// 2009/11 all images //

2009/11/21 :: Antelope Isochrone OCX #1
ここ何年かマスタークロックジェネレーターにRosendahlのNanosyncsを使っていたのですがLynx AES16eとの組み合わせで今ひとつ納得できない症状があったり(その模様はこちら),製品自体が古いので新しいものにするとどうなるのか興味が湧いて,当初はApogee Big Benの中古でも良いかと思っていたのだが設計の新しめのものと探してみて(ここ最近,デジタル機器に関して新しい技術なりを使っているものが良い印象が強い),勿論予算のことも考え合わせて辿り着いたのがAntelope Isochrone OCXだった。AntelopeはかつてのAardsyncの設計者が設立したメーカーでAardsyncにあまり良い印象が無かったであまり興味を持てなかったのだが改めてIsocherone OCXについてその評判を調べてみたら使い方次第では良い感じ,らしいと言うことで購入してみた。

評判だけで買ってしまえる程安くないのですが,日本のお店では二十数万円,色々海外のオンラインショップを探してみたら新品で送料と消費税を入れても国内で買うより丁度半額ぐらいで買える(本体だけだと$1200しない)ことを発見して思い切って購入。ただ扱っているショップ自体が少なく,いざ注文したものの入庫待ちやらで品物が到着するまで,9月末に注文して到着したのが10月末日,ほぼ1ヶ月かかった。

パッケージは業務用としては珍しく写真が印刷されていて逆にしょぼく感じる[:あせあせ:]

!!$photo1!!SMC PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM
早速ラックにマウント。

!!$photo2!!SMC PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM
PULL-UPもPULL-DOWNも出来ないのに小数点以下3桁あるのが意味不明!?

!!$photo3!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
Isochrone OCXの売りでもあるメインのクロックに対してクロックアウト二つ分を独立で1/4,1/2,*1,*2,*4,256WCのうち任意に設定できる。256WCは旧DigidesignのI/Oに使われているSuper Clock。

システムにIsochrone OCXを入れてMixしたものとNanosyncsを使ったものとで音を比較してみた。Isochrone OCXは特に中域が充実していることが印象的。ただその充実具合が全体をモワッとしたキレのない感じにしてしまうのはちょっと残念な感じ。ただサックスなどの中域,鳴りも丁寧に再現される感じでそれはそれで捨てがたい。低域の伸びもかなりよくなった印象。ベースなど同じバランスとは思えないぐらい存在感が増す。エッジの感じはちょっと物足りない感じ。ただし微細な表現においてはOSCのほうが丁寧に再現されている印象。パンで振ったサイドにある音色,ハイハットなどの金物を聴き比べるとNanosyncsはなんか誤魔化しがあるような曖昧さ不鮮明さを感じてしまう。

以上はメインのクロックを48KHzにしすべてのクロックアウトをx1にした場合。ネットで色々見て回ると独立設定可能なClock Outから1/4WCにすると,例えば48KHzにしたい場合192KHz/4にすると印象がかなり変わると言うことでそれも試してみた。確かに48KHzのままではモワッとした印象が払拭されクリアな印象。それでいて低域の伸びはそのまま。

と言ったわけで印象もそこそこ(?)よくMaster Clock Generatorとして仕事仲間に加わってもらったのだがあと気になるのは「ATOMIC CLOCK」。ルビジウムクロックを注入できるようになっている。macoteau的にはこういうものは放っておく訳がないのですがその話はまた次回。
2009/11/21 :: Antelope Isochrone OCX #1
ここ何年かマスタークロックジェネレーターにRosendahlのNanosyncsを使っていたのですがLynx AES16eとの組み合わせで今ひとつ納得できない症状があったり(その模様はこちら),製品自体が古いので新しいものにするとどうなるのか興味が湧いて,当初はApogee Big Benの中古でも良いかと思っていたのだが設計の新しめのものと探してみて(ここ最近,デジタル機器に関して新しい技術なりを使っているものが良い印象が強い),勿論予算のことも考え合わせて辿り着いたのがAntelope Isochrone OCXだった。AntelopeはかつてのAardsyncの設計者が設立したメーカーでAardsyncにあまり良い印象が無かったであまり興味を持てなかったのだが改めてIsocherone OCXについてその評判を調べてみたら使い方次第では良い感じ,らしいと言うことで購入してみた。

評判だけで買ってしまえる程安くないのですが,日本のお店では二十数万円,色々海外のオンラインショップを探してみたら新品で送料と消費税を入れても国内で買うより丁度半額ぐらいで買える(本体だけだと$1200しない)ことを発見して思い切って購入。ただ扱っているショップ自体が少なく,いざ注文したものの入庫待ちやらで品物が到着するまで,9月末に注文して到着したのが10月末日,ほぼ1ヶ月かかった。

パッケージは業務用としては珍しく写真が印刷されていて逆にしょぼく感じる[:あせあせ:]

!!$photo1!!SMC PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM
早速ラックにマウント。

!!$photo2!!SMC PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM
PULL-UPもPULL-DOWNも出来ないのに小数点以下3桁あるのが意味不明!?

!!$photo3!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
Isochrone OCXの売りでもあるメインのクロックに対してクロックアウト二つ分を独立で1/4,1/2,*1,*2,*4,256WCのうち任意に設定できる。256WCは旧DigidesignのI/Oに使われているSuper Clock。

システムにIsochrone OCXを入れてMixしたものとNanosyncsを使ったものとで音を比較してみた。Isochrone OCXは特に中域が充実していることが印象的。ただその充実具合が全体をモワッとしたキレのない感じにしてしまうのはちょっと残念な感じ。ただサックスなどの中域,鳴りも丁寧に再現される感じでそれはそれで捨てがたい。低域の伸びもかなりよくなった印象。ベースなど同じバランスとは思えないぐらい存在感が増す。エッジの感じはちょっと物足りない感じ。ただし微細な表現においてはOSCのほうが丁寧に再現されている印象。パンで振ったサイドにある音色,ハイハットなどの金物を聴き比べるとNanosyncsはなんか誤魔化しがあるような曖昧さ不鮮明さを感じてしまう。

以上はメインのクロックを48KHzにしすべてのクロックアウトをx1にした場合。ネットで色々見て回ると独立設定可能なClock Outから1/4WCにすると,例えば48KHzにしたい場合192KHz/4にすると印象がかなり変わると言うことでそれも試してみた。確かに48KHzのままではモワッとした印象が払拭されクリアな印象。それでいて低域の伸びはそのまま。

と言ったわけで印象もそこそこ(?)よくMaster Clock Generatorとして仕事仲間に加わってもらったのだがあと気になるのは「ATOMIC CLOCK」。ルビジウムクロックを注入できるようになっている。macoteau的にはこういうものは放っておく訳がないのですがその話はまた次回。
2009/11/21 :: Antelope Isochrone OCX #1
ここ何年かマスタークロックジェネレーターにRosendahlのNanosyncsを使っていたのですがLynx AES16eとの組み合わせで今ひとつ納得できない症状があったり(その模様はこちら),製品自体が古いので新しいものにするとどうなるのか興味が湧いて,当初はApogee Big Benの中古でも良いかと思っていたのだが設計の新しめのものと探してみて(ここ最近,デジタル機器に関して新しい技術なりを使っているものが良い印象が強い),勿論予算のことも考え合わせて辿り着いたのがAntelope Isochrone OCXだった。AntelopeはかつてのAardsyncの設計者が設立したメーカーでAardsyncにあまり良い印象が無かったであまり興味を持てなかったのだが改めてIsocherone OCXについてその評判を調べてみたら使い方次第では良い感じ,らしいと言うことで購入してみた。

評判だけで買ってしまえる程安くないのですが,日本のお店では二十数万円,色々海外のオンラインショップを探してみたら新品で送料と消費税を入れても国内で買うより丁度半額ぐらいで買える(本体だけだと$1200しない)ことを発見して思い切って購入。ただ扱っているショップ自体が少なく,いざ注文したものの入庫待ちやらで品物が到着するまで,9月末に注文して到着したのが10月末日,ほぼ1ヶ月かかった。

パッケージは業務用としては珍しく写真が印刷されていて逆にしょぼく感じる[:あせあせ:]

!!$photo1!!SMC PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM
早速ラックにマウント。

!!$photo2!!SMC PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM
PULL-UPもPULL-DOWNも出来ないのに小数点以下3桁あるのが意味不明!?

!!$photo3!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
Isochrone OCXの売りでもあるメインのクロックに対してクロックアウト二つ分を独立で1/4,1/2,*1,*2,*4,256WCのうち任意に設定できる。256WCは旧DigidesignのI/Oに使われているSuper Clock。

システムにIsochrone OCXを入れてMixしたものとNanosyncsを使ったものとで音を比較してみた。Isochrone OCXは特に中域が充実していることが印象的。ただその充実具合が全体をモワッとしたキレのない感じにしてしまうのはちょっと残念な感じ。ただサックスなどの中域,鳴りも丁寧に再現される感じでそれはそれで捨てがたい。低域の伸びもかなりよくなった印象。ベースなど同じバランスとは思えないぐらい存在感が増す。エッジの感じはちょっと物足りない感じ。ただし微細な表現においてはOSCのほうが丁寧に再現されている印象。パンで振ったサイドにある音色,ハイハットなどの金物を聴き比べるとNanosyncsはなんか誤魔化しがあるような曖昧さ不鮮明さを感じてしまう。

以上はメインのクロックを48KHzにしすべてのクロックアウトをx1にした場合。ネットで色々見て回ると独立設定可能なClock Outから1/4WCにすると,例えば48KHzにしたい場合192KHz/4にすると印象がかなり変わると言うことでそれも試してみた。確かに48KHzのままではモワッとした印象が払拭されクリアな印象。それでいて低域の伸びはそのまま。

と言ったわけで印象もそこそこ(?)よくMaster Clock Generatorとして仕事仲間に加わってもらったのだがあと気になるのは「ATOMIC CLOCK」。ルビジウムクロックを注入できるようになっている。macoteau的にはこういうものは放っておく訳がないのですがその話はまた次回。
2009/11/11 :: ニンフ&そはら
突然ですが,アニメ『そらのおとしもの』のニンフ役の野水伊織さんと見月そはら役の美名さんです。

!!$photo1!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
同アニメのエンディング曲のレコーディングも一段落と言うことで記念撮影。

ピンでは美名さんが『岬めぐり』を,野水さんが『夏色のナンシー』を歌っておりますが,『夏色のナンシー』は超カワイく仕上がっているので放送を見逃した方は動画サイトなどでチェックしてみてください,というか後々DVDが出るようなのでそれをご購入ください,この2人が歌うエンディングが再び登場するのか,しないのか‥‥今後を期待してみてください!?

ところで野水さんってツインテールがデフォなのか?
2009/11/07 :: Patrick C-Stadium
久しぶりにスニーカーを購入。

!!$photo1!!TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
ここ何年か,というか十数年,スニーカーはパトリックしか買っていない。しかも殆どモデルこそ違えども殆ど黒地でラインの色が違うぐらい。今回は銀!?クローム!?違うモデルで黒地にゴールドってのがあるみたいなので今度はそれに?

そして,買うお店もパトリックを買い始めてからずっと一緒。広尾のちょっと外れにある靴屋さん。昔から品揃えと安さからそこでばっかり買っている。購入後帰宅してネットで値段を比較してみたけどネットショップより2割は安い,かな。
2009/11/04 :: Power Mac G4 MDD has died
Pro Tools稼働用に使っていたPower Mac G4 MDD (Dual 867MHz)が,突然起動途中で固まるようになってしまって,午前中までは正常に使えていたのだが,HDDのせいかもしれないと思いつつセーフモードでも正常に起動出来ないのでリセット再起動とか何回もしていたら画面が暗いままで電源オン後10秒ぐらいでクーリングファンが爆音になる状態に陥ってしまった。しばらく放置してみたり,PCで言うところのCMOSクリア的なことをしたモノの症状は同じ。メモリを差し替えたりHDDを全部外してDVD-ROMだけ接続したりしてみたのだがやはりダメで,これはいよいよロジックボードかCPUカードが逝ってしまったかもと判断。この頃のPower Macに使われているCPUはドーターカードに直付けされていてそのCPUカードをロジックボードの特別なスロットに差し込むようになっている。従ってこのパーツが熱以外で逝ってしまうことも無くはない。実際購入当初CPUカードが壊れて交換修理したことがある。

ネット経由でロジックボードとCPUカードを買って地道に故障箇所を特定しようかと思っていたところに仕事の電話が数本。あっという間に今月もずっと引きこもって作業し続けないといけない状況,故障原因を探っている場合じゃなくなったので急遽中古を,なるべく今日中に手に入るところとネットで探し,秋葉原のU&JMac'sと言うお店にSingle 1.25GHzの機種が¥29,800であったので早速買いに行ってきた。電源ケーブル以外の付属品無しだけど必要なのは中身だけだったので,電源ケーブルもいらない,包装もバイクに積んで帰るからちょっとくるむだけにしてもらって速攻帰ってきた[:あせあせ:]

帰宅後ちょっと面倒だったけど,ラックに入れるためにプラスチックの側を外し5インチベイもモービルラックが使えるように改造している壊れた方とロジックボードとCPUカードとメモリ,そしてビデオカードを移し替え。そしてHDDアクセスランプ用のラインとパワーボタンとリセットボタン用のラインをロジックボードに半田付けして移植手術終了。そして必要のない割ときれいなケースとHDDとDVDドライブと電源が余ってしまった[:あせあせ:]

!!$photo1!!SMC PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM
数年前にアップル製品はもう買わないと心に決めたのに‥‥無念!?来年こそPro Tools関係もWindowsにしてしまおうと考えていたのに,壊れるのがあと半年遅かったらよかったのにと思うもののまぁしょうがない。
       
   
close

+ pplog2 3.39 +