[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2021 / 01   «« »»
01
F
 
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/04/30 :: Tube Mic Preamp Project #5
つい先日,アナログレコードをリッピング,じゃなくて録音しようと数ヶ月前に中古で購入したRME社Hammerfall DSPシリーズのターンテーブルを直に接続できるDJ向け製品,RPMを使ったら思いの外,高域が,6KHz〜8KHz辺りだろうか,痛いほどに耳につく(カートリッジにはORTOFON concorde Night Club E/Eを使用)。RPMの二つあるPHONO入力のうち一つは入力段のOpAmp,NJM2100(低電圧向けOpAmp)をアナデバのAD8066ARに置き換えたのがいけなかったのかともう一つの純正NJM2100のままの入力に変えてみたものの痛さにそれほどの変化なし。

!!$img1!!ADCのせいかと,RPMにはAKM AK4528VFが使われている,今度はオーディオ用プリメインアンプ,SANSUI AU-α607XR内蔵のフォノイコライザを通しDigidesign 888|24でデジタルに変換してみたのだが多少はよくなったものの痛さはまだ残っている。そこまでやって「レコードに入っている音がもともと痛さを狙っているのかも」と気がついたのだが,ちなみにその運悪くリファレンス用にしてしまったのはDJ Shinkwa "Pulser (DJ Shinkawa remix) / Mauro Picotto"でシェイカー系の音が鼓膜に突き刺さる,それでもどうにかならないかと1分30秒ぐらい考えてみた。

そう言えば,入力トランス調達問題とケース加工で製作途中で頓挫しているTube PreAmp,Altec 1566Aレプリカにちょっとした回路(チャンネルあたり抵抗2本とコンデンサ2個でOK)を加えることでフォノアンプとして使えることを思い出し早速試してみた。取りあえず手持ちのパーツから似ている値のもので片チャンネル分だけフォノアンプとして使えるようにしてみたら,これが思いの外良好,ハイ落ちが無いのにもかかわらず件の痛さがかなり和らいでいる。

後日ちゃんとした定数の金属被膜抵抗と銅箔スチロールコンデンサを買ってきてステレオ分,フォノアンプとして機能するようにしてみたが,かなりばっちり。深みが出てくるというとちょっと大袈裟,ありきたりな言い方かもしれないけど,料理にたとえるとお酒をちょっと入れてまろやかな味わいになった感じ。刺々しさが緩和する感じだろうか。かといって高音域もスムーズに伸びてるし低音もふくよかにちゃんと出てる。ただ問題もちょっとあって,一つはノイズフロアが高いこと。といっても針をレコードの上にのせたらそっちの方のノイズが大きいので問題ないと言えば問題ない範囲。日頃デジタルでほぼノイズレスな環境にすっかり慣れてしまっているから尚更そう感じるのかもしれない。あと一つは2xHz辺りの重低音でハウっているようなのだ。これはケースにちゃんと入れれば直るのか,ターンテーブルの設置に問題があるのか今のところ分からないのだが,フィルターで20Hz周辺以下をカットすればいいだけの話かもしれないが,そこら辺が今のところの課題。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:foobar2000を使ってみる
cookie at 08/11 10:59
Macoteau at 08/12 0:13
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
«« 40 hours | main | Pioneer DVR-116D »»
«« カテゴリ内前記事(フォクすけ2歳) | pc | カテゴリ内次記事(IE7での縮小画像) »»
2008/10/27
Raggued HD
[pc
Raggued HD新宿西口に,DVD-Rメディアを買いに行ったついでに,あれば買おうとSATA2.5インチHDD用IEEE1394対応ドライブケースを探してみたら案の定無くて,もしかしたらと思ってジャンパラによってみたら,狙いのドライブケースは無かったものの中古のLaCieのRugged HD 250GBというのが思いの外安かったので,ほぼ衝動買いをしてしまった。

LaCieのHDDっていかにもそっち系ユーザーっぽいので今まで買う気にもならなかったのだが,IFがUSBとIEEE1394a/bがついて5400rpmながら250GBで7,980円なら衝動に任せてもよかろうかと。

主にMac OS用(ファイルの運搬用かな)に使うのでHFS+でフォーマット,というか初期化して一応念のためThinPad T60p 吹出し にUSB経由で接続してCrystalDiskMark 2.2で速度チェックをしてみた。

20081027b.jpg

まぁUSBとしたら及第点を上げられる速度。

中古ながら結構綺麗でケーブル類も全部付属して速度も含めて満足しているのだが,一つ重大なことに気がついた。それはアクセスランプが無い。これはちと困るときは困るかもしれない。しかも動作音が結構静かななので動いているかどうかはパッと見分からない。無理矢理付けられるのか調べてみる価値はあるかなぁ!?

posted at 2008/10/30 19:08:49
lastupdate at 2008/11/29 18:39:20
edit
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments
Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字