// 2009/12 all images //

2009/12/31 :: PC for ProTools|HD - IRQ
間に合わない[:ダッシュ:] 年内に作業諸々を全部終わらせて新年から新環境に移行,と思っていたのだが。

と慌てつつも「PC fore ProTools|HD - OS」の回でProToolsが-6031のエラーを吐きまくったのはグラフィックカードGeForceのせいとしたが,あとあと色々調べてみたらIRQが競合していたせい?と思える翔子,証拠(?)が見つかった。ただ今時IRQがかぶったとしても通常は問題無いと思うのですが。

GeForceのカードを入れたときのSystem ImformationのConflicts/sharingの項は次のようになっていた。

!!$photo1!!

IRQ 16がHDカードと競合している。次にグラフィックカードだけをRADEONに入れ替えるとこんな感じ。

!!$photo2!!

High Difinition Audio Controllerが競合するけれどもRadeonのHDMIを使っていないので問題無いのかも。ちなみにRADEONの本体は「IRQ 4294967290」に割り当てられている。

XPではGeForceの場合IRQ 19に割り当てられこれらはデジのカードと競合しているし,RADEONの場合IRQ 17で競合してしまっているけれども-6031のエラーを吐くことはない。何故だろう?デジのドライバのせいだろうか?

Windows 7でGeForce 9800GTをもう一つのPCIEスロットに挿したらIRQの割り当てが変わるかと思ったのだがスロットを替えても同じだった。

まぁとりあえず解決法が分かっただけでもよしとしよう,と思ったのだが間に合わせのHD4550じゃ,GF9800GTの代わりに,何となく心地よくないのでRADEON HD4850の1スロットファンの,今はあまり売っていないリファレンスモデル,GIGABYTE GV-R485-512H-Bの中古を買ってしまった。約6.5K円だった。取り付け後常時80度越えだったのでこちらのpadmacolorsさんの「ATI Radeon HD4850が熱い」を参考に,というか書いてあることそのままやってファンの回転数を上げたら60度付近で落ち着いた。PT使うだけなので「そんなの必要?」と言われればまぁオーバースペックでしょうね[:あせあせ:]単にExperience Indexをオール7.xにしたかっただけ,かもしれない!?

!!$photo3!!
2009/12/31 :: PC for ProTools|HD - IRQ
間に合わない[:ダッシュ:] 年内に作業諸々を全部終わらせて新年から新環境に移行,と思っていたのだが。

と慌てつつも「PC fore ProTools|HD - OS」の回でProToolsが-6031のエラーを吐きまくったのはグラフィックカードGeForceのせいとしたが,あとあと色々調べてみたらIRQが競合していたせい?と思える翔子,証拠(?)が見つかった。ただ今時IRQがかぶったとしても通常は問題無いと思うのですが。

GeForceのカードを入れたときのSystem ImformationのConflicts/sharingの項は次のようになっていた。

!!$photo1!!

IRQ 16がHDカードと競合している。次にグラフィックカードだけをRADEONに入れ替えるとこんな感じ。

!!$photo2!!

High Difinition Audio Controllerが競合するけれどもRadeonのHDMIを使っていないので問題無いのかも。ちなみにRADEONの本体は「IRQ 4294967290」に割り当てられている。

XPではGeForceの場合IRQ 19に割り当てられこれらはデジのカードと競合しているし,RADEONの場合IRQ 17で競合してしまっているけれども-6031のエラーを吐くことはない。何故だろう?デジのドライバのせいだろうか?

Windows 7でGeForce 9800GTをもう一つのPCIEスロットに挿したらIRQの割り当てが変わるかと思ったのだがスロットを替えても同じだった。

まぁとりあえず解決法が分かっただけでもよしとしよう,と思ったのだが間に合わせのHD4550じゃ,GF9800GTの代わりに,何となく心地よくないのでRADEON HD4850の1スロットファンの,今はあまり売っていないリファレンスモデル,GIGABYTE GV-R485-512H-Bの中古を買ってしまった。約6.5K円だった。取り付け後常時80度越えだったのでこちらのpadmacolorsさんの「ATI Radeon HD4850が熱い」を参考に,というか書いてあることそのままやってファンの回転数を上げたら60度付近で落ち着いた。PT使うだけなので「そんなの必要?」と言われればまぁオーバースペックでしょうね[:あせあせ:]単にExperience Indexをオール7.xにしたかっただけ,かもしれない!?

!!$photo3!!
2009/12/31 :: PC for ProTools|HD - IRQ
間に合わない[:ダッシュ:] 年内に作業諸々を全部終わらせて新年から新環境に移行,と思っていたのだが。

と慌てつつも「PC fore ProTools|HD - OS」の回でProToolsが-6031のエラーを吐きまくったのはグラフィックカードGeForceのせいとしたが,あとあと色々調べてみたらIRQが競合していたせい?と思える翔子,証拠(?)が見つかった。ただ今時IRQがかぶったとしても通常は問題無いと思うのですが。

GeForceのカードを入れたときのSystem ImformationのConflicts/sharingの項は次のようになっていた。

!!$photo1!!

IRQ 16がHDカードと競合している。次にグラフィックカードだけをRADEONに入れ替えるとこんな感じ。

!!$photo2!!

High Difinition Audio Controllerが競合するけれどもRadeonのHDMIを使っていないので問題無いのかも。ちなみにRADEONの本体は「IRQ 4294967290」に割り当てられている。

XPではGeForceの場合IRQ 19に割り当てられこれらはデジのカードと競合しているし,RADEONの場合IRQ 17で競合してしまっているけれども-6031のエラーを吐くことはない。何故だろう?デジのドライバのせいだろうか?

Windows 7でGeForce 9800GTをもう一つのPCIEスロットに挿したらIRQの割り当てが変わるかと思ったのだがスロットを替えても同じだった。

まぁとりあえず解決法が分かっただけでもよしとしよう,と思ったのだが間に合わせのHD4550じゃ,GF9800GTの代わりに,何となく心地よくないのでRADEON HD4850の1スロットファンの,今はあまり売っていないリファレンスモデル,GIGABYTE GV-R485-512H-Bの中古を買ってしまった。約6.5K円だった。取り付け後常時80度越えだったのでこちらのpadmacolorsさんの「ATI Radeon HD4850が熱い」を参考に,というか書いてあることそのままやってファンの回転数を上げたら60度付近で落ち着いた。PT使うだけなので「そんなの必要?」と言われればまぁオーバースペックでしょうね[:あせあせ:]単にExperience Indexをオール7.xにしたかっただけ,かもしれない!?

!!$photo3!!
2009/12/28 :: Intel X25-M Mainstream SATA SSD
Digidesign Pro Tools HD用にセットアップ中の自作PC,Windows 7で安定動作させる目星がつき,当初はXPとのヂュアルブートと考え起動ディスクにHDDを新調したしたのですが,XPはESATAにしてしまい内蔵はWindows 7オンリー,どうせならと云うことでSSDにしてしまいました。ものは早くて安いと言う噂のIntel X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH080G2C1 80GB [:A型:] 。在庫がないところも多いのですがドスパラ秋葉原本店で買ってきました。おまけに3.5インチマウンタがついてた。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
非常に軽量で両面テープで貼り付けるだけでも十分な気がしたけど一応ネジ止め。コンパクトでもあるので立て込んでいるケース内に設置するにはもってこい。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
いつものAcronis True Image Homeで [:A型:] 起動ボリュームをコピーしてSSDから起動。Windows 7が元々起動が速いせいか起動時間は余り縮まった感じはしない。起動後いろんな操作をしてみると細々したデータを読み込んで表示するような操作,アイコンのデータもそうだけど,が明らかに速くなっていて結果軽快な操作感。Pro ToolsのPluginの読み込みも同様のハズなんだけどこれは確かに速くなっているけれども感動的には速くなっていないかも。CrystalDiskMarkによる測定結果は以下の通り。


一応スペック以上の結果となっています。Windows 7のExperience Indexはこんな感じ。


ここまで来ると全部7点台にしたいとは思うもののスペースの関係上2スロット占有のグラフィックカードが使えないのでまぁしょうがない。

80GBの容量で十分かというとOSとプログラムだけならまぁまぁ問題無いと判断。Pluginのライブラリとか他ボリュームに移してインストールするものも厳選すればなんとかなると[:あせあせ:]

ところで全環境から持ち越しのHDDのうちSeagate ST31500341AS (Barracuda 7200.11) 1.5TBがWindows 7で認識されるもの中身が見えない,って状態になってしまっている。仮でいれたVistaでもダメだった。でもXPだと問題無い。このHDDバグがあることで話題になった型番のものでそれが原因かとおもったのだがSeagateのサポートページで調べてみるとシリアルナンバーでは該当しないとなってしまう。一応中身は,800GBぐらい,別HDDに移したけど,大容量のHDDがトラブルにあうと大変,とりあえずバックアップするにだけども時間がかかりすぎる。
2009/12/28 :: Intel X25-M Mainstream SATA SSD
Digidesign Pro Tools HD用にセットアップ中の自作PC,Windows 7で安定動作させる目星がつき,当初はXPとのヂュアルブートと考え起動ディスクにHDDを新調したしたのですが,XPはESATAにしてしまい内蔵はWindows 7オンリー,どうせならと云うことでSSDにしてしまいました。ものは早くて安いと言う噂のIntel X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH080G2C1 80GB [:A型:] 。在庫がないところも多いのですがドスパラ秋葉原本店で買ってきました。おまけに3.5インチマウンタがついてた。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
非常に軽量で両面テープで貼り付けるだけでも十分な気がしたけど一応ネジ止め。コンパクトでもあるので立て込んでいるケース内に設置するにはもってこい。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
いつものAcronis True Image Homeで [:A型:] 起動ボリュームをコピーしてSSDから起動。Windows 7が元々起動が速いせいか起動時間は余り縮まった感じはしない。起動後いろんな操作をしてみると細々したデータを読み込んで表示するような操作,アイコンのデータもそうだけど,が明らかに速くなっていて結果軽快な操作感。Pro ToolsのPluginの読み込みも同様のハズなんだけどこれは確かに速くなっているけれども感動的には速くなっていないかも。CrystalDiskMarkによる測定結果は以下の通り。


一応スペック以上の結果となっています。Windows 7のExperience Indexはこんな感じ。


ここまで来ると全部7点台にしたいとは思うもののスペースの関係上2スロット占有のグラフィックカードが使えないのでまぁしょうがない。

80GBの容量で十分かというとOSとプログラムだけならまぁまぁ問題無いと判断。Pluginのライブラリとか他ボリュームに移してインストールするものも厳選すればなんとかなると[:あせあせ:]

ところで全環境から持ち越しのHDDのうちSeagate ST31500341AS (Barracuda 7200.11) 1.5TBがWindows 7で認識されるもの中身が見えない,って状態になってしまっている。仮でいれたVistaでもダメだった。でもXPだと問題無い。このHDDバグがあることで話題になった型番のものでそれが原因かとおもったのだがSeagateのサポートページで調べてみるとシリアルナンバーでは該当しないとなってしまう。一応中身は,800GBぐらい,別HDDに移したけど,大容量のHDDがトラブルにあうと大変,とりあえずバックアップするにだけども時間がかかりすぎる。
2009/12/19 :: PC for ProTools|HD - assembly
Opteron 2387搭載PC,仕事の合間を縫いつつ組み終わりWindows 7 Ultimate 32bitをインストールしたところまで到達。割と快調[:チョキ:] そして意外に動作音が静か。ケースファンとかPWM対応のものにしたものの静音重視でチョイスしたわけではなかった割には静か。Opteron 246(第一世代,Single Core, 2GHz)を使った初めての自作PCと比べると全然手がかからない,と言える程。

ラックマウントケース,Owltech 491GIIとMBの干渉問題,東急ハンズでパンチングアルミ板,長穴の空いたアルミ板を買ってきて元々が5インチベイ×3,3.5インチベイ×1から5インチベイ一個減らした構成にしてマウント。どうにかメモリにも干渉しないようにできた。スチールのベイマウンタを穴あきアルミにしたので若干軽量化にもなったかも!?

!!$photo1!!SMC PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM
写真ではちょっと分かりづらいかも知れないが[:あせあせ:] で,側面とマウンタの隙間が丁度3.5インチHDDが入るぐらいだったのでそこにもHDDを設置。

HDDは買い換え,買い足しはしないつもりだったのだが以前のXP環境とWindows 7のデュアルブートにしたかったので当初は500GBぐらいにしようと思いつつ土壇場でSeagateの1TBを買ってしまった。Acronis True Image HomeのCD-ROMで起動し中身を移し(非常に分かりやすく操作しやすいソフト [:A型:] ),パーティションわけして空きパーティションにWindows 7をインストール。元々音ネタ・ソフトサンプラのデータとか用に使っていたHDDが1.5TBで今回起動用に1TBを足して,で古い起動用320GBを諸々雑用として,あとラトックのモバイルラックで作業用のHDDをマウントして,ってことになってなんだかんだで総合計約3TB。凄いです。

Windows 7をインストールして諸々アップデートを適用したところでエクスペリエンス・インデックスのパフォーマンス計測をしてみました。


Memoryのスコアはマックスに達してます。DD2-800なのに。これがHT3パワーなのでしょうか。HDDは単発だからこんなモンでしょう。
2009/12/12 :: DigiLink Cable
ちゃんと書いていませんでしたがこれから作ろうとしている自作PCはDigidesign Pro Tools HD用で,これでここ数年の懸案であったWindowsへの全環境完全移行が完結する,出来ればこれにCubaseとWaveslabも入れて集約しようかと。最近Samplitudeの音の良さに感動してこれも入れて見ようかと,か思案中。Lynx AES16eとPTHDが同居できるのかどうか実際やってみないと分からないのだがチャレンジしてみるつもり。PTHDはいわゆるHD3 accel同等,IOは現在所有しているSSL XLogic Alpha-Link MADI-AXを生かす構成で,ただそれだとDigital信号の出し入れが出来ないのでそのために純正IOじゃないものを新たに追加,もう品物は届いてしまっている,してAnalog 32ch In-Out,Digitalも含めると40ch In-Outになる,予定。DigidesignのIOを使わないことにこだわってみました[:あせあせ:] まだApogee AD8000も持っていてIOというかADC-DACが増える一方[:あせあせ:]

そんな構成にする予定なのでHD CardとInterfaceを結ぶためのケーブル,DigiLink Cableも別途用意しなくてはならなくなり,どうせなら高品位のものがあればそれを検討するのもあり香菜と思って調べてみたらありました。『Fine Focus Cable for DigiLink』っていうやつ。そのページの文章を見るとDigidesign純正の192 I/Oの独特な音は付属品のDigiLink Cableにもその一因があるようでケーブルをリプレイスすると音がナチュラルになるとか。BNCケーブルを替えると堅い音が柔らかくなるとか実際経験しているので,「それも十分あり得る」と思って試しに欲しいと思ったもののその値段は甘い思惑を粉々に打ち砕いてくれる。4mもので269,850円。無理無理[:青ざめ:]

DigiLink Cableのコネクタはそれほど特殊なものじゃなく,ヒロセ電機のDX*Mシリーズのかその同等品の26ピンなのは分かったので自作も不可能じゃない!?ただそのぐらいの芯数のケーブルの品質云々が今ひとつ分からないのでどうしようかと。それかEMI対策を十分に施したケーブルでも効果があるのかどうかは試してみたいところだが。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
2009/12/10 :: AMD Opteron 2387
とりあえずOpteronを。Quad-Core 2.8GHzを2個買いました。中古で1個約2万円,お得です。あわせてWindows 7 Ultimate DSP版も購入。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
2004年にSingle Core,2.0GHzのOpteron 246を二発で初の自作PCを,2007年にはDual-Core 2.2GHzの275を,そしてようやくQuad-Coreへ。今だったらハイエンドを目指してHexa-Coreって選択肢もありますが予算の関係でQuad止まり。Pro Tools HDを動かすのには8 coreもあれば十分でしょう!?その他のパーツ類は店頭に置いて無いものが殆どなので,おそらく,昨日今日で最安値を探りながら複数のショップへ発注。

マザーボードはTyan Thunder n3600M (S2932G2NR-SI)を注文。6 Coreにも対応しているから将来的にも安心?だといいなぁ[:あせあせ:]というか自作歴5年にしてようやくTyanへ到達[:キャラ万歳:] ケースは4Uラックマウントを注文したのだがこれがまた選択肢が少ない。数年前,4〜5年前は選択肢がわりと多かった気がするのだが。サーバー用はブレードとか1Uとかコンパクトになったので4Uとか需要がないんでしょうかねぇ。

本当は今DAW用として使っている自作PC [:吹出し:] をアップグレードするつもりだったのだがドコに出しても恥ずかしくないようなPCにと考えてたら結局HDD,光学ドライブ,FDD以外は全交換にしてしまった[:あせあせ:]それでも概算では18万円程度。8 core 2.8GHz,メモリ4GB,GPUはGeForce 9800GTでそこそこええ感じが20万しないんだからなかなかよろしいのではないかと。
   
   
close

+ pplog2 3.39 +