[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 11   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2014/02/10 :: CPU usage, Master fader vs Aux input
たいした話ではありませんが,Avid Pro Tools HD 10.3.8 for Windowsでちょっとした発見をしました。と言うと大袈裟,自分一人がたんに知らなかっただけかもしれない話。

その発見とは,例えば下の図のようなオケ全体を一度Aux Input Trackで受けて,自分の場合はアウトボードのSumming Mixer (API 8200A*2, SPL MixDream XP)ですべてを混ぜるのでInputはそのMixerのMaster OutをADCしたものとなりますが,InsertにMaster Bus用のPluginを使用し,下図の場合はFabFilterのMulti-Band CompressorのPro-MBとEQであるPro-QをInsertしています(両方ともAAX Native),最終出力にMaster Fader Trackを設定しレヴェルオーバー回避とディザリングのためのPlugin,図の場合ではSlate Digital FX-GをInsertしています。

!!$photo1!!

この時のCPU使用率(CPU (Native)の項)は約58%。

次にInsertするPluginをすべてMaster Fader TrackにInsertしてみると,Aux InputとMaster Fader TrackではFaderの場所が前者はポストなのに対して後者はプリの違いはあるが最終出力音はほぼ同じだしCPU負荷もほぼ同じハズと思われるのだが下の図の通りCPU使用率が増えてしまうことに気がついてしまった。

!!$photo2!!

約10%程増加している。この現象はFabFilterのPluginに限らず,例えばSlate DigitalのVBCやPlugin AllianceのMaster Busに使うような負荷の重い部類のPluginも数値的にはばらつきはあるものの結果は同じだった。つまりMaster Fader TrackにNative PluinをInsertするとAux Input TrackにInsertした場合よりCPU負荷が増加する。すべてのAudio Track,ADC Return以外のAux Input Track(例えばSend Effector用)はMaster Out以外のAudio Outputにアサインしているので最終出力のMaster Fader Trackの,例えば内部Summin回路に殊更負荷があるとは思えないのだが。

ちなみにCPUはAMD Opteron 8439 SE (2.8GHz 6core)を2個使用し,Pro Tools HDのPlayback Engine設定ではHost Processors: 10,CPU Usage Limit: 90%を割り当てている。それでCPU使用率50%以上って多すぎかもしれないけれどもPTHD10 にしてからFabFilterもそうだけどTDM非対応のPlugin,Slate DigitalやPlugin Allianceのものを積極的に使うようになってしまったので50~60%は割と普通になってしまった。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« T60p HDD置換 | main | リケルメぇ »»
«« カテゴリ内前記事(T60p HDD置換) | thinkpad | カテゴリ内次記事(ThinkPad液晶交換) »»
2008/07/27
T60pでAHCI
AHCI(Advanced Host Controller Interface,Serial ATA 2.5で拡張された機能にネイティブ対応するインターフェイス)って全然関心が無くて,というか単にホットプラグ関係ぐらいのことと思っていたのだが,ThinkPad T60p 吹出し のHDDを置換したあといろいろ調べていたらAHCIにすると性能が向上するとかしないとか,サウスブリッジにIntel 82801GBM (ICH7M)を使っているT60pも一応対応しているようなので試してみた。

やり方などはHi's wayさん「SB700をAHCIで使う方法」と言うエントリが分かりやすかったのでそれにならってやってみた。レジストリ変更はMicrosoft Help and Supportによると「ブート ドライブのSATA モードを変更した後で Windows Vista ベースのコンピュータを起動すると、エラー メッセージ "STOP 0x0000007B INACCESSABLE_BOOT_DEVICE"が表示される」ことへの対処,らしい。レジストリ変更後再起動,そのままF1連打でBIOS設定画面へ。「Config » Serial ATA » SATA Controller Mode Option」で「Compatibility」となっていたのを「AHCI」に変更しF10で設定保存で再起動。ログオン後自動的にドライバが少々時間がかかるけれどもインストールされ,設定変更を反映させるため促されるままに再々起動。起動後念のためにThinkVantage System Updateで「新規更新の取得」を実行してみたらAHCI対応ドライバ「Intel Matrix Storage Manager driver for WIndows XP/Vista 32bit」が引っかかったのでこれをインストール。結構スムーズにAHCI化できた。デバイスマネージャで見てみると「IDE ATA/ATAPI controllers」のところに「Intel® 82801 GBM SATA AHCI Controller」と言う項目が現れた。Driver Versionは7.8.0.1012。

T60pでAHCIHDDも変えたばかりだし体感的に「どう?」と言われても,ログオン後のHDDへのアクセス過多で操作を受け付けない感じが軽減した気もするし,それはHDDを置換したせいかもしれないし「AHCIだから」ってのははっきりとは分かりづらい。CrystalDiskMark 2.1を使って転送速度を計測してみるとSequential Writeが10MB/s以上向上したぐらいで,それはそれで凄いのかもしれないけどあまりその変化は体感できない,かも。2.5インチHDDで70MB/sに達するのはそれはそれで凄いんだけど。

その後諸々問題ないところを見届けた後で,そのマトリックス・ストレージ・マネージャーの最新版が存在するか探してみたらインテルのところに8.2.0.1001があったのでインストールしてみた。体感的には取り立てて変化無しあせあせ デバイスマネージャの表示は「Intel® ICH7M/MDH SATA AHCI Controller」と微妙に変化したけど。

posted at 2008/07/27 13:31:19
lastupdate at 2008/08/23 8:27:23
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字