[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2007 / 06   «« »»
01
F
 
02
S
03
S
04
M
05
T
 
06
W
07
T
08
F
 
09
S
 
10
S
11
M
 
12
T
13
W
14
T
 
15
F
 
16
S
17
S
 
18
M
19
T
20
W
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
25
M
 
26
T
27
W
28
T
29
F
30
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2007/06/02 :: foobar2000を使ってみる
ヘッドホンアンプを作っている時,リファレンスとなる音はもっぱらその手軽さからノートPCでAudio I/FにEcho Indigo DJとTraktor DJ Studio 3の組み合わせでMP3を再生したものを使っていた。要所要所ではさすがにPro Tools 24|MIXでSession Fileを再生したりして音質のチェック等を行ったが,無駄に起動しっぱなしにしておくには五月蠅いし,電気代が勿体ないし,ということでMP3ですませていた。

しかしTraktor DJも決して軽いソフトとは言えずCPUの空冷ファンが頻繁に回るし,それを起動しつつ製作に必要なソフト,回路図や基板レイアウトの編集表示にIllustrator,メモや計算にExcel,調べ物にFirefox,Data Sheetを見るのにArcobat Reader等々,さすがにPentium M 1.7GHzではアップアップ。で「やはりTraktor DJは豪勢過ぎだろ」と使い勝手の良さから以前からインストールしていたMediaMonkeyを使ってみたら音質の落差に愕然。ちょっと許容範囲を超えている違いだったので再びTraktor DJに戻った,なんてことをHPA製作時にやっていた[:ダッシュ:]

諸々一段落したところで,って遅いんだけど,ちょっとMediaMonkeyの高音質化にトライしてみた。MediaMonkeyは完全では無いけれどもWinAmpのプラグインとの互換性があり高音質化のためのカスタマイズがある程度可能となっている。まずはOutputが純正のDirecSoundがネックかと思い『おたちゃんのMIDI/Audioソフト』で配布されている「out_asio(dll).dll」,それからMediaMonkeyのWebで配布されている「in_mpg123.dll (2.07)」(『WINAMP5用 Shibatch mpg123プラグイン 改悪バージョン』からDLできるものでは正常に動作しなかった)を入れてみた。確かに高域の妙なピーク感が無くなり綺麗に伸びるようになり,低音楽器の引っ込む感じがなくなり良好な結果となったのだが,それでもTraktor DJの押しの強いゴリゴリした音に比べると今ひとつ物足りない。

そこでいっそのこと新たなプレーヤーを試してみようと,ASIO対応必須で出来ればAACも再生出来るものを探してみた。そこで見つけたのが高音質との評判の,ASIO対応も容易なfoobar2000だった。

!!$photo1!!
早速インストールしOfficial ComponentsのASIO supportを入れただけの状態で音をチェックしてみたらこれが結構よろしい。高音質化したMediaMonkeyをさらに一段上を行っている印象。ギャップレス再生もすごく綺麗(Mix CDばかり聴いているからこれは重要)。「よし,これに乗り換えよう」と思ったはいいがすっぴんのfoobar2000は見た目があまりにもしょぼすぎる。ってことで半日がかりでいろんなサイトを参考に,というかいろんなところからコードを必要なところだけコピーしたりして約半日がかりで出来たのが画像のもの[:うっしっし:] Hydrogenaudio forumにあったHome stereo display 1.8.1と同じforumのConfiguration Distribution Threadのこれと,そして『CLARE ZONE』さんの「Single Column PlaylistでAlbum Artをリサイズして表示。」というエントリにあるソースをほぼ丸コピ[:八分音符:] で何とか完成,というか疲れた[:キャラしょんぼり:] 全面的に使いまくったMeiryoKe_UIGothicがなかなかいいよろしい。

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
2007/06/04
きょうは、macoteauでblogー!


*このエントリは、ブログペットの「asukaka」が書きました。

posted at 2007/06/04 10:12:10
lastupdate at 2007/06/04 10:12:10
edit
comments (0) || trackback (0)
separator
[mac
4月の末頃Mac用のキーボードを買うつもりでいたのだが,結局今ひとつググッとくるものが無く,というか丁度その頃米国出張中の友人に意中のキーボード,Adesso SlimMedia Mini Keyboard for Macを可能だったらお土産代わりに買ってきてと頼んでいたのだが,チャンスが無くて買いに行けなかったとかで結局そのままほっぽていた。再度海外から直接購入しようかと思いいろいろ探してみたのだがやっぱり送料込みになると$100以上になってしまうので,あまり気が進まないがKensingtonのキーボードにしようかと思ったり。一応そのSlimMedia Mini Keyboardとデザインが同一のものを国内メーカーSigmaで見つけたのだがWindows用でしかも日本語版しかなくかなりガッカリいなずま ちなみにDo-夢で扱っている。

そこで目先を変えてWindows用で構わないから英語版をいろいろ探してみた。そんなことするぐらいならアップル純正英語版キーボードにすればとお思いでしょうが,あの反り返った感じが手になじまなく,キーを押した時の感覚が気持ち悪く,作りかけのような「一つパーツ組み忘れてねぇ」なデザインが嫌いでどうも受け付けないのだ。我ながら頑な過ぎとは思うけど口 本当はかつてはIBM,今LenovoのThinkPlus USBキーボード ウルトラナビ付きが理想なのだがいかんせんMacでCommandキーとして機能するWindowsキーが無いので駄目。もう4〜5年ぐらい残念がっている涙ぽろり

Evoluent Mouse-Friendly Keyboard こんな時は他店にはない品揃えで有名な(?)User's Sideを見てみたら,あっ,ありました。Evoluent™ Mouse-Friendly™ Keyboardっていうやつ。ぱっと見普通のパンタグラフ式の薄型コンパクトキーボードなのだが,なんとテンキーが左サイドへポジションチェンジしているのだ。MacでPro Tools用に使うつもりながらテンキーは割と補助的な使い方しかせず(殆どショートカットキーとして,数値入力等は普通の数値キーを使う方が多い)別に逆サイドにあってもさほど問題ではないかもと。しかもこのキーボード,Windowsキーの位置が普通と異なっていて左からCtrl,Alt,WinとなっていてまるでMac用な並び。USBハブ機能無しで8K円はちょっと高いけど面白うそう,というか運命的なものを感じて思いきって逝ってみた。色は当然,紫紫ハート

早速PowerMac G4 MDDにつないでみる。通常キーは問題ない。WindowsキーもちゃんとCommandキーとして機能する。さらにMac OS X 10.3.8ではWake,Sleep,Powerキーを押すとShutdownなどを選択するダイアログが表示される。またVolume Up/Down,Muteもそのまま機能する。ほかのメディアキーというか機能キー(ブラウザを起動するとか)は反応無し。iTunesで使えるどうかはインストールしていないので分からずダッシュ Mac OS 9.2.2では通常キー,Functionキーは使えるもののPowerキーなどは使えなかった。まぁ実用上問題は無い範囲。

Evoluent Mouse-Friendly Keyboard さすがにMouse-Friendlyと銘打つだけあって,って自分の場合トラックボールだけど,右手をあまり動かさなくてすみかなり良好。キーボード全体の幅が約39pとコンパクトなのもステキ。ただ傾斜を付けるための折りたたみの足が付いていないのがちょっと残念。あとWindowsキーがCommandキーの位置にあるのはありがたいのだがやや左より,Zキーの真下で,普通のものよりやや左に寄っている。タイピングのホームポジションをスペースバーを頼りにとってしまうとそこら辺のタイピングミス,ASD当たりも含めてしてしまいそう。あとWindowsキーとスペースバーの間にDelキーがあるのもくせ者。確かにずっと前からDelなりBackspaceなり左サイドにあった方が便利なのに,とは思っていたけど,実際トラックボールのボタンにDeleteキーを割り当てたりするけど,スペースバーのすぐ横にあるのはかなりのトラップになってしまいそう。Delキーはスペースバーの両脇にありDelキー好きにはたまらんかもしれないけど?その他,キーの押した感じとかは普通のノートPCとほぼ一緒でノートがメインのわたしとしては丁度いい感じ。

そう言えばUser's SideのWeb Shopには何故かKensingtonのSlimType Keboard for Macが掲載されている。しかも税込み6.279円でマック専門店より安い。さすがPC屋さん!?

ということで,これでまた一つキーボードが増えてしまった。マック用で使わなくなってしまったキーボードが5台になってしまったショッキング 一台目がApple Ajustable Keyboard(付属していたものは紛失?),二台目がADBのTRU-FORM AEK-906T,3台目というかSuperMac S900を買った時に付属していたSuperMacロゴ入りのもの,4台目がMicro ConnectorsのUSB Flavored Keyboard for Macintosh - Strawberry,5台目がMacally IceKey。少なくともADBのものは絶対使わないと思うのだけどなかなか捨てられない。困ったものだ。

posted at 2007/06/04 2:57:25
lastupdate at 2007/11/15 3:11:53
edit
comments (9) || trackback (0)
separator