[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 02   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2010/07/07 :: foobar2000 and ASIO
DAW用のPC [:吹出し:] にフリーウェアのオーディオプレイヤーfoobar2000をインストールして,サウンドクリップの簡易再生用,当然オーディオ出力は別途コンポーネントを入れASIO出力可能に,と思ったらその設定のところで必ずfoobar2000が落ちてしまう現象発生。Preferences : Playback : Output : ASIO Virtual Devicesと辿っていったところでOutputを設定するために『Add New』をクリックするとフリーズし闇雲にクリックするとこんなアラートが表示される。

!!$photo1!!

最初はコンポーネントのヴァージョンが非互換のかもと考えThinkPad T60p [:吹出し:] に同じ構成のモノを入れて見たのだがそちらでは問題なし。Official Siteに互換性アリとして掲載されているのだからComponentに問題は無いと考えるのが自然。あと考えられると言えばPCにインストールされているASIOドライバの種類による違い。怪しいと言えばPro Tools HDインターフェイス用のASIOドライバ。他のDAWソフトで一応正常にDigidesign ASIOドライバを使えるのだが他のドライバに比べると,例えばLynxと比べるとASIOドライバ固有の設定画面が表示されるまで10秒まではかからないかも知れないけど数秒はかかり,何となく危なっかしい印象。と言ってPro Tools HDをアンインストールするわけにも行かないので試しにC:\Windows\System32\digiasio.dllをゴミ箱に移してfoobar2000の設定をしてみたら無事ASIOの設定が出来るようになった。digiasio.dllが邪魔していたようだ。DigidesignのASIOはまぁ使う可能性がかなり低いのだがそのまま捨てるわけにもいかないので,もしものために,foobar2000のASIO設定後戻してみたら設定をいじらない限りは問題無く動作。ただ改めてASIO設定をしようとすると落ちる状態に戻ってしまったけれども。しかし落ちまくる状態でもASIO設定は飛ばないでそのままになっているのでDigidesign以外で出力する分には問題無さそう。

ASIO出力もできるfoobar2000はUIより音質重視なユーザーに人気が高いプレイヤーなのだが,わが愛用のマスタリング,音声編集ソフトのSteinberg Wavelab 6とあらためて比べると音質は数段落ちる,なんか押しが弱く音データを正確に表現し切れていないような印象を受けてしまう。もうちょっと差がないと考えていたのだが残念,音比較にもそこそこ使えればと思ったのだが。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 鏡音リン | main | RME HDSP Digiface 改造 »»
«« カテゴリ内前記事(SPL TUBE VITALIZER) | rec equip | カテゴリ内次記事(RME HDSP Digiface 改造) »»
2007/11/09
RME HDSPe PCI Card
RMEのAudio I/O,Hammerfall DSPシリーズ用のPCI-Express対応ホストカード,HDSPe PCI Cardをやっと購入できた。EUではもう夏頃から販売されていたのだが日本国内ではやっと今月初めに発売となったもの。発売と同時にお店に並ぶのかと思いきやそうはいかなくて,まぁ需要はそんななさそうだし,発売日の11月2日にロックオンカンパニーで在庫確認して無かったので取り寄せて貰って昨日やっと入手。単なるホストカードなのに値段は税込み5.5万円。高いキャラしょんぼり

早速わがCubase専用機,マザーボードはMSI K8N Master2-FAR,にインストール。無事動作。K8N Master2-FARはPCIスロットの構成がSLI対応のPCIe x16が二つ,PCIe x4が一つ,PCI 32bit/33MHzが一つのチョッと変わった構成のOpteron 2xx対応ATXフォームファクターの板で,スロットを有効に使うためにPCIe対応カードの有無が結構重要だった。取りあえずx4の方に挿してみてすんなり認識。動作も問題なかった。試しに,というか本当はそっちに挿したかったPCIe x16の,グラフィックカードを挿していない方,マニュアルには「2nd PCI Express x16 slot is compatible with PCI Express x 1」と書いてある方に挿してみたのだがこちらは認識さえされなかった。IRQの問題だろうか?取りあえずx4の方で使うことにしてみた。

RME HDSPe PCI Cardカード上にはJumperでセッティングを変えられる箇所が2カ所ほど,あと内部コネクタも3カ所ほどあるのだがパッケージに同梱されていたマニュアル,というか紙1枚のインストールガイドにはそれに関する記載が無くちょっと不満。コネクタ類はオプションのタイムコードを入出力するカード接続用と思うのだが詳細は不明。Jumperの一つはシルク印刷で「Power BUS AUX」と書いてあるのでI/Oボックスに電源供給をBUS PowerにするかACアダプタによる供給をするかの切り替えだと思われる。

これで所有IOは,ProTools 24|MIX以外ではRME Digiface, RPM(DJ向けIO)とPCIe PCI Card,CardBus。そしてCardBusのEcho Indigo DJ,Cubase専用機のサブIO用のPCI Sound Card AUDIOTRAK MAYA44 MKIIとなって徹底してUSB,IEEE1394接続の機器が無い状態が継続中きらきら 実はEDIROL UA-1Aという安いUSBインターフェイスを全く使わないながら持っていますが。未だに不信感(音質的,動作的,パフォーマンス的)が強いですうっしっし

posted at 2007/11/09 22:29:01
lastupdate at 2008/03/05 18:04:46
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字