[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2019 / 11   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2012/07/12 :: X230T and mSATA SSD
ThinkPad X230T,動作チェック,Restore Mediaを外付けHDDに作成後,予定通り予め用意していた(というかW520に使っていたもの)mSATA SSD,OCZ NOCTI 120GBの装填。の前にThinkPad W520 [:吹出し:] に入れているmSATA SSD,Transcend TS128GMSA720のSATA III環境下での転送速度を調べるべくX230Tに仮にいれて試してみた。

X230TのminiPCIeスロットはパームレスト右側の下にあるので,まずキーボードを外し,次にパームレストを外しアクセスする。詳細なやり方はユーザー・ガイドの「ワイヤレスWANカードの交換」の項で説明されている。基本ねじを外す程度なのだが,パームレストはラッチを外すやや力を入れねばならずちょっとしたこつ,というか勇気?が必要かも。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8, Pentax K-5
そしてTS128GMSA720の計測結果。

!!$photo2!!

TS128GMSA720はSATA III 6Gb/sで,Sequential Read/Writeは500MB/s以上を期待できるはずなのに,結果はW520搭載時とさほど変わらず。ということはX230TでもSATA II 3Gb/sとしてしか動作しない,ってことだろうか?X230TのBIOS画面をみてみても動作モードを変える項目はなかったしSATA III非対応とみるべきなのだろう。あくまでもメインストレージは右側サイドあらアクセスできるドライブベイで,mSATAは使用してもサブストレージ扱い,ということだろうか。

という発見をしつつ予定通りOCZ NOCTIを起動ディスクとしてインストール。念のためCrystalDiskMarkで計測してみたがCドライブ使用時のWriteは今ひとつ芳しくない数値。

!!$photo3!!

それでもエクスペリエンス・インデックスの値は2.5" HDD 7200rpm使用時5.9だったのが7.6へ。

HDDからSSDへのデータ移動,というかクローン作成はAcronis True Image HomeでUSBメモリに作ったブータブルメディアで実行。10分程度でコピー終了。HDDは一度初期化してデータ用として利用。こうしてしまうと画面サイズ以外パフォーマンスも高いし十分メインとしても使えるぐらいになってしまって,W520の出番はなくなってしまうかも,なんて思うのだがW520に戻ってみると,ブラウズだけとってもより機敏なので一年落ちのハイエンド,今も健在と感じれら,ちょっとほっとする[:あせあせ:]

次回もX230Tに関して書く予定。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 人生初メガネ | main | Nero DriveSpeed »»
«« カテゴリ内前記事(Catalyst 8.7) | pc | カテゴリ内次記事(Nero DriveSpeed) »»
2008/08/04
HA06 BIOS A08
[pc
JetWayのMotherboard,HA06の新しいVersionのBIOSが8月1日付けでリリースされていたのでアップデートしてみた。本当は各所で,というか某掲示板では不具合報告多数だったのでアップデートやめようかと思ったのだが夏のネタ作りのため敢えてやってみた!?

Vista上からWinFlash.exeを使ってBIOSアップデート。終了後勝手に再起動。そのままDELキー連打でBIOS設定画面に入ってA08で追加された「Integrated Peripherals » OnChip SATA Device » OnChip SATA TYPE」の選択項目を「IDE->AHCI」から「AHCI」に変更してF10でSave & Exit。そしたら「AHCI Dirve Init...」という表示で止まってしまい何も出来ない状態に。こうなってしまうとBIOS設定画面に行くことも出来ないので諦めてCMOSクリア。

A08のままBIOS設定を以前のものに復旧して,SATAも「IDE->AHCI」にしたら無事Vista起動。取り立てて問題は無し。地デジチューナーDT-H30/U2も動作問題なし。

HA06 BIOS A081日たってものは試しに再度SATA TYPEを「AHCI」にしたら今度は起動ディスクが見あたらない,という状態にある意味進化していた!?起動ドライブはSATAコネクタのS1に接続していてオプティカル・ドライブはS2に接続している。幸いBIOS設定画面には入れるので「Standard CMOS Features」のページを見てみると案の定SATA Channel 1〜4が認識されていない模様。しょうがないので再度「IDE->AHCI」に戻して起動。何となく気持ち悪いけどまぁここは次バージョン待ちと言うことであせあせ

A08で何か変化があったかというとこれと言って今のところ見あたらない。ただDT-H30/U2視聴時ノース・ブリッジのSpeedfanで見る温度が若干下がった!?A07の時はだいたい60℃台後半だったのが前半になったような気がしないでもない。

posted at 2008/08/04 18:57:20
lastupdate at 2010/12/17 16:41:10
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字