[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2008 / 11   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
04
T
 
05
W
06
T
07
F
08
S
09
S
 
10
M
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
15
S
 
16
S
17
M
 
18
T
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
23
S
24
M
25
T
26
W
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2008/11/03 :: GE 6414W
先週末はきわめて濃厚過ぎたせいか今週はどうしようもないほど弛緩してしまって何となく居心地が悪い,精神の座り心地が悪い,焦点が合わなくてちょっといらつくような日々。そんな中,驚いたというか感動したのが仕事でご一緒する機会が多い若林女史の御結婚,というか挙式!?おめでとう!ステージ衣装でなくプライベートながち(?)ウェディングドレス姿をブログで拝見するのは感動的。

そんなベッテルにオーバーテイクされワールドチャンピオンをまたも逃したかと思われたハミルトンが最終ラップ最終コーナーでギャンブルに失敗したトヨタ・グロックを抜いて土壇場でワールドチャンピオンになったことに目を離せないでいるなか,ここしばらく手を加えていなかった自作真空管マイクプリのパーツをちょっと交換してみた。

ちょっと前からBassとか低音楽器を通すとたまにノイズが乗ってしまって「真空管がへたったせい?」と思い,出力段に使用しているどちらかというと入手困難な「6414」という型番の真空管が丁度eBayに出てたのでこれをGETして交換してみた。入手したのは厳密には「General Electric 6414W」という型番(末尾のWは軍事用セレクト品ということだろうか?)でNOS(New Old Stock)5本セットで送料込み4,000円ぐらいだった。安い[:あせあせ:]

!!$photo1!!
それほど音に違いは出ないのではと予想していたのだが聞き分けられる程度の違いが出た。「W」がついている以上。もしかしたら真空管の状態が違っているからかもしれないが。交換前のは中古というか,ワゴンセールで売っていたものだしね。

交換後は輪郭がくっきりした感じ,高音域への伸びが少々改善された。ややもすると細くなった印象も受けなくもないがそれは中高域が出てきたので相対的にそう感じてしまうのかもしれない。逆に以前のはちょっと窮屈そうな奥まった印象の音。全体的には交換後のほうがスムーズで好印象。ちなみに某PreAmpも出力段に6414を使っているのだがこれを6414Wに置換するとどうなるのか興味がある,というかそのPreAmpはどの程度の6414を使っているのか興味があるのだが‥‥そう簡単に分解させてくれないから未だ当分謎のまま[:うっしっし:]

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
2008/11/30
[diy
ここ最近,電源ケーブルを作るとき決まってケーブルにはBelden 19364,電源プラグにはMarinco 5266BL,IECプラグにはK+B 43R01を使って製作している。機材用で何本も必要だから,一本数万円の何本も買えないし,コストパフォーマンス重視。マリンコ5266BLは東ラジデパート2Fの桜屋電機店で¥1,450,K+B 43R01は秋葉原ラジオセンター(総武線ガード下)内平方電氣で¥735,ベルデン19364はトモカプロショップで1m880円,と買い出しに行ったら19364が品切れで入荷予定も無しということでケーブル以外のモノを買っただけで帰ってきた。ネットショップ等で19364は買えるけどちょっと高めなんだよねぇ,どうしようあせあせ ちなみに上記の組み合わせで1.5mモノを作ると材料費は¥3,505。

電源ケーブル

以前は電源プラグに松下電工のWF5018ばっかり使っていたのだが,安かったし,このページに影響を受けてMarincoに変えてみたら,これがいい具合に落ち着いた音になったので,以来買うならMarincoってなってしまった。差額200円ぐらいだし。

posted at 2008/11/30 20:22:21
lastupdate at 2008/11/30 20:22:21
edit
comments (0) || trackback (0)
separator
2008/11/26
[bike
普通の格好でバイクに乗ると寒さがこたえるようになってきたので防寒グッズを買い漁ってみた。

まずは下半身!?普段カーゴパンツを履いてるからかもしれないが風が吹き込み放題で,まるで生足にミニスカみたいな,まずはこれを何とかしないと。BikeBrosとかでどの程度の価格レンジでどんなモノがあるのかおおよその下調べをしてナップス世田谷店に行ってみた。

当初は五千円ぐらいのインナーパンツでと思っていたのだが実際店頭で現物を見てたらデザインとか機能で,インナーだからデザインを気にしてもしょうがないのだが,衝動的に予定を変更してRSタイチの『ヒートジェネレータープラス アンダーパンツ』 A型 を買ってしまった。値段は一万円強あせあせ 帰宅して実際履いてみたのだ,室内で履いた限りでは「本当に暖かいの?」と行った印象,ちょっと不安がよぎる。あと,サイズMを購入したのだが,ちょっと自分(身長170cm,体重50kgなかば)にはちょっとだぶつき気味。一応それを履いてスキニーパンツを履いてみたのだが,なんとかはけた。若干シルエットはもこもこして変かもしれないけど。で,実際アンダーパンツを履いてバイクに乗ってみたのだが,確かに風はシャットアウトしているようで肌寒さを感じない。これだったら都内の冬ぐらいなら十分乗り切れそうな気がする。後は出先の室内で暖かくなりすぎたときにどうしようかってことあせあせ

上は, ネットで調べてみるとバイク用のウィンタージャケットに勝るモノ無しと分かったんだけどいずれも「バイクに乗ってますが,何か?」という主張が見え隠れするデザインのモノばかり。乗っていないときも普通に着られて乗ったとき十分に防寒になるのは,といろいろ調べてThe North Face Mcmurdo Parkaを購入。実際着てみたら,風は入ってこないしこれはいいかもしれない。

これで完璧と思ったのだがもうちょっと寒くなったらフェイスマスクも必要かな,と。一応システムヘルメットだから直に風は当たらないのだがまったく風が入ってこないわけではないのでアゴの辺りがちと寒い。

posted at 2008/11/26 22:17:33
lastupdate at 2008/11/26 22:17:33
edit
comments (0) || trackback (0)
separator
2008/11/25
[diary
ゆび?最近,新宿西口界隈に行くと視界に入ってきては気になってしまうビルディング,これって指をモチーフにしているのかなぁ?ともだち?どうも縦長の楕円が爪に見えてしまう。Google Mapで調べてみてもまだ工事中らしくビル名が記載されていない。日テレの深夜ドラマ『トンスラ』でもちょくちょくこのビルが映し出されるんだけど。

posted at 2008/11/25 18:44:26
lastupdate at 2008/11/29 18:39:59
edit
comments (2) || trackback (0)
separator
2008/11/24
レコーディングに携わる者なら誰しも知っているコンプレッサー,というかリミッターの1176LN,わたしの場合唄録りでは必ずといっていいほど使っているのですが,スタジオにUniversal Audioのリイシューモデルしかないと「やっぱ自前で1176持っといたほうがいいなぁ」と思うことしばしば。ということで割と本気でモノを探しているのだが,ただその購買意欲はやたらと頻繁にインターセプトされまくり未だ購入は至っていない。それよりもまず,1176LNには元のUrei製でもいろいろRevisionがあり,その都度回路や使用パーツが変更されていて微妙に音が違うことは何となく知っていたのだが,これを機会に勉強し直している,今更。ちなみに「LN」っていうのは「Low Noise」の略でローノイズ回路を搭載したRevision C以降が「1176LN」と言う名称になった(勉強の成果)。そこら辺のことは英文だけどUniversal Audioサイト内のこのページに記載されている。

ところでUniversal Audioの1176LN Re-Issue Version,現行品で入手しやすいからよいのではと思われるかもしれないが,音質的には「悪い」とは言わないけれどもUREIの1176LNの音を想定していると思わず「アッ,やばい」(この場合は「まずい」という意味)と思ってしまうほど違いがある。ざっくり言ってしまうと1176LNのシルバーパネルよりも音が堅く,ややもすると子音が突き刺さりまくりで一晩柔軟剤に漬けときたいぐらいになってしまう場合も!?そんなわけでUREI 1176LNが星井,と。

1176LNeBayや海外のUsedをざっくり調べてみるとUREI 1176LNの最終バージョン,Revision H,シルバーパネルで赤の電源オフボタン,青いロゴ,シリアル番号7652以降はだいたい$2,000ぐらい。まぁまぁ納得できる値段。使い慣れてるし,音のほうも,変化のし具合は好きな方なのではこれでもいいかなと。最近気がついたのだが,そのRevision Hもパネルが色の濃淡で色分けされているモノと黒の枠線で縁取りされているものがある。シリアルナンバーを見てみたら,前出のページではシリアルナンバー「8000+」と書いてあるがそれらは9000番台,10000番台だった。日本代理店のシールを見る限りでは80年代半ばのモノらしい。

でも,どうせならやはりブラックパネルということになるが,Revision Fで$3,000弱。世界で4400台あまりだから,そんなもんか。そして最も評価の高いRevision D, Eになると世界に1400台弱しかないと言うことで$3,500ぐらい。中には「そんなに安いの?」と日本の中古市場に慣れている方は思うかもしれませんがeBay的にはそのぐらいみたい。で,1176の初号機?ブルーストライプはその倍,とまでは行かないものの倍近くはしてしまう。個人的にはそこまで行くとむしろ興味が無いけどあせあせ

そんなこんなで,Hだと個人で買うには微妙な存在だし,だったら1178でもいいか,かといってFだとその気になっているときは出物が無くて,他に興味が行ってしまっているときにまんまと見つけたりとしてちょっと巡り合わせが悪い。まぁバイクを買っていなかったらDでも楽勝でGETできたわけだけれども。さてどうなることやら,といいつつこの懸案は来年持ち越しだろうけど。

posted at 2008/11/24 3:13:14
lastupdate at 2008/11/24 3:13:14
edit
comments (2) || trackback (0)
separator
2008/11/23
以前にも何度か触れたことのあるPeter GabrielのKate Bushとデュエットした曲『Don't Give Up』。好きな曲,自分が一番泣ける曲,救われた曲,なのだが一度もそれがどんな曲だかを書いたことがなかった。知っている人は知っているだろうけれども知らない人は知らない,今だからこそ一度聴いてみては,と是非薦めたい曲。

この曲がリリースされたのは1986年,Peter Gabrielの『So』と言う彼の5枚目のソロアルバムに収録され,後にシングルカットされる。ちなみにPeter Gabrielは元Genesisメンバーでソロ活動においては政治的なメッセージの強い曲が多かった。1986年,当時のイギリスはサッチャー政権下,空前の失業率増加の事態に陥っていた。日本語版Wikipediaのマーガレット・サッチャーの項を見るとまるで今の日本のような状況だったにも思える。その状況を目の当たりにして作ったのが『Don't Give Up』だった。

その歌詞はこのページとかに掲載されている。Peterは淡々と絶望に打ちひしがれ「自分は競争に勝ち抜くよう教えられ育てられたが,もう力尽きた。夢を抱くことも叶わぬ人間になってしまった。」と歌い(語り)始める。すると「Don't Give Up」とまるで天から聞こえてくるような,救いの声が続く。その声の主はKate Bush。割と平易な英語なので歌詞を見ずとも何となく言わんとするところは理解できるのではないだろうか。クライマックス,主人公は橋から川の流れを眺め絶望の叫びをあげる,しかし多くの人たちは必要とされていない‥‥

この曲のPVは2パターンあっていずれもGodley & Cremeが作っている。一つはPeterとKateが抱き合っているだけのちょっと抽象的な表現のものと,もう一つは歌詞の内容にそった映像のもの。下の映像は後者のほう。是非ごらんあれ。


出来れば圧縮音源じゃない音源で聴いてもらうと,この曲のもう一つの聴き所Tony LevinによるBass,というかStickをも堪能してもらえるのではと。せこいけど A型 とかでどうぞ。

posted at 2009/08/07 20:07:21
lastupdate at 2009/08/07 20:07:37
edit
comments (5) || trackback (0)
separator
2008/11/22
Tube Mic-Preamp 製作記:音質比較ここ一年以上たらたら作っていた,といっても今年に入ってからはペースがかなり落ちましたが,自作真空管マイクプリ,ようやく本物,というか回路をお手本にした,主回路はほぼ一緒のDual Mono Mic PreAmplifierと音を比較できる機会がようやく巡ってきたあせあせ といってもじっくりMicを使って比較している状況でもなかったので(いろいろ事情があるもので)Pro Tools HDからLineで音を出しそれを各々のMic Inputに入力しそのリターンを再度Pro Toolsに入力しRecしそれを比較,といった手順。

回路は一緒であるけれども使用しているパーツで共通しているのは真空管と最終出力段に使われているカップリングコンデンサ,Multicapぐらいなので音は結構違ってくるのではと思ったのだが意外にも同じ,少なくとも同じ方向性の音になっていたのには我ながらビックリ。同じ型番の割と変更された項目のあるRevision違いぐらいの差違,程度には収まった!?ただ,作る際に意識した部分でもあるのだが(入出力トランスにはLundahlを使用し内部配線には純銀線を使用など),中高域の出方は我が自作のほうが滑らかで明るめ。まぁオリジナルの方はそのちょっと変わった感じ,中高域の癖がウリの一つでもあるからしょうがない。自作プリのテーマは一応「癖のない,よりオールラウンダーなマンレー」を目指していたから目標は達成できたかもしれない。ただ可能な限り純銀線を使ったのはちょっとやり過ぎだったかも。あと,僅かながら低音の伸びも我が自作のほうがいいかもしれない。

と,気合いを入れて作ったマイクプリなのだが残念ながら最近出番が少ない。最近ある意味結構強烈なものを買ってしまったのでその座を追われてしまった感じ。でも,リズム取りなんかでは青いパネルのアレなんかよりは優先的に使ってますあせあせ

ところでスタジオのアシさんとか「エッチエー」と言うのだろう。意味的には理解できるけど,単体のマイク用電圧増幅器はMic PreAmplifier,マイクプリと言うべきなのでは,と思ってしまう。厳密に言うとHAとはコンソール或いはチャンネルストリップ(これにしてもコンソールの1ch分を抜き出したような機器という意味でこの名称なんだけど)の入力増幅段を指すのでは,と。「Head Amp」でググると英語圏ではギター用のそれが圧倒的にヒットするんだけど,ねぇ。で,HAと呼ばれるものを「MicPre」としてググると期待通りの検索結果になる。

全然,話は変わりますが,これを書きながら何となく見ていた2時間ドラマにかつてドラマ『GTO』に相沢みやび役で出演していた中村愛美が出演していてビックリ,というか女優をやり続けていることを知りホッとした。なんかいろいろあって活動停止,事務所を辞めたりとあったようなのですが,諸々乗り越えられたってことでしょうか。

posted at 2008/11/22 23:43:19
lastupdate at 2008/11/23 1:14:23
edit
comments (0) || trackback (0)
separator
2008/11/18
[diy
アッテネータ実装こんな風にしてみると自作とは思えないようなルックス。今時はプリント用紙もいろんな種類があってメタリック調のマット・シルバーに白抜きでプリントしてパネルにぺったんパー 間近で見るとさすがにあらは目立つけど‥‥

昔は,相当昔,インレタ(インスタントレタリング)でシコシコ一文字ずつ入れてって最後にフィクサチーフかつや消しラッカーで,なんてことやってたんだけどもう便利になったもんだあせあせ

posted at 2008/11/18 21:13:29
lastupdate at 2008/11/18 21:13:29
edit
comments (0) || trackback (0)
separator
2008/11/16
[diy
機材のセッティング替え,というかシステムのアップデートをしていたらどうしても外付けのボリューム,音量調整器,まぁアッテネータが必要になり,市販品だとまず高いし,減衰量も使いやすいような値のものがないし,ということで自作してみました。

当初はアッテネータだけではなく簡単なミキサー機能も加え電源も組み込むつもりでいたのだが,別途サミングアンプも購入できたのでパッシブのアッテネータでもいけると。あとは,用途が個別音量調節が出来ないサミングアンプへのエフェクト音の音量調節なので,バランス回路におけるアッテネータの回路をどうするかの選択。

いろいろネットで調べた結果,手間はかかるけどいろいろ良さそうな「ブリッジT型」にすることに決定。参考にしたのは,Sinoさんの『理想のアッテネーターを求めて!』,計算式はここに掲載されている。複雑そうな割には計算式がシンプルで綺麗!?ただ,いずれもアンバランス向けなのでこれをバランスにしなければいけない。そこで参考にしたのが東京光音電波のステップ可変型ATT C型のHN型(橋絡平衡HN形,これも見た目でHなのか?)というやつ。データシートを見て回路をまねてみた。ようはHOT側とCOLD側2回路分,ってこと。

Balanced Attenuator

それを2チャンネル分。パーツはGarretAudioで購入した4回路23接点のロータリーSW,Dale抵抗RN-60(1/2W)。抵抗は1チャンネル分92本。2チャンネル分184本!!ひたすら半田付けして完成したのが下の写真。

Balanced Attenuator

ロータリーSWは1Uパネルに押し込みたかったので(高さ44mm以下)これを選んだのだが割と熱に弱く少しばかり難儀した。コストは1チャンネル分約6000円(ケーブル,コネクタ類を除く)ぐらい。

減衰量は0, 3, 6, 7, 8, 9, 10 - (0.5 step) - 18とちょっと不規則。経験上10dB以下を微調整することが多いのでこんな値にしてみた。設計値からのズレは最大で±0.2dB。既製品の抵抗を使い近似抵抗値でやっているからしょうがない。で,2チャンネルの相互誤差は実測で最大0.1dB。これはわりと優秀?もっと追い込むためにはそれこそ0.1%誤差の抵抗(RN-60は1%)にしなければいけないし,それを考えるとマスタリンググレードの0.5dBステップってやっぱ凄い,100万越え当たり前は頷ける。

posted at 2009/01/11 6:11:59
lastupdate at 2009/01/11 6:12:58
edit
comments (1) || trackback (0)
separator