[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 01   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
31
F
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/12/16 :: Tube Mic-Preamp 製作記:LL1517
!!$img1!!9月から亀の歩みで作っていた真空管マイクプリアンプの出力トランスをルンダールのLL1524からLL1517に交換してみました。いよいよこれで完成です,おそらく[:きらきら:]

Lundahl LL1524はトライテック(MA関係のスタジオ設備工事とか関連機器の販売などをしている会社)から通販で入手したのですがLL1517はトライテックでは扱われていないので,Lundahlの国内販売代理店のアムトランスに注文(WEBの通販ページにリストアップされていないがメールで問い合わせると該当製品の在庫状況や値段を教えてもらえる)。最初,在庫がなく1ヶ月ぐらいかかるかもしれない,ルンダール自体の生産が遅れ気味なので,とか言われたのだが1週間後ぐらいには入荷してしまった[:チョキ:] 値段は1個¥8,000。ステレオ分で¥16,000。出力トランスとすればどちらかと言えば安い方だが,たかが電子部品と考えるとそれなりに手応えのあるお値段[:あせあせ:] タモリ倶楽部でコブクロも出演したハイエンドオーディオの世界を見たけどアレに比べたら1個8千円のパーツなんて超安物って感じ。

LundahlではUnbalance用でもいろいろ種類があり,Gyraf Audio G9でも使われているLL5402でよいかと思ったのだがLundhahlのリストには「Max Prim. Level@30Hz : +18dBU」とちょっと低めだったので+24dBUまで受けられるLL1517にしてみた。Static resistance of each primaryの値が高いLL1585の方が今回製作しているものにはより合っているのか,と今更思っているのだがこれは今後の課題,でしょうか[:あせあせ:]

周波数特性の比較は下の通り。赤線がLL1517で青線がLL1524。高域の0.5dB程度の減衰はAudio I/Fの特性でプリアンプ自体はフラット。


グラフで見るとほぼ一緒。LL1517の方がピークが20Hz以下に移動しているでしょうか。音質は,予想ではそれほど変わらないと思っていたのですが意外と変わった。中低域がよりふくよかになった感じで,有り体の言い方をすればより太くなった感じ。周辺回路の定数との兼ね合いなのかトランス自体の個性なのか判別できないのだがまぁ結果オーライ。20Hz当たりでは1kHzと比較して15dB上がってしまっているが,これはお手本となっている某Dual Mono Mic PreAmplifierとほぼ一緒なのでスルー。ただお手本の方が傾斜がやや急なのだが。 余ったLL1524はパッシブのダイレクトボックス,というかバランスラインのアイソレーター的なものとしてケースに入れて使うつもり。これを挟むことでシルキーになるのは実験済なのでお手軽エフェクターとして使う予定。CD3300のアウトに使うのも面白そうだ。

と云うわけで完成,なのだが新たな課題もあって,また違うダンジョンに足を踏み入れてしまった感じ。出力トランスもそうなのだが電源ラインに使用している電解コンデンサ,現状JJ製を使っているのだがこれを換えるとどうなるのか,なんて思うとハァハァしてしまう!?こんなことしてたら製作費数十万円になってしまうわけですが。一応既に大台は超えてますが[:くす玉:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Buffalo DT-H30/U2 | main | 上納金でがっちり »»
«« カテゴリ内前記事(Wood Beez) | musique | カテゴリ内次記事(Kimono Club @ Shibya Ruby Room) »»
2008/06/23
SHM-CD
Super High Material CD,超高品位素材CDと訳せばいいのでしょうか,略してSHM-CDというのがユニバーサルミュージックから発売されている,ってテレ東の『ワールド・ビジネス・サテライト』(WBS)っていう番組で知りました。

ユニバーサルミュージックと日本ビクターの共同開発によるもので,CDの記録面を保護する樹脂を

従来のCD素材とは別種の液晶パネル用とのポリカーボネート樹脂を使用することにより,さらに透明性を向上させ

高音質化したCD,みたい。CDのデータを安定的して正確に読めるようにすると音質が向上するというのはよく言われる話ですが,それをプレーヤでは無くディスク側からアプローチするというのは発想の転換,面白いかもしれない。

WBSのレポートにもあったかもしれませんが,SHM-CDの現在のラインナップを見てみると,かつてはオーディオにはまっていた,あるいは今もPure Audioな人たち,中高年向けな感じ。7月一杯までやっている『SHM-CD SUMMER キャンペーン2008』のプレゼント品をみると一般人にはついて行けない感じあせあせ ロック・ポップスで割と新しめでも80年代!?限定生産の『これがSHM-CDだ!〜ロックで聴き比べる体験サンプラー』は17曲入りで1000円ってのはちょっと惹かれるかも。

posted at 2008/06/23 23:32:15
lastupdate at 2008/06/23 23:32:15
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
本当にかわるんですかね?
って思うに、なぜこんなのが今更なのか?
結局エラー訂正なり補正しているという事自体
嘘だと言ってるように見えるのですが。
製作サイドからどう思われますかね?
by みけねこ
at 2008/06/25 23:10:32
Audio CDはディスクの状態がある程度悪くても正常の音を再生できるようエラー補正は必須となっていて,このエラー補正をなるべくさせないようにしてやると,音質が向上する,少なくともよりデータに忠実な再生が出来る,と言いますね。

ちょっと話は違うのですが,昔CDの最大64分と80分との容量の違いによる音質の違いがあるのか試したことがあったのですが,当時の技術のせいもあるかもしれませんが密度に余裕のある64分の方がダイナミックレンジがより広く音が良かったことがありました。正確なことは分かりませんが,データを余裕を持って読める64分の方が有利だったと思われます。

ですので樹脂の透明度を上げてデータをより読みやすくする,というのは理にかなっていてきっと効果があると思います,たぶんあせあせ
at 2008/06/26 2:11:08
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字