[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2022 / 05   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2012/09/10 :: HPF to 1176AE
久し振りに,オーディオ,というかレコーディング機器関連のディープなお話。3月にアップしたあるコンデンサに関するエントリのその後,です。

Daytonのフィルムコンデンサを組み込んだ機器はUniversal Audio 1176AE。電解コンデンサはすべて交換しているし(Elna Silmic IIとJensenに交換),インプットトランスはヴィンテージのオリジナルUTC O-12に交換してるし,もう1176AEオリジナルの音がどんなだったか思い出せない程改造してしまっているのに,さらなる改造を施してしまった。

改造内容は50Hz以下の低音をカットするハイパスフィルターの搭載。今年の初め頃にハイパスフィルター(ローカットフィルター,HPF)を搭載していないマイク・プリアンプを使い始めたので,その関係上。若干時間は前後してしまうのだが,ShureのA15HPというインラインのHPFも試してみたのだが,スタジオ・レコーディングには質の面で今ひとつという印象を受けたので,やっぱり1176AEにHPFを内蔵してしまおうと相成った。

レコーディングにおいて,特にVocal Recording,HPFは必ずしも必要では無いのですが,録音後EQプラグインでカットすればいい話でもあるし。ただ,編集のしやすさ,効率化をはかるなら,録る段階で数十Hzオーダーの周波数はある程度オミットしておいた方が都合がいいからです。例えば空調関係,或いは何らかの振動で20Hzぐらいの音が絶えずある程度の大きさで収録音に混入しいたとします。この時波形のゼロクロスポイント(交流振幅の中心となるぽいんと)は25msecに一回現れ,波形の1周期は50msecとなる。音同士を波形レベルでつなげる場合,ゼロクロスポイント同士で接続すると最もスムーズに出来,20Hzの信号が混入している場合25msec毎,波形の振幅を考えれば50msec毎に接続するポイントがあることになり,接続する音の一方を最大で25ms移動させる必要が出てきてしまう。25/1000秒,1/40秒,たいしたこと無い時間にも思われるが,BPM120の場合,一拍960 ticksのとき48 ticksになってしまう。もうちょっとで64分音符程度の時間。波形を繋ぐためにこれだけの時間を移動させてしまっては,楽曲中におけるタイミングは結構印象の違うものとなってしまう。では,どうすれば,と云っても話は簡単で,殆ど音に影響を与えない数十Hzレンジの低音域を,録音の段階で,ADCに入力する手前でカットしてしまえばいい。それでHPF,というわけ。

1176AEへの組み込みはXLRコネクタの直後にフィルムコンデンサを挿入する形で実現してみた。その後に続くINPUTアッテネータとの組み合わせでHPFが形成される。ただし,INPUTアッテネータのポジジョンによっては若干カットオフ周波数がずれてしまうのだが,それはアッテネータの両端辺りなので実用上問題無いだろうと判断。そして,HPFを必要としない場合はターミナルの方から入力しコンデンサを介さないようにする。音の方は,選び抜いた甲斐あってか(?),殆ど変化無く低音域だけをカットすることができた。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
フィルムコンデンサはむき出しのままではなく銅板でシールドしてます。このアイデアはたまたま見かけた『YAMAHA NS-10M フルチューン』というページにインスパイアされたのと,前出「今年の初め頃に導入した」Mic Preampの入力段において使われていた大きめのフィルムコンデンサに似たような処置が施されていて,そのまね。0.5mm厚の銅板をコンデンサに巻き付け,ハンデで封をし,純銀線をハンダ付け,それをケースに接続しグラウンドに落としてます。

殆ど「空中配線だし,念のためのノイズ対策」つもりだったのだが,その銅板によるシールド前と後をそれぞれ録音して比較してみたら意外と違いが出た。シールド後の方がやや落ち着いた,しっとりとした感じになる。この文章を書きつつ,シールドしたことによってグランドとの静電容量を持ってしまったから!?と思ったのだが,ハイ落ちしているわけでも無く,結果オーライと云うことで[:あせあせ:]

と云うわけで,Dayton MPF 10µF (±5%)をバランス信号のHOT,COLD両方に挿入した周波数特性はこのような感じ。

!!$photo2!!

赤いラインは元々の特性。減衰カーブは割と緩やかでAvalon DesignのM5のHPFと似たような特性になっている。この程度でも,完全カットとは行かないけれども,上記目的には効果有り。

お勧めな改造,と云うわけでは無いですが,ノイズ対策を工夫すれば外付けでも行けそうなので1176系を使っていて録音段階でローカットしたい場合,一考の価値がある処方,かも!?

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments

Pageview Ranking
«« BGM started. | main | 01月24日のココロ日記(BlogPet) »»
«« カテゴリ内前記事(Avalon Design M2) | rec equip | カテゴリ内次記事(VT737sp vs M2) »»
2008/01/24
Neumann TLM127
昨年の秋ぐらいから新しくマイクを購入したいと考え,真空管ドライブだけど割とオールラウンドに使えそうなAudio Technica AT4060を候補にして,中古でもいいので何となく安い出物を探していた。海外のショップでは新品で$800前後,それでも国内で買うより大分安いけど,もう一息$600ぐらいのがあればと探してた。それにしてもAudio Technicaのプロ用マイクって何で日本国内では高いのだろう。1ドル=200円換算ぐらいなのかなぁ?

そんな折,eBayでNeumannのTLM127,中身は新品だけど一度パッケージを開封しているものが約$1,000で出品されているのを発見。ただし専用サスペンションが付属せず木箱も付属しない一番シンプルな構成のものなのだが,それが国内だとセットで市場価格28万円ぐらいのものが$1,000って,安い拍手

ただ,NeumannのTLMシリーズは余り使ったことがないし,昔一度エントリークラスのTLM103(それでも10万円ぐらいはしますが)を,とある女性ボーカルで他に選択肢がなかったためやむなく使った時やたら高音域が張り付く感じ,なんか飽和しまくっている感じにワンコーラスも終わらないうちに曲を止めてマイクを交換したぐらいで,余りというか全然いい印象がなかった。その時使っていたマイクプリは確かAMEKのChannel in a Boxだったのでそれと相まってひどいことになったのかもしれないけど。TLM127に使われているカプセルがTLM103に使われているK103のモディファイ版のK127を使用していると言うことで懸念が増幅する。でも,ネットで海外の製品レビューなんかを見てみると(日本国内では見かけなかった)確かにHigh上がりな傾向だけど基本的にはしっかりした音で,オールラウンドに使えるようなことが書いてあったので「これは結構使えるのか」と。また同じNeumannの定番中の定番U87Aiよりも明るくてAudio Technica系,まぁAT4060よりはシャリシャリしていないのだがあればベストとは思っていたので「これはもしかしたら丁度いいのかも」と。ここのところ断続的にレコーディングしている女性ボーカル,87だと暗すぎるしAT4060だともうちょっと押さえたい感じ,がまさにそんなキャラのマイクとマッチしそうな感じがする。それに当初の候補AT4060,ここのところよく使う何れのスタジオにも常備されているのでわざわざ自分で買う必要もないか,と。そんなことを考えていくうちに我が購買意欲はすっかりカタパルトにセットされ,いざ発進。

Neumann TLM127多少の競り合いはある程度覚悟していたのだが,競り合いも無くすんなり落札。あっけなく$1,000でGET。送料はNYからで$43。クレジットカードには換算レート:111円ぐらいで計算された請求があり,送料込み日本円で¥116,000ぐらい。新品だというのに国内の半分以下,TLM103並みの値段。安いのは良かったが競り合いにもならないほど不人気なのかと多少の不安を抱きつつ,一週間も経たないうちにブツが到着。中身は確かに新品。珍しいブラックもなかなかAudio Technicaっぽくていいかも?

それで肝心の音の方はというと,こればっかりは自宅で音質チェックというわけにも行かないので,いきなりの実践投入で様子見。丁度,生もの中心の,よく考えたらオール生かも,レコーディングが暫く続くのでマイクテストにはナイスタイミング。

まずはDrums,KickのOutsideに使っていたNeumann U47fetと置き換えて使ってみた。U47fetのようなテンエムのウーファーを激しく痛めつけるような100Hzのちょい上辺りのピーク感もなく,しかしLow Endまで十分に延びていて扱い安い感じの音が録れた。男性Vocal(Soul・Funk系)にも使ってみたのだが,Mic PreAmpにAvalon Design M2を使ったせいもあるのか,高音域成分まで非常に滑らかできめの細かい音をしている。TLM127の説明書に書いてあるのだが,EQのShelvingでHighを挙げるより自然になだらかにBoostされる,最大で+3dB,みたいなことが書いてあるのだがまさにその通りで,明るいけどDIP感はなく,ほどよくクリスピーで心地がいい感じ。特性的にはPro ToolsのPlugin,McDSP FilterBankのShelvingのSlopを1.0にセットしFrequencyを十分低いところからあおったような感じに近いかも。そういう設定でFilterBankを使うことが多いので,特にVocalではMacoteau的には好都合な特性のMicかもしれない。同じVocalistの大分前に録音したテイク,確かNeumann U67とGML 8300との組み合わせだったろうか,と参考のために聞き比べてみたのだが,確かに独特の音の太さとかHighのシルキーな感じは無いもののまた違う存在感,力強さを再現するのに適しているように思えた。あとTrumpetにも使ったのだがAKG 414などとはまだ違う明るさ,ピーク感のないナチュラルな明るさでなかなかよろしかった。アコギにも使ってみたのだが,シャリシャリな響きが欲しかった場面だったので一度はTLM127でトライしたものの最終的には手持ちのAudio Technica AT4047にしてしまった。

と云ったところで,速くも結構お気に入り。今のところいい買い物をしたと言えるでしょうか。何たって$1,000で買ったんだからコストパフォーマンスは高すぎクラッカー ただ30万円弱のマイクとしたらまぁ値段相応な印象。日本国内では市場価格がU87Aiとほぼ同じで価格レンジからするとU87Aiのトランスレス版のリファレンス・モデルぐらいの位置づけなのかと思われるが,音の方もU87Aiとは毛色は違うもののオールラウンドに使えるMicのように思える。むしろU87Aiのような時として中低域が変にモコッとした感じになってしまうことが無いのでU87Aiよりも使いやすいかもしれない。

posted at 2008/03/05 18:23:23
lastupdate at 2008/03/05 18:23:45
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字