[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 10   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2011/02/25 :: Intel X25-M died
ProTools HDを含むDAW用として使っているPC [:吹出し:] をWindows 7 SP1にアップデートしようと,その前段階として「Windows 7 用の更新プログラム」(KB2484033, KB2387530)を適用して再起動をしたらBIOSのPOST(Power On Self Test)画面で起動ディスクであるIntel X25-M Mainstream SATA SSD (SSDSA2MH080G2C1 80GB)がつながっているポートのところで停止。CTRL+ALT+DELETEでの再起動でも症状が同じなので電源を一度きった後起動させたら今度は何とかスムーズにPOST画面を経過。OSも無事起動。SP1にアップデートしその行程で再起動したら再度SATAポートを探しに行ったところで止まってしまう現象再発。再度電源を切った後起動させたら今度は「NTLDR is missing」(起動ボリュームが読めないよ的な警告)と。Windows XPが入っている予備のHDDを接続して起動してみたらSSDはマウントされず。一応認識されているもののパーティションが認識されていない。SSDを外してUSB接続でThinkpad [:吹出し:] に接続してみたり,他のデスクトップに接続したものの中身どころかヴォリューム自体が認識されず。パーティションを修復できるユーティリティTestDisk等を試してみたがパーティション情報自体が読めない状態になっているようだ。更に元のPCに戻してWindows 7のインストールDVDで起動し,システム回復オプションを試してみたが歯が立たず。諦めてバックアップからリカバリーしようとも思ったがSSDがフォーマットさえ出来ない,と拒否される。

いろいろ手を尽くしてみたのだがやはりハード的に完全に逝ってしまったとみて間違いがないようなので,メーカー保証が3年でまだ期間内だったこともあり(2009年末に購入)購入店に持ち込んで,ドスパラ,修理を依頼。約1ヶ月かかるかもとのこと。

これが壊れなかったら2011年Q1,っていうから来月辺りなのだろうか,に出ると言われているIntelのSATA 6Gbps対応次世代SSDの120GBモデルに買い換えるつもりでいたのだが,予定を変更してその予測されているスペック(Read 400MB/s,Write 200MB/s)並みの性能の,今年初めに出たばかりのCorsair Performance 3 Series CSSD-P2128GB2-BRKTを修理に出したその足で買ってきた。スペックは128GBでRead 410MB/s,Write 210MB/sでIntel次世代SSD並み。ちなみに値段はほぼ3万円。

!!$photo1!!SMC PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM, Pentax K-5
帰宅後早速PCに接続,Windows 7 DVDで起動しWindows 7のバックアップ機能を使って作成しておいた10日前のバックアップをリストア。バックアップはNASにバックアップしていたのだが復元はローカルHDDじゃなくネットワークドライブ上のものでも大丈夫のようだ。ただパスを入力したりパスワード設定をしていればユーザー名,パスワードをキーボード入力する必要がありやや面倒だけど。復元は割とサクッと終わりDVDを抜き出して再起動したら普段よりやや時間がかかったものの無事起動。ボリュームのサイズが前のSSDのまま,確か七十数GBだったので「コンピュータの管理」(Computer Management)「ディスクの管理」(Disk Management)ツールで「ボリュームの拡張」(Extend Volume)を実行してパーティションはSSD目一杯サイズに拡張。OSの機能だけでバックアップからのリストアを初めてやったのだが呆気ないぐらい簡単で少しばかり拍子抜け!?

そして晴れてSP1にアップデート後におニューのSSDをCrystalDiskMark3でテスト。

!!$photo2!!

意外にReadが伸びない。オンボードのSATAが3Gbpsなのが原因だろうか。

それにしても今回の故障はたまたまなのか,それともSSDにありがちなことなのだろうか,まだ寿命に達していないはずなのだが,SSDは便利なだけに「たまたま」であったと思いたい。またSSDはスピンドルレス故何の音もしないから音で判断できない分なかなか故障しているという結論に辿り着くのに時間がかかってしまったのも新たな発見だった!?

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« RIAA EQ AMP:製作開始 | main | プープー星人の休日 »»
«« カテゴリ内前記事(RME HDSP Digiface 改造) | rec equip | カテゴリ内次記事(相棒) »»
2007/12/23
Rosendahl Nanosyncs
eBayでクロック・ジェネレーター,Rosendahl Nanosyncsを見かけ,思ったより安い入札値段からの開始だったので,$300ぐらい,入札,eBay的に言えばbidし若干競り合いはあったものの最終的には$405で落札。送料,手数料が$58.27で合計$463.27。カードの決済は換算レート116円ぐらいでチャージされ¥58,000弱。まぁまぁお得な買い物だったのではと,既にディスコンになっている機種ながら定価は¥25kだったことを考えると。

今回も,前回SPL Tube Vitalizerを買ったニューヨークにあるALTO MUSICというお店からの購入。このお店,Macoteauの物欲をピンポイントで突いてくる感じでかなりヤバいですパンチ 今もAvalon DesignのPreAmp,AD2022が$1,900ぐらいで出ていて危うくPlace Bidをクリックしてしまいそうです。送料込みで23万円ぐらいでしょうか。

クロック・ジェネレーターというのは簡単に言ってしまうとデジタル・オーディオ機器にサンプリング周波数に基づいた基準クロックを出力し機器間のデジタル同期をとる機材。1対1接続の場合などはSPDIFやAES/EBUのデジタル信号とともに同期信号も受けるようになっているが,これを複数台になると接続は煩雑になり,またマスターとスレーブの関係がややこしくなってしまう。ディージーチェーン接続で延々と繋ぐとジッターなどの原因で音が劣化する,なんてことがあり多数デジタル機器がある場合クロック・ジェネレーターを導入することが多い。また,デジタル機器はそれ単体で動作するよう通常クロックを内部で生成するようになっているのだが,その内蔵クロックが精度,安定度の面で単体クロック・ジェネレーターに劣る場合が多く,その違いは音に影響するのでスタンドアローンでデジタル機器を使っている場合でもクロック・ジェネレーターを導入する場合がある。わたしの場合主に後者の理由からですがクロック・ジェネレーターは必須機材にしてます。

Rosendahl Nanosyncs今まではこれまた昔安く中古で買ったAardverg AardSync IIを使っていたのですが,数年前某スタジオ勤務,管理?していた時にずっとNanosyncsを使っていていい印象があったので,今回安く出物を見つけて思わず購入,ってことになった。早速わがPro Tools 24MIXに繋いで音チェック。AardSync IIもNanosyncsもAudio Interface 888|24スタンドアローン状態と比較すると音の粒立ちがよくなるのだが,全体的な傾向には個性が出る。AardSync IIの方は全体がちょっと明るくなる感じ。Nanosyncsのほうは全体的な感じはAardSync IIと比べるとしっとりとした傾向で中低域の力強さがある。Vocalなど腰がある感じになって全体的にはNanosyncsのほうが好み,というか音作りがやりやすそうな傾向。DAWでの,というかProToolsの傾向なのかもしれないけど中域の再現性が悪い(サンプリング周波数48kHzでの話だけど)傾向にあるように思えるのでプラグインで,EQとかアナログ機器シミュレーターで何とかするよりはこういう地味なところをちゃんとしてやることの方がもっとも効果のある方法だと思う。

posted at 2008/03/05 18:24:52
lastupdate at 2008/03/05 18:25:56
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
macoteauがモデルチェンジするの?
at 2007/12/23 10:09:18
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字