[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 08   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2013/04/11 :: Furutech FP-3-117(R)
BNCケーブル(オーディオではWord Clockに使われる)を新調しようと,BNCプラグのうちコンタクトがロジウムメッキで比較的廉価なFurutechのFP-3-117(R)を調達しに秋葉原の小柳出電気商会に行ってみたら,1個しか在庫がなく,実はその前日に検証のため1個,というか1セット購入済,店員さんの話では需要が殆どないので極少量しか在庫を持っていないためそれなりに数量が必要な場合要事前確認とのこと,スマートフォーンで調べてヨドバシカメラで取り扱っていることを確認し,足りない分を確保しに直行。

で,GETしたのがこれら。3個捕獲でヨドバシでも絶滅。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
そう,一つだけ様相が異なり,値段も安い。2個セット¥3,180にたいして¥2,380。見た目,ハウジングに金メッキが施されてる風!?と,思ったもののパッケージを空けてみたら,何のことは無い,長い間展示しすぎていてパッケージの透明部分が変色して金色に見えているだけだった[:雫:]

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
外見を比較してみると,ロゴ文字の大きさがちょっと違うのと,コンタクト周辺の絶縁の構造が違う(左が現行品)。

!!$photo3!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
パッケージ裏面を見てみると現行は「FURUTECH独自のα(Alpha)Prosecc処理(-196℃の超低温処理+特殊電磁会処理)」により物性が安定し,より繊細で深みのある音質と画像を再現します。」という文言があるのだが,旧パッケージにはそれに我該当する部分がない。値段もその辺を反映している!?

FP-3-117(R)はCANAREのBCP-H3B(3C-2V用ハンダ式BNCプラグ)の置き換え目的で,金メッキよりロジウムメッキの方がいいかも,Word Clock用だし音にそんな影響は少ないとは思うけど,程度のつもりだったのだが……その辺の比較は次回で。CANAREのものは1個600円程度から買えるので,1個あたり1500円程度のFurutech,倍以上の価格差が出ているどうか[:あせあせ:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 04月17日のココロ日記(BlogPet) | main | PSP退院 »»
«« カテゴリ内前記事(Neumann TLM127) | rec equip | カテゴリ内次記事(Avalon Design M5) »»
2008/04/18
VT737sp vs M2
Avalon Design VT-737spというと,今やAvalon Designでもっとも人気のある機種であろうチャンネルストリップ(アナログコンソールの1ch分を抜き取ったようなOutboardということでこう呼ばれている,と記憶している。一般的にはマイク・プリアンプ,コンプレッサー,EQ等の機能が備わっている)で,自分の場合はスタジオにあれば真っ先に使う機材だった。でも前々から「Avalon Design」という名前から期待する出音とはちょっと違うような違和感みたいなものをずっと感じていた。まぁAvalon DisgnといえばHigh-Voltae Pure Class A100% Discreteが売りのAD2000シリーズで,真空管回路を採用しているVT-737spやマスタリング向けのEQ & Comp,VT-747spは「もう一つのAvalon」という感じで違うのは当然なんだけど,今までその違いをちゃんと把握していなかった。まぁ唄録りとかだったらManleyとかNeveクローンよりはちゃんとしているし,ぐらいの認識だった。

今年初めぐらいにやったレコーディングでスタジオを転々と変えてやったものがあって,その中でたまたま同じVocalist,同じMic(自前のNeumann TLM-127),個体は違うけれども型番が同じのコンプ(Urei 1176LN Silver Panel),でマイク・プリアンプだけがVT-737spと今は生産中止となっているDual Mono Mic-Preamp M2(過去エントリ)とが違うだけの機会が訪れた。厳密にはスタジオが違うので完全にイコールコンディションでは無いのだが(コンプの個体差も当然あると言えるけれども)レコーダーにはともにPro Tools HDの普通のセットを使っているので「ヴォーカルの音質の違い=マイクプリの違い」と言っても差し支えないぐらいだと思われる。

で,違う環境で録音した二つのSession FileからVocal TrackをImportして比較してみた。Avalonらしいといえるだろう透明感があって,滑らかでいてきめの細かい上品なハイレンジを再現しているのはM2の方だった。それと比較してVT-737spの方は丸い音,落ち着いた音。悪く言ってしまうとM2との比較だと地味に感じてしまう。ただM2だと派手になりすぎると感じるならしっとりとした音のVT-737spの方が有利だろう。ハイは出てないことはないのだがM2に比べるとないがしろにされている,雑に扱われているような印象がしないわけではない。

Macoteauの好みとしては,唄録りに使うマイクプリとしたら,派手なオケの中で殆どノンEQだけれども存在感と輝きを放つ,まるでマンUのCロナウドのようなVocalを録りたいのでM2ですね?サッカー? しかしM2はもう中古でしか入手不可能で,その中古も市場に出回ることも殆どないのでAvalonらしいマイクプリアンプとなると現行機種のDual-Mono仕様のAD2022かMono仕様のM5なのだが,いつまでも「欲しい,星井」と言うだけだと思ったら大間違いどんっ ということで次回に続く。

posted at 2008/04/18 22:13:35
lastupdate at 2008/04/18 22:13:35
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字