[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2019 / 11   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« Kimono Club @ Shibya Ruby Room | main | Enhanced Audio M600 »»
«« カテゴリ内前記事(U-23日本代表 vs U-23アルゼンチン代表) | calcio | カテゴリ内次記事(決勝行きます) »»
2008/08/10
五輪サッカー日本代表男子の歴史
[calcio
ちょっと気になったので調べてみた。夏休みの宿題ノリあせあせ

初出場は1936年のベルリンオリンピック。ナチスドイツの時。この頃は参加16カ国による最初からトーナメント形式。初戦はスウェーデンと対戦し3対2で勝ち。その次はイタリアと対戦し8対0で負け。

次の出場は1964年の東京オリンピック。この頃は参加14カ国による予選リーグを行い(4×2,3×2)上位2チームが決勝トーナメントに進出する現在の形式に近くなっている。日本は予選でまずアルゼンチンと対戦し3対2で勝利。次はガーナとの対戦,2対3で負け。しかし日本は3カ国のグループにいたのでグループ2位で予選通過。ちなみに最下位はアルゼンチン。準々決勝ではチェコスロヴァキアと対戦。0対4で敗退。敗者復活戦でユーゴスラビアと対戦し1対6で敗戦。

翌1968年メキシコ大会。この大会ではご存じの通り銅メダルを獲得。予選はナイジェリアに3対1で勝利,ブラジルとは1対1で引き分け。スペインとはスコアレスドロー。結果1勝2分けで予選2位通過。ちなみにブラジルは3位で敗退。準々決勝ではフランスと対戦,3対1で勝利。しかし準決勝ではハンガリーに0対5で大敗。3位決定戦で地元メキシコに2対0で勝利し銅メダル獲得。今から考えるとブラジルとスペインに互角に戦いフランスには勝利するなんてどんだけ強豪国なんだよ,って勢い。

しかし次の出場は1996年のアトランタ大会まで28年間,6大会分出場出来ていない。好成績に浮かれて後が続かなかった,ということだろうか。であれば現在の状況と似て無くもないような。予選はブラジルに1対0で勝利。ナイジェリアとは0対2で負け。ハンガリーとの対戦では3対2で勝利し2勝1敗とするものの得失点差で3位となり予選敗退。

2000年シドニー大会。黄金の世代の活躍のおかげかトルシエの長年にわたる育成のたまものか好成績をあげる。予選は対南アフリカに2対1で勝利。スロヴァキアには2対1で勝利。ブラジルには0対1で負けるものの戦績2勝1敗で予選2位通過。しかし準々決勝でアメリカにPK戦の末敗退。

記憶に新しい2004年アテネ大会。初戦パラグアイと対戦し3対4で負け。イタリアには2対3で負け。最後の意地でガーナに1対0で勝利するもの1勝2敗,予選4位で敗退。記憶による印象ではダメだった気はしたのだが点はしっかり取っているし,しかもイタリア相手に,そこまで悪かったわけでもない。前大会よりもっと,という期待があったから落胆具合が激しかったのかもしれない。

そして今回2008年北京大会。既にアメリカに0対1で負け。もし全敗となるとベルリン大会を含め史上最悪の戦績となってしまう。まぁ「参加することに意義がある」では無いけど長らく出場さえ出来なかった時期もあることを考えれば連続で参加するだけでもたいしたものなのだが。変に慣れてしまってせいか出場するのは当たり前でややもすると予選通過さえ出来ないのか,なんてもの言いになってしまいそうになる。やはりキーマンとなる選手がいないとダメなのか。それとももう一度トルシエの時のように長期的に育成する体制を敷いて再構築する必要性があるのだろうか。得点不足はそうとう下の世代から指導法を変えないと根本解決はないように思えるし,高校サッカーなどにおける過度にトーナメントに勝つことを重視した指導も悪影響があるようにも思えるし‥‥ まぁとりあえずJの得点ランキングでベストテンの半分は日本人(日本国籍)で占める状況にならないとどうしようもない気がするんだけど。現在,日本人トップは同率4位の闘莉王って,日本人にはFW選手はいないのか,なんて言われそうな状況。そもそも日本人ならDFWが本来あるべき姿なのだろうか?

【8月13日加筆】
10日の対ナイジェリア戦は1対2で負け,13日の対オランダ戦は0対1で敗戦。従って「史上最悪の戦績」が確定してしまいました。また総得点も1点と過去最低となっています。「誇り」の意味するところはいったい何だったのでしょう。

posted at 2008/08/10 9:43:17
lastupdate at 2008/08/13 21:49:25
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字