかりやすい。低音もCrossCapほどではないが滑らかにしっかり出ていて,アコギのボディの鳴りとかもよく再現されて心地いい。女性ボーカルなどはPシリーズと比べるとコラーゲン補給をしたかのように艶がよくなった。Multicapと比べるとPシリーズは2kHz〜4kHz辺りがちょっと控えめなのでそう感じてしまうのかもしれない。ただ,Pシリーズの華やかさも捨てがたく両者いいとこ取りをしたいに気になってしまう。

冒頭,「ほぼ完成」と言ったのはそれなりに理由があって,ここまで音を詰めてきて今更ながら初段増幅回路に使っていたヴィンテージのRCA 12AX7Aが気になり始めてしまったのだ。手持ちの他の12AX7では一番いい感じなのだが,チョッと乾いた感じ,女性ボーカルを少し乾燥肌っぽくしてしまう原因がいろいろ差し替えて試したところRCAのそれだとわかり「ほぼ完成」と云わざるおえない状況となってしまった。一応もう既に候補は決まっていて,12AX7Aといえどもいろいろ種類がある,というかもう既に購入差し替え済なのだが,その話はまた後ほど。

posted at 2007/10/08 4:13:48
lastupdate at 2008/03/05 17:47:11
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字