[goto blog top] [Tips] [Special] [My Profile] [Macolife, The main page before Brog 1997-2006]
entry font size:  
2010 / 04   «« »»
01
T
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
19
M
 
20
T
 
21
W
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
27
T
28
W
 
29
T
 
30
F
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Mia and Chihiro
Pickup Photo!
2010/04/30 :: Summing Mixer
いわゆるSumming Mixerと呼ばれるものを(Summing Boxとも言い,DAW内部のミキシング機能を使わず,或いは最小限の使用にとどめるかわりに外部で音声を加算合成するために用いられるシンプルな機能だけを有するミキサー。ラックマウントタイプのものが殆どでレベルをコントロールするフェーダーさえ搭載していないものもある。外部アナログ回路でミキシングすることでデジタルミキシングとはまた違った広がり,定位感,質感等を得られることが多い)現状SPL MixDream XPとAPI 8200Aと持っていまして,キャラ違いのこの二つのミキサーの組み合わせを気に入っているのですが,8200Aの方はその後ろにステレオコンプを接続したままにしていて別系統でコンプ無しでMixDreamとは違う系統を,去年末にシステム替えして16ch + 8ch = 24chのミキサーインプットに対してDAC出力がメインアウト以外に32chもあるからもう1台ミキサーを増やしてみよう,なんてこの数ヶ月考えておりました。

まずは追加するミキサーの機種選定。8200Aが第一候補としてその対抗は,と思ったものの真空管を使ったものなどは値段はその倍近いし,Neve 8816もそそられるけど1.5倍程度の値段だし。と思ってたら,なんと,Neveの故郷,UKのオンラインショップで安いところだと1,800ポンドからあることを発見。ポンドとと云ってもピンと来ないかも知れないけれども,現在ユーロだけでなくポンドも円に対して安くなっていて,今現在だと約145円ぐらい,これに送料,輸入時の消費税,為替手数料を含めても30万以下で行けそう(日本国内の半値に近い),ってことで結構その気になってしまったのだが機能,スペックなどを調べれば調べる程個人的にはネガに思える細かい所が気になり始めてしまった。音の方はサンレコの製品レビューでも分かる通り予想できる通りで悪くはないと思うのだが,回路的に,例えば入力部はドコにも明記されていないのだがおそらくICのOpAmpで構成されているだろうし,Mix Busにインサートやその他付加機能がある分バッファー回路なりサミング回路が数段入れられているはずで,当然それぞれにOpAmpが繰り返し使われているはずで,多機能大型コンソールでは当たり前のことだけれども果たして単純に音を混ぜるだけのSumming Mixerにおいてそれは有利か不利か。個人的には回路はシンプルでその分ディスクリート構成にしてたりとかパーツもワンランク,ツーランク上のものを使っているような機材のほうが設計意図が理解できる,なんてことを考えはじめたら8816がそれほど魅力あるものに思えなくなってしまった。

と,言った考察の末結局当初の第一候補を注文して,てっきり来月末ぐらいに発送になるだろうと思っていたのだがもう既に飛行機の貨物室の中にいるらしい。連休中には届くでしょうか。そのために今はせっせとコネクタパネルならなにやら製作中[:あせあせ:]

!!$photo1!!SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

all photo
Recent Diary

Recent TrackBack
• dl.exe
  └ はまりゅうのいろいろぐだぐだブログ
         └ at 2011/04/26 14:57
• Applications for SH-03C!?
  └ 必見!時代の流れはここにあリ!
         └ at 2011/02/02 15:35
• drama
  └ ブラッディマンデイ
         └ at 2009/12/24 6:29

Recent Comments
• Re:Summing Mixer
ミノやん? at 05/01 1:02
ミノやん? at 05/01 1:03
Macoteau T at 05/01 1:39
ミノやん? at 05/05 17:13
Macoteau T at 05/06 23:26
• Re:METEX M-3870D
BlogPetのasukaka at 10/13 14:27

Pageview Ranking
2010/04/30
いわゆるSumming Mixerと呼ばれるものを(Summing Boxとも言い,DAW内部のミキシング機能を使わず,或いは最小限の使用にとどめるかわりに外部で音声を加算合成するために用いられるシンプルな機能だけを有するミキサー。ラックマウントタイプのものが殆どでレベルをコントロールするフェーダーさえ搭載していないものもある。外部アナログ回路でミキシングすることでデジタルミキシングとはまた違った広がり,定位感,質感等を得られることが多い)現状SPL MixDream XPAPI 8200Aと持っていまして,キャラ違いのこの二つのミキサーの組み合わせを気に入っているのですが,8200Aの方はその後ろにステレオコンプを接続したままにしていて別系統でコンプ無しでMixDreamとは違う系統を,去年末にシステム替えして16ch + 8ch = 24chのミキサーインプットに対してDAC出力がメインアウト以外に32chもあるからもう1台ミキサーを増やしてみよう,なんてこの数ヶ月考えておりました。

まずは追加するミキサーの機種選定。8200Aが第一候補としてその対抗は,と思ったものの真空管を使ったものなどは値段はその倍近いし,Neve 8816もそそられるけど1.5倍程度の値段だし。と思ってたら,なんと,Neveの故郷,UKのオンラインショップで安いところだと1,800ポンドからあることを発見。ポンドとと云ってもピンと来ないかも知れないけれども,現在ユーロだけでなくポンドも円に対して安くなっていて,今現在だと約145円ぐらい,これに送料,輸入時の消費税,為替手数料を含めても30万以下で行けそう(日本国内の半値に近い),ってことで結構その気になってしまったのだが機能,スペックなどを調べれば調べる程個人的にはネガに思える細かい所が気になり始めてしまった。音の方はサンレコの製品レビューでも分かる通り予想できる通りで悪くはないと思うのだが,回路的に,例えば入力部はドコにも明記されていないのだがおそらくICのOpAmpで構成されているだろうし,Mix Busにインサートやその他付加機能がある分バッファー回路なりサミング回路が数段入れられているはずで,当然それぞれにOpAmpが繰り返し使われているはずで,多機能大型コンソールでは当たり前のことだけれども果たして単純に音を混ぜるだけのSumming Mixerにおいてそれは有利か不利か。個人的には回路はシンプルでその分ディスクリート構成にしてたりとかパーツもワンランク,ツーランク上のものを使っているような機材のほうが設計意図が理解できる,なんてことを考えはじめたら8816がそれほど魅力あるものに思えなくなってしまった。

と,言った考察の末結局当初の第一候補を注文して,てっきり来月末ぐらいに発送になるだろうと思っていたのだがもう既に飛行機の貨物室の中にいるらしい。連休中には届くでしょうか。そのために今はせっせとコネクタパネルならなにやら製作中あせあせ

Summing Mixer
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8


posted at 2010/04/30 22:43:35
lastupdate at 2010/04/30 22:43:35
edit
comments (453) || trackback (0)
separator
2010/04/27
前回のエントリで,某スタジオでのケーブル談義の話をしましたがその流れで電源ケーブルに関しての話に及び「お勧めは?」と聞いたところCardas(カルダス,カルタスって読んでると言っていたけど)がお勧めで数種のグレードがありグレード毎にケーブルの色分けがされているらしいのだが,中でも青色のQuadlink-5c Power Cordが高音も出すぎず,低音も膨らみすぎずバランスがいい,と云うことで,諸々一段落したと頃合いにネットで調べてみたら丁度中古のものが定価(約4万)の半値ぐらいであるのを見つけ注文。ネットで調べた限りだと新品でもより上のグレード,GoldenとかGolden Referenceとかは扱っているところがそこそこあるのだがQuadlinkは殆どなくその中で中古を見つけられたのはちょっとラッキーだったかあせあせ

Cardas Quadlink-5c Power Cord
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

品物が到着したので早速,というかとりあえずDAW用,というかProTools HDで使っているPC 吹出し に使っているケーブル,Belden 19364に電源プラグにMarinco 5266BL,IECプラグにShurter 4781を取り付けた自作ケーブルと交換してみた(いずれもVoltAmpere GPC-Tに接続)。それほど違いは出ないと思っていなかったのだが意外にも効果覿面で驚いた。全体的には諸々整理されて見通しが良くなった。自作の方はQuadlinkを聴いたあとだとちょっと五月蠅い,というかワシャワシャしている,個々の音が前に前に出ようとして,まるで張り切りすぎたひな壇芸人に収拾がつかなくなって鬱陶しい,感じにさえも思える!?Quadlinkは中域辺りが割とすっきりとして印象。そのおかげで視界がいいように感じられるのかも知れない。低音の方は,KickとかBassとか,ちょっと重心が下がり腰がより据わった感じになりつつもブーミーになることなくまとまりがよく「形が良くなった」印象を受けた。

こうなると他の機材のケーブルも,と思うのだがコストがあせあせ 常時使う機材だけで15本ぐらい必要なんだけどまず無理!! でもあと2本ぐらいは。米国のオンラインショップを見てみると1.5mものが$234で結構安い。2本送料込みで$500ぐらいか!?

ところでこのQuadlinkに使われているIECプラグはShuter 4781だと分かったのだが電源プラグの方は今までに見たこと無いもの(そんな数多く見たわけではないのだが)でちょっときになる。ブレードは見た目ニッケルメッキっぽい。

Cardas Quadlink-5c Power Cord
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

posted at 2010/04/27 22:20:04
lastupdate at 2010/04/27 22:22:07
edit
comments (4) || trackback (0)
separator
2010/04/26
DAW用のPC 吹出し を組んだ際まずは手持ちで余っているSATATケーブルを,あるいはマザーボードに付属するケーブルを使い,その後構成がほぼ確定した頃にケース内配線をすっきりさせるためとラックマウントケースに収めたPCを運搬する際SATAケーブルがショックで抜けたりする可能性を取り除くためロック機能付のSATAケーブルに交換した。マザーボードに付属するケーブルはゆるゆるですぐに抜けてしまいそうなため。

リプレイスのために購入したSATAケーブルはフリーダムの緑色のシースルー丸形ケーブル。単に見た目綺麗だったための選択。そしてその頃からだろうかPCが不調な感じになってしまう。HDDが不意に不調になることが多くなってしまった。現象としてはHDDの読み書きが極端に遅くなり,酷いときはおそらく数Kbytes/sec,アプリの動作もフリーズも同然の状態になり強制再起動。すると今度はBIOSでもその遅くなってしまったHDDは認識しないか,認識しづらくなる(認識するまで結構時間がかかる)。一度数分間電源をOFFにしてみると正常に認識されるようになったりしたがそれでも芳しくないときはSATAポートを変えてみたり,なんてことをしていた。このときはSeagateのHDDが良くないのかと思っていたのだがそのうちINTELのSSDでも似たような症状を起こしはじめる。こちらは起動ディスクにしているからたちが悪い。その中で唯一全然不調にならなかったのが作業用のWestern DigitalのVelociRaptar

SATAケーブル
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

そこで一旦状況を整理して考察してみたらその不調になったデバイスには共通して前出緑のケーブルが使われていることに気がついた。唯一VelociRaptorは前PCからの使い回しのロック付きケーブルだった。ケーブルみたいな単純なものが不調の原因になり得ないだろうという思い込みがあったからか,わざわざ買い換えたケーブルだからそこに原因が無いことを無意識に期待したのかケーブルに疑いをモツまでに時間がかかってしまった。MB付属品のケーブルで状況が改善することを確認した後,とりあえず3本使っているの内の2本,起動ディスクにも使っているのものをMCOの3重シールドSATAケーブル JST-3S03/YL A型 に変えてみたら,見た目は今ひとつなんだけどノイズに強そうなのとロック付きということでチョイス,とりあえず不調に陥ることが無くなった。そして残りの1本も同じ製品の50cmものに交換。おそらくこれで不調は無くなるはず??

よもやSATAケーブルが原因だったとは(推定ではあるけれども),全くの盲点だった。先週某スタジオにお邪魔した際,そこは米国本社から特注PC用ケーブルも用意されるという,SATAケーブルでいいものない?と聞いたらそれは普通にショップで買っているとか。てっきり凄いSATAケーブルを使っているのかもと思ったのだがあせあせ

米国本社と云えば,全然話が変わりますが,某社は米国本社の意向でかヨドバシカメラなどのオンラインショップでの製品販売を中止させたらしい(Yahoo!ニュース記事)。店頭販売は引き続き可能とか。文面からすると強制終了!?違法アップロードがあっても管理は本国でやっているから‥‥とか。何様だよ,将軍様だよ,って感じでしょうか。秘密主義と対外イメージに神経質なサマは某国っぽくしか見えないんですけどスマイルフェイス

posted at 2010/04/26 19:19:44
lastupdate at 2010/04/26 19:19:44
edit
comments (0) || trackback (0)
separator
2010/04/21
月曜日は偶然にもマスタリングの連ちゃんデーとなって,いずれも新宿からほど近いスタジオだったこともあり,間隙を縫って新宿西口によってDAW用PC 吹出し に使う,2.5インチのSeagate Momentus 7200.4 ST9500420AS (500GB)と入れ替えるため,HDDを購入。Western DigitalのWD Caviar Black WD1002FAEXがそれ。速度の面で不満があったわけはないのだが容量500MBだと残り空き容量をそこそこ気にしなければいけないような中途半端な容量だと2ヶ月かかって分かったのと,どうもマザーボードとの相性なのかチップセットとの相性なのかSeagate製のHDDがたまに極端に書き込み速度が落ちることがあり,一旦違うSATAポートに接続するとかドライバを一旦削除するとかすると元に戻る,そのうち交換してもいいかなと,Western DigitalのVelociRaptorは問題無かったので次はWDを,と思っていた。そんなときインターフェイスが新しいSATA 6Gb/sに対応しキャッシュがなんと64MB。そしてSequential Read/Writeが結構速いというのを見かけたので,値段も1万円前後だし,仕事も一段落したことだし購入に至ったというわけです。

まずはPCをAronis True Homeの起動ディスクで起動しクローンの作成。その後Windows起動後,お約束のCrystalDiskMark 3.0でテスト。

20100421.jpg


正直速いかどうかは体感できずあせあせ 他に1万回転HDDやSSDを入れているから「まぁ普通!?」としか。そして余ったST9500420ASはThinkPad T60p 吹出し へ移植。160GBから一気に500GBへ増量。CrystalDiskMarkで見ると130%ぐらい連続読み書きが速くなっているのだがもう「起動ディスクはSSD」の環境に慣れているせいか「所詮HDD」って感じでもっさりとしか感じられない。Primary hard diskのスコアは5.8から5.9になって程度なのでまぁそんなもんでしょう。

【4月23日加筆】
接続ポートとか変えてみたらちょっと改善。こっちが本来の性能かも。

CaliverBlack3.PNG

posted at 2010/04/24 23:58:08
lastupdate at 2010/04/24 23:58:29
edit
comments (0) || trackback (0)
separator
2010/04/18
アルバムのレコーディング最終日お花を頂いた。

花?華?
SMC PENTAX-DA★55mmF1.4 SDM

珍しいことだ,と云うか初めてあせあせ アルバムタイトルにちなんで??

気がつけばもう五月,全然実感が湧かない。先月末から折角の仕事依頼をお断りする程忙しかった。今日辺りでようやく一段落。

先日わがDAW用PC 吹出し がStudioデビューを果たした!?今更。動作音は苦労の甲斐あってか空気清浄機の標準運転中並(?)でコンソール下に置いたぐらいでは耳障りになる程では無かった。動作も順調,と思いきやPro Toolsでリージョンをミュートするショートカット,Control + Mを間違ってControl + Nで新規作成ダイアログを表示させキャンセルするとそのままアプリが無反応,そして,再起動,なんてことが数度あった。DSPを使い切るようなSessionを開いているためだろうか?謎。それとPro Tools Softwareではマック版との操作性の差違を埋めるためかWindowsキーにもキーコンビネーション用の機能が割り当てられていて,よくWindowsキー + クリックアンドドラッグでScrub,+ Tabキーで選択リージョン間の移動をガシガシ使っているといつの間にかそのWindowsキー+何,或いはTabキーが正常に機能しなくなってしまう。アプリを再起動すると治るのだがちょっと煩わしい。全然関係ないけどSSLのコンソールはスピーカー台として最高,慣れているだけかも知れないけど,そのタイトさが心地いい。コンソールが無く,スピーカー台に設置しているところで好みの鳴りがする所って記憶にない。六本木のあそこは結構タイトで良かったかな。大概低音が余計な鳴り方,余計なアンビエントが付加されて気持ち悪い。

その日の食事はデリバリーでCoCo壱のカレー。納豆をトッピングするとうまいとCoCo壱通のメンバーが主張するので試してみたら,確かに,なかなかくせになる組み合わせだった。

posted at 2010/04/18 18:10:42
lastupdate at 2010/04/19 4:47:07
edit
comments (0) || trackback (0)
separator
2010/04/11
[pc
今住んでいるところが,やっと地デジ対応に,しかもケーブルテレビになってしまいました。地デジの方は既に室内アンテナでしのいでいたので,多少電波が強くなった程度でまぁそれほどでも無いのですが,CATV化で各戸インターネットモデムもオーナーさんの粋な計らいで無料設置となったのでNTTのADSL8Mから乗り換えてみました。

月々の料金からすると下り30Mbpsコースが良かろうかと思っていたのだが,いろいろ割引が適用されるのでその上の速度の160Mbpsでも今NTTに支払っている額ぐらいになるようなので数秒迷った末に?160Mbpsで契約。

早速ルーターにつないでみたらルーターとモデムの接続が出来ない。いろいろ設定を変えてみたのだがだめ。ルーターは一昨年6千円ぐらいで買ったコレガの無線LANルーターCG-WLBARGPXB。安物だからダメなのか,古いからだめなのか,とりあえずWAN側が100BASE-Tで心許なかったのでここはルーターを新調しようと西新宿へ。

1万円しないものでも良かったのだがパッケージを見たらどの製品もスループット90Mbps前後とボトルネックになりかねないスペックだったので,それらのワンランク上の,山積みに置かれていたバッファローのWZR-HP-G301NH/Sというルーターを購入。1.5万円程度。パッケージにはFTPスループットが150Mbps以上と記されていたので問題無さそうに思えた。

帰宅後早速接続。とりあえず設定とか何もせずLANケーブルをつないだだけで無事ルーター経由でインターネットアクセスが出来た。価格.comのブロードバンドスピードテストで通信速度を測ってみたら下りは95Mbpsぐらい。なかなか100には届かない。上りは5Mbps。モデムに直接つないでも同じぐらいの速度なのでルーターによる速度低下は無い模様。

そんなわけで,ダウンロードで10Mbytes/sec程度は期待できると言うことで最近下手するとギガに及ぶファイルをやり取りすることもあるのでかなり楽になるあせあせ計算上では2分もあれば1ギガのファイルがダウンロードできるハズ!?これまで下り1.5Mbpsだったから(よく我慢できたもんだ)雲泥の差スマイルフェイス その昔,2400bpsとか9600bps(速度比は1万倍以上)でCompuServeとかeWorldとかから1Mbytesのファイルをダウンロードするだけでも電話料金のことを考えるとひやひやだったのに‥‥さすが21世紀あせあせ ちなみにeWorldというのはふる〜いマックユーザーなら知っている世界!?

posted at 2010/04/11 6:14:11
lastupdate at 2010/04/11 6:18:19
edit
comments (0) || trackback (0)
separator
2010/04/05
ThinkPadのトラックポイントのキャップ,愛用のクラッシック・ドーム・キャップのストックが無くなりそうなので10個入りパックを2個購入。

Classic Dome Cap
SMC PENTAX-A MACRO 50mm F2.8

てっきりアマゾンとか普通のPCショップで購入できるものと思っていたらクラッシックドームのみのパックはどこも在庫切れで「これはヤバい」と思いヤフオク探して思わず大量購入。ヤフオクで検索すると入手困難な雰囲気はなかった。

クラッシック・ドームは指先が滑らなくていいのだがその反面汚れやすく,汚れてくると滑りやすくなってしまうので,自分の場合2ヶ月ぐらいで1個ペースぐらいか,定期的に交換しなければならない。20個だとThinkPad T60pとDAW用PC 吹出し で使っているThinkPad USB TrackPointキーボード二つで約2年分ぐらい!?そこまでT60pは使うつもりは無いけどもうそろそろW何とか辺りが‥‥

posted at 2010/04/05 20:29:05
lastupdate at 2010/04/05 20:29:26
edit
comments (0) || trackback (0)
separator
2010/04/01
あまりTVの歌番組を見ないのですが,先週末放送の『ミューズの晩餐』と云う番組に堀江美都子さんが出演したので,正座はしなかったけど,しっかりじっくり見てしまいました。相変わらずの透明感のある素晴らしい歌声でビックリ。デビューは12歳で『アクビ娘の歌』を歌ったのもその頃でなんと恐ろしい12歳だったのでしょうか,とも。デビューから40年以上経っているのも凄い。

エピソード話もいろいろ面白かった。『キャンディキャンディ』の「ねっ」はその表現に苦労した渾身の一音だとか,大御所作詞家先生の話によると「同じ単語を3回続けると強烈に印象に残るものになる」とか。

近年ではアニソン歌手育成の教室を開いているそうで,その授業風景,とある生徒がテンポゆっくりの熱唱系の曲を歌い終えたところで「あなたの歌には隙がない,隙をつくるように」みたいなことをアドバイスしていた。これは自分も日頃思っていることでなんか共通する認識を持っていることにちょっとニマニマあせあせ 歌っている当人としては徹頭徹尾力で押し切ってさぞ気持ちいいかも知れないけどその気持ちよさが聴く人と共有できるかと言うと意外にそうでもない,ってことが多々あるんですよね。そういえばその前日秋元康氏が出演している番組を見てたら,ニューヨーク在住の頃に書いた美空ひばりさんの『川の流れのように』に関するエピソードを披露していたのだが,そこで流れたいた『川の流れのように』,改めて聴いてみると一音一音に個別の表情が付加されているように思え改めて凄い,と。そして,意外に力を入れている,というかこぶしも入れつつ押している音がワンフレーズに一音ぐらいなのにもかかわらず雄大で力強い感じを出していることにビックリした。

話を戻して,その番組後半,代表曲をメドレーで弦楽四重奏をバックに歌ったのだが,これが見たかった,一番ピッチが安定していて心地よかったのが堀江さんの歌だったあせあせ 日頃コンピュータベースの音を聴いているから殊更そう感じたのかも。むしろアカペラでも良かったのでは!?ちょっと弦が邪魔だったスマイルフェイス

posted at 2010/04/01 21:04:22
lastupdate at 2010/04/01 21:04:22
edit
comments (0) || trackback (0)
separator