[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2020 / 08   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
 
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2010/06/11 :: LED化
機材の電源ランプに下のようなものが使われていることがあるのですが,レコーディング関連機材だと真空管を使っているものに多いかも知れない,これが気がついたら点灯しなくなってしまった。

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
最初の内は軽く叩いたりすると点灯したりして「接触不良?」なんて思っていたのだが先週ぐらいとうとううんともすんとも言わなくなってしまった。ものは真空管マイクの電源サプライユニットで,これが例のごとく改造しまくり,真空管のヒーター用電源以外の整流用電解コンデンサを総取っ替え,BlackGateに交換,していたものでそっちの故障で電源自体が入らないのかと思ったのだがテスターで調べてみたら電圧は正常で単にランプの球が切れているだけだと分かった。

レンズカバーは取り外し可能でカバーを外したらこんな感じ。

!!$photo2!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
電球のソケットはよくアナログメーターのバックライトに使われているものと同様のものでサイズはBA9というもの(ø9),で思ったのがこれもメーターのバックライトをLED化したときと同様にLEDか出来るのではと。でやってみたのがこれ。

!!$photo3!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8
今回は秋葉原の千石電商で口金がBA9sでチップタイプのLEDが取り付けられている出来合いのものを買ってきて取り付けてみた。型番は失念したのだが値段は450円でそんな安いものでもない。最終的には色つきのカバーを被せるので普通に白色LEDで光の指向特性も狭くても問題なし。別にLEDはチップじゃなくても良いのだが電球が大きすぎたりするとキャップが閉まらなかったり,ブラケットにちゃんとハマらないので注意が必要。横に口金よりちょっとでもはみ出る形状だと入らない可能性大。と,LED電球は別に電気街で売っているものでなくとも口金さえあえば車用として売っているものでも転用可能だと思う,12V用であれば。たまたま偶然なのか,前回のメーターも今回のも正確には12Vじゃないけれども12V用で行けた。

全然ECO目的じゃないけど,電球変える時は一考の価値があるかも,と思うんだけど。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
2010/06/12
[rec pt
コネクタを買ったりしてぼちぼち始動させていたDigidesign Pro Tools HD用Digilink Cableの自作。とりあえずその結線を再調査して結線図を作ってみた。PDFはこちらからどうぞ。

ケーブルは24芯で行けると思ったいたのだがやっぱり26芯必要,でシールドケーブルじゃないとだめ。これがなかなか無いあせあせ 24芯シールドは結構選択のし甲斐がある感じなのだが(DVIケーブルがそうだからかも知れないが)26芯は敢えて自作するに足るものがなかなか……

と言うこともあり,そして,今夏,或いは秋にわざわざ自作しなくても良いような状況になるかもしれない,と思える情報をキャッチしたのでとりあえず自作を断念,そしてその夏を待つ,とあせあせ

一応バラす目的でBELKINのDVI-D Dual-Linkケーブルを2本購入したのだが無駄に……しないようにモニタ付属のDVIケーブルと交換してみた。違いは,うーむ,よく分からん爆弾

Digilink Cable結線図
Carl Zeiss Jena DDR electric MC FLEKTOGON 35mm F2.4

posted at 2010/06/12 15:44:09
lastupdate at 2010/06/12 21:22:01
edit
comments (0) || trackback (0)
separator
2010/06/11
機材の電源ランプに下のようなものが使われていることがあるのですが,レコーディング関連機材だと真空管を使っているものに多いかも知れない,これが気がついたら点灯しなくなってしまった。

LED化
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

最初の内は軽く叩いたりすると点灯したりして「接触不良?」なんて思っていたのだが先週ぐらいとうとううんともすんとも言わなくなってしまった。ものは真空管マイクの電源サプライユニットで,これが例のごとく改造しまくり,真空管のヒーター用電源以外の整流用電解コンデンサを総取っ替え,BlackGateに交換,していたものでそっちの故障で電源自体が入らないのかと思ったのだがテスターで調べてみたら電圧は正常で単にランプの球が切れているだけだと分かった。

レンズカバーは取り外し可能でカバーを外したらこんな感じ。

LED化
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

電球のソケットはよくアナログメーターのバックライトに使われているものと同様のものでサイズはBA9というもの(ø9),で思ったのがこれもメーターのバックライトをLED化したときと同様にLEDか出来るのではと。でやってみたのがこれ。

LED化
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

今回は秋葉原の千石電商で口金がBA9sでチップタイプのLEDが取り付けられている出来合いのものを買ってきて取り付けてみた。型番は失念したのだが値段は450円でそんな安いものでもない。最終的には色つきのカバーを被せるので普通に白色LEDで光の指向特性も狭くても問題なし。別にLEDはチップじゃなくても良いのだが電球が大きすぎたりするとキャップが閉まらなかったり,ブラケットにちゃんとハマらないので注意が必要。横に口金よりちょっとでもはみ出る形状だと入らない可能性大。と,LED電球は別に電気街で売っているものでなくとも口金さえあえば車用として売っているものでも転用可能だと思う,12V用であれば。たまたま偶然なのか,前回のメーターも今回のも正確には12Vじゃないけれども12V用で行けた。

全然ECO目的じゃないけど,電球変える時は一考の価値があるかも,と思うんだけど。

posted at 2010/06/11 3:30:52
lastupdate at 2010/06/11 3:30:52
edit
comments (1) || trackback (0)
separator
2010/06/10
[vaio
インストールしました,ようやく,わがVAIO type P VGN-P90HS 吹出し に。約一年前にWindows 7 RCをインストールしていたのですが今月になってとうとう使用期限となってしまい「正式版にしろ」的なアラートが出まくるようになったので仕方なく!?導入したのはWindows 7の日本で販売されている中で一番下位のグレード,Home Premium。Windows 7 RCはUltimate版でそこから上書きでHome Premiumにダウングレードできないので仕方なく一度元々のVistaをレストアして 「VAIO Windows 7アップグレードユーティリティー」を使って時間はかなりかかったけれども,暇を見つけてという感じだったので丸二日ぐらいはかかったか,手順・注意事項なども事細かく説明されているので迷う点もなくその点ではスムーズにアップグレードできた。

Windows 7 Home Premiumのアップグレードパッケージを買いに行ったときついでに新しいPシリーズ(VPCP11Aシリーズ)がノートPC売り場に並んでいたのでちょっと触ってみたのだが,最新版はWindows 7に最適化されているのか店頭モデルでも(Atom Z530 1.6GHz)結構意外にキビキビ動くのでやっぱり新しいのが良いのかと,ついでにデザインをポップな風にふったせいかキーボードなんかもちょっと安っぽい印象だけど,あとクリックボタン周りのデザインが変わったので旧機種になれているとちょっと違和感を感じるなんてことはあるがちょっと羨ましく思いつつ,ステップバイステップでようやく正式版Windows 7にアップグレードできたわがtype Pを操作してみたら意外にも店頭で触った新しいP並,CPU的にはそれ以上のハズなんだけど,にきりきり動くのにビックリ。Vistaから7RCの時に常に感じていた「まぁしょうがないかぁ」感が結構払拭出来たかも知れない。これならもっと速くアップグレードしておくべきだったあせあせ type PではWin7にアップグレード後Aeroをオフるべしとされているのだがオンのままでもそれほどストレスに感じない。普通に使う分には7RCで起こっていた画面がリドロー出来なくてところどころ黒くなるってこともない。Windows Media Centerで不都合が起こるようなことが書かれているがそれを使わなければAeroオンのままでも問題無さそう。

ってところでOSをアップグレードしたもののそりゃぁ新しいのが欲しいのは山々だけど今年はThinkPad 吹出し を新調することに注力すると言うことで見送りか?一応SonyStyleの下取りサービスを使うとどうなるかシミュレーションしてみたのだが,何も付いていない最初のモデルなもんで下取り価格2万円にもならないので即断念あせあせ ところで世間的にはCore i7のClarksfield,Arrandaleの後継Calpella(i7-940XM,i7-840QM等)を搭載したPCが出始めているのだがThinkPadはいつ頃選択可能になるのだろうか?それとももう半年我慢してSandy Bridgeが出るまで待ってみるか,悩ましい。W510のフルHDマルチタッチ付が,とは思っているのだが。

posted at 2010/06/10 0:09:07
lastupdate at 2010/06/10 4:06:13
edit
comments (0) || trackback (0)
separator
2010/06/06
今日こんなものが届いて,

Cardas Headphone Cable
Carl Zeiss Jena DDR electric MC FLEKTOGON 35mm F2.4

こんな風にして,

Cardas Headphone Cable
Carl Zeiss Jena DDR electric MC FLEKTOGON 35mm F2.4

こんな風になりました。

Cardas Headphone Cable
Carl Zeiss Jena DDR electric MC FLEKTOGON 35mm F2.4

I have recabled Ultrasone Edition 8 with Cardas Headphone Cable. と言うようです。

使用したケーブルはCardasのSennheiser HD650等用の10フィートものをHeadRoomという米国モンタナ州にあるショップから購入。値段は$222。送料は$40だった。eBayで探すと同じものがもっと安く,$180とか,あるのだけど安いところはいずれも香港からのものでさすがに不安に思えたので本国のショップから購入してみた。3日に注文して今日6日に到着したので目茶苦茶速い。

交換作業は両面テープで取り付けられているエチオピアン・シープスキンのヘッドパッドを心臓に悪いと思いながら剥がすのが最大の難所で,それ以外は普通の電子工作。手間はコードブッシュはちょっとゆるめなので結束バンドで余計な力がかかっても抜けでないようにしたぐらい。

直径5mmのケーブルは見た目よりもかなり柔軟性があって取り回しは非常に楽。シースがグレーというのは工業用ッぽすぎてちょっとげんなり。

音の方は派手さを押さえつつクリアで非常にバランスが良いといった印象。変えて一番最初は「あれっ??」と思った程言ってみれば地味な印象を受けたのだが,上も下も着実に出ているのだが強調する風ではなく,きらめく高音域とか粘る低音域とか,まんべんなく丁寧に出していて結果地味な印象を与えてしまう,と言ったらいいだろうか。かなりモニター的かもしれない。落ち着き具合は延長ケーブルをAndiotrak AT-GQ miniに変えたときと似た印象なのだが音の分離度,クリアさは格段にアップしている。つい先日,発音数で言えば100 voicesに届きそうな楽曲のMixをしたのだが,前の環境だとどうしても団子になりがちだったのだがCardasに変えると一つ一つの音を追跡出来るぐらい,というと言い過ぎだけど,と思える程分離がいい。

Edition 8を買った当初,絶対リケーブルしないと思ってたのだがあっさり覆ってしまったあせあせ Cardasの特約店でもあるMoon Audioというショップサイト見ると何か更にチャレンジしたいと思ってしまう。

posted at 2010/06/06 22:11:37
lastupdate at 2010/06/06 22:11:37
edit
comments (2) || trackback (0)
separator
2010/06/03
「さて仕事」と思ってSamplitude 11をたちあげProjectファイルを開いたらWavesのプラグインが読み込めないらしく「LoadLibrary failed with error 126」と言う文で始まるアラートが表示されてしまった。他のホストアプリ,Wavelab 6とかPro Tools HD 8でWavesのプラグインが使えるかどうか試してみたらどれもダメになっていた。他社のプラグインはLexiconは同様にダメだったがSoundToysやMcDSPやSPLのは問題なし。勿論Digidesign,Steinbergのものも問題なし。一度Wavesのプラグインを全部アンインストールしてから再インストールしたものの症状は変わらず。

ただ原因は分かっていた。その数時間前,ちょっとしたデスクトップ周りの不調を改善するためにシステムの復元(System Restore)をしていて約1週間ぐらい前の復元ポイントを復元していた。不調というのは凄く些細なことで,タスクバーにツールバーとして「デスクトップ」を登録していてその並びをよく使うものを下に変えているのだが(変更はメニュー項目をドラッグするだけ)数日前からその変更がシステム終了時に保存されず再起動後再現されないと言う現象。システムの復元で元に戻ったのだが今度は致命的なエラー爆弾と言うわけ。

error 126

おそらくそれが原因だろうとその期間にインストールしたもの,プラグインしか無かったのだが,それを一度アンインストールして再インストールしたものの改善無し。ネットで調べてみたらクリティカルな解決法は見つけられなかったのだがビデオカードのドライバがどうのこうのという記述を見つけて,そういえばRadeon用のドライバをこの前アップデートしたばっかりだった,一度ドライバをアンインストールして再インストールしたら無事問題解決。エラーを吐かなくなった親指サイン

と,珍しく期せずして不調になってしまったわがPC 吹出し ですが,つい先日唄ダビングでホンちゃんレコーディング・デビューを果たしましたあせあせ 組んでからずっとほぼミキシング専用機で今なおRTASの負荷があまりない状態でもたまに-6031のエラーが出てしまうので(H/W Buffer Sizeをなるべく小さく128とか256とかにしてるのものあるけど)ちょっと不安だったのだが,念のためにH/W Buffer Sizeを1024 Samplesにして臨んだら全く無問題,快調だった。ダビング用にかなりダイエットしたSession Fileで,勿論RTASも不使用,だったからかも知れないがあせあせ もうすっかりWindows版に慣れたおかげかコンビネーション・ショートカットキーの操作ミスもなく非常に使いやすい。逆にスタジオ常設のMac OS機を使うと結構ギクシャクするようになってしまった。それに最新versionのOSとPT8だと予期せぬ挙動(知らないとタダのトラップにしか思えない)をするので尚更。それにしてもTyanと云う言葉が通じる現場は楽しい!?

posted at 2010/06/03 16:47:50
lastupdate at 2010/06/03 16:53:48
edit
comments (1) || trackback (0)
separator