[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2011/07/01 :: 2520 op amp
約一ヶ月前,eBayにAPIのディスクリートオペアンプ,2520の中古が複数出品されたので2個程落札してみた。中古といっても出品者の説明では一応ヴィンテージの部類に入る90年代中頃のものらしい。Vintageというと80年代を通り越して70年代をイメージしてしまうのだが値段もプレミアが付いたようなところまでいかなかったのでいい具合に落札出来た。ちなみに値段は2個で送料込み17k円程度。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
左がその今回購入した2520。右は現行8200Aに使われていたおそらく2008年製の2520。外見的には製造時期の印字があるかないか程度。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
裏面はVintageの方が使われている樹脂の種類が違うのか,あるいは経年劣化によるのものなのか艶消しのようになっている。

Summing Mixer 8200Aで2520を差し替えて聴き比べてみたらビックリ,見た目以上の違いが確認できた。90年代2520の方が張りがある,押しが強い印象でKickなどがより出てくる傾向。ただ逆に低音がリッチになった分全体的な分離具合が少し甘くなったような印象も受ける。粒立ち具合は現行品の方がいいかもしれないが全体がややこぢんまりしているかもしれない。

と云った傾向を確認して2台ある8200Aの内,リズム系のまとめに使っている方を90年代2520に換えることにした。90年代ものでも結構違うことを今回再発見。デジタル,ADCやDAC等は1990年代と2000年代では大きく違っていると肌で感じていたのだがAnalogでも違いがあることは少しばかり意外だった。実際どうかは分からないのだが2006年以降のRoHSの影響なのだろうか。鉛を使っていない分……なんてことはないと思うのだが[:あせあせ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Vista タスクバーのフォント | main | 03月20日のココロ日記(BlogPet) »»
«« カテゴリ内前記事(Vista タスクバーのフォント) | thinkpad | カテゴリ内次記事(Windows Media Center) »»
2008/03/20
Windows Vista SP1
Windows Vista SP1やっぱり我慢できなくてスパーク2Windows Vista Service Pack 1を入れてしまいました,ハイチョキ

450MB近くのスタンドアロン版をダウンロードして,HDDのバックアップをThinkVantageのRescue and Recoveryでやった後アップデート開始。自動的に再起動をするオプションを選択しておいて1時間あまり放っておいたら何事もなくアップデート終了してしまいました。

SP1ではファイルコピーの速度が向上とかネットワーク上のドライブからのファイルコピー速度が向上すると言われていましたが,確かにこれは実感できるかもしれない。NAS(Logitec LHD-LAN250G,過去の記述)をネットワークドライブとしてマウントして日常的に使っているのですが,SP1適用前だと時としてフォルダを開くだけでさえエクスプローラが硬直してしばらく待たされるようなことがあったのですが,SP1適用後はXP SP2並のサクサク感で使えるようになった。まだアップデートしたばかりなので効果がはっきりと現れているのかもしれないがこれだけどもSP1にした甲斐があるかもしれない。また,ディスク上に様々なファイルへのアクセスがよりスムーズになったのかエクスプローラがサクサク動くような気がします。試しにフォルダ「System32」も瞬時に開く感じです。

互換性ですが,Becky! Internet MailとかFirefoxとか普通に動いてATOK 2008も問題なし。Googleデスクトップも問題なくKaspercky Anti-Virus 7.0.1.325も平気。一番懸念していた音楽系,Audio InterfaceのEcho Indigo DJ,Driver version 7.3もOKで,RME HDSPも問題なかった。ソフトではDigidesign Pro Tools LE 7.4cs3(MBox Micro)がとりあえず再生では問題なし,Steinberg Cubase 4.12とWavelab 6.10も問題なさそう。そうそうThinkVantageの今のところ不都合は無いみたい。

SP1を入れるにあたってちょっと気になっていた言語パックに関してだったがそれもいらぬ懸念だった。ITmediaの記事「Windows Vista SP1を検証してみた」の中で「言語パックが使用不可能に」って書いてあるが,確かにSP1適用後はWindows Updateでオプションとしてリストに現れなくなるが,SP1適用前にインストールしている言語パックが消えて無くなるわけではなくSP1的用語も表示言語の切り替えはできるようだ。ただ,わがThinkPad T60pにインストールしている言語は日本語と英語だけなので,もしかしたら今回のリリースされた5カ国語(日本語,英語,仏語,独語,スペイン語)だけ可能なのかもしれない。

IT系のネットニュースを見ると「意を決して」やらないといけないぐらい大事のようだけど実際はそれほどでもないようか気がした,実際やってみて。単にラッキーだったのか?あとSP1より前のアップデートを施していればSP1はその集大成だから慌てて入れる必要がないと言われているけれども明らかにディスクアクセス等の処理がスムーズになったように感じられるのでそこら辺でVistaに不満を持っているなら積極的にSP1にしても良いのではなかろうか,と。これなら「Vistaにして良かった」って素直に思えるかな。まぁ「本来そうあるべき」ところへようやく到達できただけなのかもしれないけどあせあせ

4月22日からSP1でもWindows Updateで各言語パックがインストール可能になりました。

posted at 2008/03/20 5:03:47
lastupdate at 2008/04/23 2:39:21
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks
とうとう出ました。豆にアップデートしているのですが、やはり、時にバグがあって、再起動を余儀なくされたことがありました。今度のSP1では、以下の点が改良されているようです。
blog name :: 教師力向上ルーム
at 2008/03/20 12:47:06
 

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字