// 2012/02 all images //

2012/02/28 :: brother DCP-J925N
去年末プリンタを,と云うかインクジェット複合機を新調しました。それまで使っていたのは2003年の暮れに買った複合機,Canon MP700。印刷する度にヘッドクリーニングしないとまともにカラーが印刷されない状況になっていたので,流石にプリンタを使う機会は少ないとは言え耐えられない状況になってしまったので半ば致し方なく。またその少ない使用頻度にもかかわらずインクはワンクールに一回程度CMYK全部交換しなければいけない状況だったことも大きい。

新たに選んだのはブラザーのDCP-J925Nという機種。選択の理由は単純に当時TVCMでやっていた「第三の選択」と云うコピーに乗っかってみた,と云うのもあるけれども価格が前出キャノンのプリンタの全色インク4回分,自分の使用ペースだと約1年分程度で新品が買えてしまうことが一番の理由だった。値段はヨドバシカメラで15K円程度。現状アマゾンだと13K円
2012/02/28 :: brother DCP-J925N
去年末プリンタを,と云うかインクジェット複合機を新調しました。それまで使っていたのは2003年の暮れに買った複合機,Canon MP700。印刷する度にヘッドクリーニングしないとまともにカラーが印刷されない状況になっていたので,流石にプリンタを使う機会は少ないとは言え耐えられない状況になってしまったので半ば致し方なく。またその少ない使用頻度にもかかわらずインクはワンクールに一回程度CMYK全部交換しなければいけない状況だったことも大きい。

新たに選んだのはブラザーのDCP-J925Nという機種。選択の理由は単純に当時TVCMでやっていた「第三の選択」と云うコピーに乗っかってみた,と云うのもあるけれども価格が前出キャノンのプリンタの全色インク4回分,自分の使用ペースだと約1年分程度で新品が買えてしまうことが一番の理由だった。値段はヨドバシカメラで15K円程度。現状アマゾンだと13K円
2012/02/12 :: Paragon HFS+ for Windows 9
先月,DAW用PC [:吹出し:] でMac OS用のフォーマット,HFS+を読み書きできるようParagon HFS+ for Windows 9と云うユーティリティを導入しました。Avid Pro ToolsのWindows版にはMediafour社の MacDriveの簡易版(?)であるHFS+ Disk Supportというユーティリティーが付属するのですがちょっと思うところがあって有料のParagonのものをチョイス。

思うところ,と云ってもたいしたことは無いのですが例えば,

!!$photo1!!

これはMacDrive(HFS+ Disk Support)をインストールした状態でHFS+ボリュームの中身をExplorerで見た様子。

!!$photo2!!

そしてこちらがParagon HFS+ for Windows 9をインストールしてる場合。

薄いアイコンはフォルダオプションの「ファイルとフォルダーの表示」(Hidden files and folders)を「隠しファイル,隠しフォルダー,および隠しドライブを表示する」(Show hidden files, folders, and drives)を選択しているためなのだが,だいぶ様相が違うことがおわかりでしょう。いずれもMac OS独自のファイル,フォルダでWindows環境では捨てても問題無いもの。気にしなければ気にしないで済むのだが特に.DS_Storeファイルはややもすると各フォルダにもれなく入っているようなファイルで,これを我がPCに持ち込まないようにするためにはそのファイルを表示するParagonの方がよいかな,と云う判断での導入(「保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない」Hide protected operating system filesのチェックを外せばDS_StoreをMacDrive環境下でも表示可能ではある)。また以前のエントリで触れたように以前インストールしていたMacDrive 9 Proだと不都合もあるのでその解消のためでもあります。ちなみにPro Tools 10(及び9)に同梱されるHFS+ Disk Supportはver8。

機能的な面で言うとParagon HFS+ for Windows 9は本当に読み書きできるようにするだけなのでWindows嬢でHFS+のフォーマットからメンテ(ver9から修復機能が搭載された)までをするのならMacDrive 9を導入するべきとは思います。ただし値段がParagonが3,150円なのに対してMacDrive 9 Standardは多機能な分DL版7,800円ですが。それ以前にPro Toolsを持っていれば旧簡易版が無料ではあります[:あせあせ:] またMediafourのOnlineストアから直に購入すると$49.99で,80円換算で約4,000円。かなりお得です。というか国内代理店○ったくり!?

ちなみにParagon HFS+ for Windows 9,なんとGPT Loaderが同梱されている。
2012/02/12 :: Paragon HFS+ for Windows 9
先月,DAW用PC [:吹出し:] でMac OS用のフォーマット,HFS+を読み書きできるようParagon HFS+ for Windows 9と云うユーティリティを導入しました。Avid Pro ToolsのWindows版にはMediafour社の MacDriveの簡易版(?)であるHFS+ Disk Supportというユーティリティーが付属するのですがちょっと思うところがあって有料のParagonのものをチョイス。

思うところ,と云ってもたいしたことは無いのですが例えば,

!!$photo1!!

これはMacDrive(HFS+ Disk Support)をインストールした状態でHFS+ボリュームの中身をExplorerで見た様子。

!!$photo2!!

そしてこちらがParagon HFS+ for Windows 9をインストールしてる場合。

薄いアイコンはフォルダオプションの「ファイルとフォルダーの表示」(Hidden files and folders)を「隠しファイル,隠しフォルダー,および隠しドライブを表示する」(Show hidden files, folders, and drives)を選択しているためなのだが,だいぶ様相が違うことがおわかりでしょう。いずれもMac OS独自のファイル,フォルダでWindows環境では捨てても問題無いもの。気にしなければ気にしないで済むのだが特に.DS_Storeファイルはややもすると各フォルダにもれなく入っているようなファイルで,これを我がPCに持ち込まないようにするためにはそのファイルを表示するParagonの方がよいかな,と云う判断での導入(「保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない」Hide protected operating system filesのチェックを外せばDS_StoreをMacDrive環境下でも表示可能ではある)。また以前のエントリで触れたように以前インストールしていたMacDrive 9 Proだと不都合もあるのでその解消のためでもあります。ちなみにPro Tools 10(及び9)に同梱されるHFS+ Disk Supportはver8。

機能的な面で言うとParagon HFS+ for Windows 9は本当に読み書きできるようにするだけなのでWindows嬢でHFS+のフォーマットからメンテ(ver9から修復機能が搭載された)までをするのならMacDrive 9を導入するべきとは思います。ただし値段がParagonが3,150円なのに対してMacDrive 9 Standardは多機能な分DL版7,800円ですが。それ以前にPro Toolsを持っていれば旧簡易版が無料ではあります[:あせあせ:] またMediafourのOnlineストアから直に購入すると$49.99で,80円換算で約4,000円。かなりお得です。というか国内代理店○ったくり!?

ちなみにParagon HFS+ for Windows 9,なんとGPT Loaderが同梱されている。
 
   
close

+ pplog2 3.39 +