[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 11   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2006/12/03 :: FOMA SO903i #2
この手のものを手に入れるとやり込まないと気が済まない性格なもので,ってことでSO903iレポート第二弾。初FOMAだから微妙な勝手の違いに戸惑いながらお届けします。

まずはドコモ純正無料携帯管理ソフト「ドコモケータイdatalink」の導入でつまずいてしまった。接続もちゃんとされていているのだがデータの読み込みがまったく出来なくて,恥ずかしながらDoCoMoインフォメーションセンターに電話を掛けて教えを請いました(^_^; 何のことはない「USBモード設定」で「メモリモード」を選択していたせいだった。datalinkを使う場合「通信モード」にしておかないとダメだそうだ。てっきり通信モードはモデムとして使うときだけのモードだと思っていたのだが早とちりだったというわけ(^_^;

次につまずいたのが着メロ。MOVAだと音声ファイルを着信音にする場合拡張子mldのファイルを変換ソフトなどを使って作成しそれを本体にコピーするだけで良かったのだが,FOMAだと少なくともSO903iだとmldファイルを再生することさえ出来ない。いろいろ調べてみたら拡張子3gpのAACファイル,iモーションなら着信音に使えることを知り,まさに打って付けな「FOMAのiモーション(音声)作成方法」というページを頼りにファイルを作ってUSB経由で本体にコピーというやり方をしたのだが全然ダメ。どう足掻いてもファイルの「詳細情報」の[着信音設定可否]が「不可」にしかならなかった。最後のよりどころ(?)某巨大掲示板を見てみたら,どうやら903シリーズ,あるいはSO903iは「着うた」として認識されるように3gpファイルの一部を変更し,さらにネット経由でダウンロードしたものでしか着信音に使えないようなのだ。

ということでその着うたもどきにしてくれるソフト「DoCoMo Music [DCMM]」を使いそのファイルをサーバにアップしてそれをSO903iでダウンロードしたらしっかり着信音として使えるようになった。パケ代はこの際諦めるしかない。WAVファイルを30秒程度にトリミングしそれをSO903iに付属するSonicStageを使い着信用と割り切りHE-AAC v1でビットレート40kbpsとし,変換されたファイルをDCMMでなんちゃって着うたにして,でだいたい一曲あたり160KB〜200KBのファイルサイズになった。これを5曲ぐらいすると1MBぐらいになってしまいパケット定額じゃない場合結構いいパケ代を取られる。そういえば機種変する際,ヨドバシの店員さんは自分がMOVAからのそれと分かっていたからだろうか着うたフルなどを使うとパケット代が一曲数千円になってしまうので注意してくださいと言ってくれたことをふと思い出した。着うたフルとなると一曲5MBぐらいになってしまうわけで事実上パケホーダイに入っておかないと使えないサービスなんだと今更悟った(^_^;もしそのことを知らずにダウンロードしてしまったらと思うとぞっとする。

!!$img1!!どうせなら動画もと,それも試してみた。とりあえずiモーションにしてUSB経由でコピーすれば大丈夫だろうと,まずは3gpへの変換。今度は映像なのでQuicktime Proを使おうと思ったらカノープスのキャプチャーボックスで録画したMPEGファイルやその他諸々のMPEGやWMVや映像関係ファイル全てQuicktimeが受け付けてくれない。ムービーじゃないから開けないと仰る。MOVなファイルじゃないとダメなのか,と言って我が家にはその形式に書き出せるソフトひとつもないし,多分。
そこでちょこっとネットを探してみたら「3GP_Converter」という変換ソフトに遭遇。早速ダウンロードしてカノープスのキャプチャーボックスで録画したファイル(m2p)を変換させSO903iへUSB経由でコピーしたらあっさり再生されてしまった。変換も意外に速めで,設定も簡単にできるし,上がりの画質も割と綺麗でなかなか素晴らしい。ちなみに「QVGA高画質15fpsステレオ」で30分番組を変換してみたらファイルサイズは100MBぐらいになった。これなら録りだめした録画ファイルを持ち出す気になれる,かな。ただ本体に直接コピーだとUSB1.1のせいもありコピーが遅いのでminiSDかMemory Stick Duoへコピーするやり方にしたほうがいいかもしれない。その再生された画像も「横画面ワイド再生」にすると大きめの液晶のおかげでなかなか具合が宜しい。テロップなんかもちゃんと読めるし。

元々は音楽プレイヤー機能目的でSO903iを選んだんだけどそれ以外も予想外に楽しめ,非常に満足。ただ購入の際必要ないと思ってオプションの卓上ホルダは買わなかったのだがUSB接続を頻繁にするなら卓上ホルダは必須かも知れない。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Sheila E. | main | かみチュ・スケジュール »»
«« カテゴリ内前記事(Belden 83320E) | diy | カテゴリ内次記事(BlackGate その後) »»
2007/10/11
METEX M-3870D
[diy
どうしてもインダクタンスの計測が必要となったので,秋月電子でインダクタンスが測れるデジタルマルチメータ,M-3870Dを買ってきた。値段はテスターとしてはチョッと高めの11,200円。でも,インダクタンスが測れるとなるとお買い得品。

取りあえず動作チェックも兼ねてコンデンサの容量とか測っていたら,途中からOL表示(オーバーロード)されっぱなしになりビープ音が鳴りっぱなし,って言う状態になってしまった。電源入れ直しても症状の改善は無し。壊れたか???あと,インダクタンスのほう,アウトプットトランスのインダクタンスを測ってみたのだが,CircuitMakerでシミュレーションをして想定していた値とはだいぶかけ離れた値が表示された。こんなものだろうか???

返品交換してもらえるとうれしいのだが,取りあえず電話して聞いてみようキャラしょんぼり

posted at 2007/10/11 23:17:39
lastupdate at 2007/10/11 23:17:39
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
macoteauが決済するの?
at 2007/10/13 14:27:54
このコメントは認証後に表示されます
by 中川豊作
at 2018/06/11 19:23:10
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字