[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/05/24 :: ヘッドホンアンプ製作記 #4
!!$img1!!いろんなことがありつつもやっと完成,というか思いつくことは全部盛り込めたのでひとまず終止符という感じ。土壇場でやっぱりピークインジケーターが必要と考え,各入力のレベルあわせに使うため2色LEDを使った簡単なインジケーターも付けてしまった。当初はただのヘッドホンアンプにするつもりでいたのだが,あれもこれもと付け加えていったら「ディスクリートのヘッドホンアンプがついているコンパクト・モニタコントローラー」って感じになってしまった,かも。
!!$img2!!で,材料費はコンデンサにBlackGateとかMuseシリーズとかを使いちょっと贅沢し,ケース(タカチWS44-20-33S)も少し奮発し,ボリュームも東京光音 CP601(蛇足だけど「東京音光」という会社もあってそちらはアダルト動画配信とかやっている)とかを使ってヘッドホンアンプ部分だけで2万6千円程度かかった。電源部は昔作ったけど今は使うこともしなくなったエフェクターから移植したのでその分も含めるとさらにプラス一万円,ってところだろうか。そして他の部分,三系統のバランス入力回路,リレーを使ったセレクタ回路,モニタアウト用のボリュームとかバランス出力回路,そしてピークインジケーターが約2.1万円で総合計5万円弱。電源部も上乗せすると6万円,結構かかっている[:ほえーネコ:] これでも割とコストには留意した方で,これを例えば全抵抗をDaleにするとかボリュームも1個5千円ぐらいのものにするとかしたらさらに云万円コストアップするわけで,今のところここら辺が限界,というか妥当なところかと。

!!$img3!!コストパフォーマンスのほうはというと,ヘッドホンアンプ部は材料代の倍ぐらいの製品を音質的に凌駕してほしいんだけどその手の製品を比較試聴とかしっかりやったことないので正直なところよく分からない(Cue Boxの音なら脳内メモリにデータがあるのに)[:わからん:] ここは一つその手の集まりに飛び込むべきか[:ダンス:] 気分的にはLehmann audioのやつに勝るとも劣らないぐらいになっていて欲しいのだが無理な話か[:ゴメンお願い:]

細かいところ等は,ヘッドホンアンプ部に関しては基板元の『お気軽オーディオキット資料館』さんにて詳細はPDFで公開されているので,他の拡張している部分,入力回路とかは回路図などを交えつつ今後小出しにしたいと思っています。回路をなるべくシンプルにしたせいか,当初はミキシングアンプも付けて各入力をミックスできるようにとも思ったのだがそれだとOpAmpを2回余計に通過させなければならず音をなるべく劣化させないコンセプトにそぐわないのであきらめた,民生機の信号レベルを,-10dBVをプロ機器用レベル,+4dBmにするゲインアンプとしても十分使えるものになってしまったので(?)それだけでも使い出があると思われる。TASCAMのLAナントカよりかなりまともな音になっている,と思う[:チョキ:] スタジオに結構導入されているそのLAナントカ,結構音が変わる,というか劣化する[:どくろ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Belden 83703 | main | Ultimate »»
«« カテゴリ内前記事(Belden 83703) | diy | カテゴリ内次記事(ハイテクピンセット) »»
2008/02/24
83703 vs 88760
[diy
と云うわけで前回の続き,Belden 83703と88760の聴き比べをしてみました。

83703 vs 88760てっきり,見た目から察するに違いが分からないぐらいその音は似ているのではと想像していたのだが,意外と違う。88760と比べるとムチッとしている,ローがより膨らんでいる感じ。音が太くなると言えば確かに太くはなってるんだけど,88760に慣れた耳ではちょっとボワッとし過ぎているように感じてしまう。ただ音の分離具合は88760ほどすっきりではないけどちゃんとしているのでゴチャッとした感じにはなっていない。

高音域の方は88760がスムーズにハイエンドまで達している感じなのだが,83703の方は低音が膨らんでいるせいかハイエンドに渡る部分が明瞭でなくいきなりハイエンドに達している印象。何となくだけど同じBeldenの8412に近いかもしれない。

Doubleのベスト盤をテンエムでならして「気持ちいいなぁ」って思ってたんだけど83703が大分効果的に働いているみたい。それはそれでリスニング用にはいいけどモニタリング用にはどうなのよ,って気がしないでもない。

posted at 2008/02/24 3:54:41
lastupdate at 2008/02/24 3:54:41
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字