[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 08   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2009/04/28 :: デジタルカラーグレーディング
っていうがあるそうです。深夜のTVでやってた。

どういうものかというと映画などの映像をデジタル処理で色補正を加えたり,映像のレタッチみたいなこと(?)をするようです。番組では主に映画(ドラマ)『赤い糸』でどのような処理がされたかを担当した阿部氏が自ら説明されていた。例えば夏祭りのシーンでは照明の足りないぶんを足したり,役者さんの顔に照明が当たりきらないのを顔だけちょっと明るめにしてあげるとか,これらはまさに写真画像で自分でも良くやってるような補正。その他『赤い糸』は夏の間だけで撮り終えたので,例えば冬のシーンなんかは空とか諸々夏っぽい色具合を冬のように細かくエディット(というのだろうか)しているそうだ。例えば冬場の丘の上を走っていくシーンの青々とした草が生い茂っている丘をまとめて枯れた具合にしてしまう。静止画だったらレタッチソフト,Photoshopで簡単にできるけど動画,しかも映画館でスクリーンに映し出せるクオリティの動画でやるってのは凄い。イマジカのここにあるシステムでやっているみたい。

驚くことばかりじゃなく写真のレタッチでも参考になるような技も紹介されていた。例えば主人公が落ち込んでいるシーンにはシアンをちょっと強めにしてあげるとまさに「気持ちがブルー」なのをより演出できるそうだ。その逆に楽しい場面,暖かい雰囲気にするためには赤みを加えてやる。また,撮影の段取り上夕方のシーンを午前中にした場合なども全体に赤みを足して,色温度を下げて,というのか,をしてやると夕方らしくなるそうだ。あと自分もロケ地巡りをしてしまったケーキ屋前のシーン。お店を正面にみるとどうしても左側に街灯が写り込んでしまうのだが,自分の撮った写真でもそうだった,これを目立たせないように,そしてお店の前で2人が向かい合う場面を印象づけるために繪の周辺を意図的に暗くしているそうだ。

以前『赤い糸』について「絵が印象的で思わずじっくり見てしまった」と書いたのですが実はカラーグレーディングを担当した阿部悦明氏の技に魅了されていた,ということだろうか。昔なら晴れるまで待つとかしただろうに何を横着な,と思う方もいるかも知れないけど,自分は音の方で日々デジタル技術を駆使して様々な事情をまさに補正し,やってる本人しか分からないだろう小技で演出を試みているわたしとしてはちょっとしたシンパシーを感じてしまった。

!!$img1!!というわけで自分もやってみた[:あせあせ:] 右がオリジナルで下が加工したもの(画像クリックで拡大表示)。

!!$photo2!!SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« SPL TUBE VITALIZER | main | レッズ対ミラン? »»
«« カテゴリ内前記事(ProTools LE) | rec pt | カテゴリ内次記事(MBox 2 Micro) »»
2007/10/25
ProTools 888|24 I/O アンバラ化
[rec pt
Digidesign ProToolsのInterface,888|24の出力をUnbalanceで受けると妙にノイズが増える現象があって,最初はケーブルのピン接続をいろいろ変えたりしてみたのだが,普通はコールドをGroundに落とすのだがそれを接続しない状態にしてみたりとかいろいろしてみたが効果がなく,いっそのこと「改造してしまえ」とプチ改造してしまいました。

ProTools 888|24 I/O アンバラ化888|24の最終的なアウトプットはコネクタ直づけの基板上にあるシングルOpAmp BurrBrown (Texas Instruments) OPA134で増幅して同社のワンチップでバランス出力を実現するDRV134が使われていて,Unbalance出力を出すためにはOPA134の出力をパラればいいだけ。念のためにOpAmpによるヴォルテージフォロワー回路を通して出力するって凄く簡単なもの。取りあえず8個あるアウトのうち7と8をアンバラ化。まぁステレオ分あれば十分だからこれで十分。

ProTools 888|24 I/O アンバラ化一応成功,と暫く使っていたのだが,そのUnbalance Out経由でエフェクト処理した音をたまたま拡大表示したら,タイミングあわせのため,もしかして逆相になってる?位相が反転していた。888|24の回路をもう一度確認してみたらDRV134で反転させて出力していることが判明。と云うことでOpAmpも単なるヴォルテージフォロワーではなくGAIN=1の反転入力回路に変更。

使用したOpAmpは手持ちで余っていたOPA604を使用。音質的にも問題なし。ノイズの方はダイブ減ってコンプを思いっきりかけてもショワショワってノイズが目立つことも無くなった。でも,何故ノーマル状態でアンバランス受けにするとノイズが増えるのだろう。DRV134のせい?張り替えてもいいのだがDIPバージョンは8pinなのに表面実装版は何故か16pinなのでなかなかやる気になれない。

posted at 2007/10/25 2:57:37
lastupdate at 2008/03/05 18:03:52
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字