ご意見ご感想情報等ありましたらこちらまで


<IMG SRC="images/vault_navi.jpg" WIDTH=370 HEIGHT=42 usemap="#vault_navi" BORDER=0>

[January_2006]

27 Jan, 2006
02:20AM

最近,何処にでも持ち運べるようなヘッドフォンアンプをちょっと物色している。何処のスタジオでもカレントのキューボックスあたりが置いてあればよいのだが,その超つまらない出音(何も足さない何も引かない)が結構好きなのだ,あってもFURMANのくされキューボックスだったりなんだったりと信頼出来ないことが多い。そんなときはしょうがないので不満はあるがくせを知っている分安心出来るSONYのDATのHP OUTを使ったりする。そんなこんなでかねてより目を付けていたC.E.C.のHD53 ver.8をもう購入する気満々でフジヤエービックのネットショップで値段を調べようとしたらそこに気になる文章が。「ウルトラゾーンProline 2500/Proline 750 / Proline 650などとの組み合わせはあまり推奨できません。」と。ここ数ヶ月厳密にはPROlineでは無いけれどもその派生的なDJ1 Proを愛用しているので気になって問い合わせてみた,その非推奨の理由を。Ultrasone PROlineシリーズと言えばハイエンド,ローエンドの再生能力がメチャごついことで有名なんだけどその高性能があだとなってHD53とは相性が悪いそうなのだ。メールには「C.E.C.のヘッドフォンアンプは、SENNHEISERのヘッドフォンで音決めをしているため、ULTRASONEのPROlineシリーズのスペックでは、想定範囲外となってしまいます。」としっかり流行語を押さえた説明が為されていました。先にリンクしたページにはMUSICAのものが相性がいいようなので暇を見つけて中野に逝ってみようかと(^^ゞ また,SONY MDR-CD900STに最適化されたNavigator HPA-900なんてのもあるそうだ。自分は所謂そのスタジオ定番HP滅多に使わないので,でも手頃だよなぁと調べてみたらセカンドスタッフ扱いのもと知って…………

24 Jan, 2006
03:30AM

backstage 先週の後半は川崎の某所にあるスタジオでお仕事でした。「こんなとこにスタジオがぁ?」とちょっと驚きだったのですが,主にライブのオンライン録音に使われたりするそう,しっかりSSLのコンソール(Eのフレームに全Channel Gモジュール)が据え付けられておりなかなか居心地が良かったです。 SSLを前にすると落ち着く(^^ゞ そう言えば昔からある箱なのですが何故か行ったことがなくこんな形で足を踏み入れるとは。

Digidesign Mbox 2がWindows環境で挙動が最低らしい。ドライバがあたりまくりでスッピンのSystemでないとまともに動作しないとか。バンドルされているPro Tools LEがヴァージョン6.xだからかもしれないが,とのこと。まぁ軸足がMac OSにあるDigidesignだからしょうがないと言ってしまうとそれまでだが,枯れ気味のWindows XPであたりまくりのドライバを作れることの方がむしろ素晴らしい,プログラマは別の分野でその才能を生かしたら,と皮肉も言ってみたくなる今日この頃です(^^ゞ

何故かしらねどわがIEEE1394機器,FireWire機器の生存率がかなり低いのです。外付けHDDケースが2つ死亡,外付けDVD-Rドライブが1台完全動作不良,ラトックのリムーバブルケースが1台動作不良な症状が多発し死亡認定,もう1台も結構怪しい状態に。なんかとっても死亡率100%な状態なのです。全部IEEE1394変換ブロックがダメになっている模様。ホストのPowerMac G4 MDDが何らかの致命傷を与えているのでしょうかねぇ?ここ数年なるべくIEEE1394機器は減らす方向にしているのですが,どうしても仕事の関係上少なくともIEEE1394外付けHDDは必要なので弱っています(^^ゞ DigidesignがSCSI推奨のままでいてくれたらこんなことにならなかったのに,なんて嘆く日々(>_<)ゞ いい加減ころころ標準規格を変えてくるメーカーに忠義をたてる必要もなかろうにと思うのだがドライバもまともに作れないところだから諦めるしかないのか(^^ゞ

今一番の興味,それは連日ストップ安が続いて株価が0円になったらどうなるの?ってこと。株には疎いものでそこら辺の仕組みがよく分からない。単純計算だと一日あたり80円安くなっていくとして今週金曜日には0円に到達,ってことになるの?と話題の某社株価の話です。身近なところでももろ被害を受けてらっしゃる方がいるそうで思わず笑っちゃいます,じゃなくてご愁傷様です。昨年12月來の高騰ぶりから倍増も確実な勢いだったのでショックもデカいでしょう。でも,ずっと胡散臭さを放ってきたその某社に財産をなげうつ勇気は称賛に値する,かもよ(^^ゞ

18 Jan, 2006
07:20PM

GIGABYTE GV-N66256DP #3

nVIDIAのGPUはものによってGPU CoreやAmbient(周辺部)の温度を取得出来るそうなのだ。しかし,GIGABYTE GV-N66256DPに使われているGeForce 6600無印にはその機能が付いていない,純正状態では。ところが徘徊して見聞きした情報でBIOSをいじることよってGPU Coreの温度取得は可能らしいと言うことを運悪く知ってしまった。当初は「BIOSをいじるなんてそんな大それたことを……」と自重してみたのだがその書き換えは1byte分書き換えるだけでいいことを後に知ってしまい,たまらずやってしまいました(^^ゞ BIOSの書き換え自体は5200で何度か経験済みだし何とかなりそうに思えたし。

具体的なやり方は英文だけどこちらのnVidia FORUMの投稿で丁寧に説明されている。ようはオリジナルBIOSをまずはnVFlashで保存し,そのオリジナルを安全のため残しつつコピーしたROMファイルをバイナリエディタで一カ所書き換え(わたしの場合はTSXBINを使いましたが)再びnVFlashで書き込む。nVFlashの使い方はネット検索で容易にヒットするのでそちらを参照して下さいまし。6600の場合nVFlashはなるべく新しめのものを使った方がいいみたい,というか対応してないよみたいな注意を促される。v5.25だと問題なかった。

[2月1日加筆:古いVersion,例えば5.13ではromファイルのVersionを表示させたとき「WARNING: Unknown Board ID 4332 (It is recommended you obtain a newer version of NVFLASH.)」等が表示される。]

↑ click2zoom
成功すると6600のプロパティ画面に英語版だと「Temperature Settings」と言う項目が加わりGPU Coreの温度が表示される(わたしの場合はAmbient項目は表示されなかった)。また,Lavalys EVERESTのようなシステム情報表示ソフトなど温度センサーの情報を表示出来るソフトでもGPU Coreの温度が表示されるようになる(そういえば自作の友と言ってもいいLavalysのEVEREST,フリー版のHome Editionがいつの間にか"Discontinued"になってしまっていました)。その手のソフトで我が愛用のMBM5(Motherboard Monitor v5)でもPluginをインストールすることで表示可能になる。わたしが探し当てたのは「MBM5NVdriver v7.0」というものでこちらのDFI Forumで配布中。Pluginをインストール後,設定画面System Infoの「Sensor Chip Readings」の項よりそれらしい「Temperature Readou [XX]」を見つけ(我がシステムだと[25]がGPU Coreだった)その項目がDashboardに表示されるようにすればOK。「Should display board sencor」は「Custom」にしなければいけないのかと思ったのだが「None」のままでも問題ないようだ。

てなワケで,ようやくGPUの温度監視が出来るようになったわけですが,通常時71℃前後,ほどほど負荷がかかる時80℃あたり,3Dゲームベンチマークテスト超高負荷時100℃オーバーとなっていることが分かりました。最初100℃オーバーって言う数字には青くなりましたがプロパティ画面にある「Core slowdown threshold」の初期設定温度は145℃になっているのでまぁ大丈夫なのか?

17 Jan, 2006
06:25AM

ライブドアに強制捜査(参考記事:日刊スポーツ芸能)って,これはもろ今日のヒューザー社長小嶋進氏の証人喚問にぶつけてきた巨大爆弾ではないのか?ここ数年,政治的スキャンダルが発覚しそうになるとそれを吹き飛ばすに足る強風がどこからともなく吹いてきてマスコミどもを吹き飛ばす(新ネタに飛びつかせる)みたいなことが多々あるようなのだけれども今回のもその類のような気がする。そういえば政敵をスキャンダル噴出でつぶすのも得意技だね。これで偽装マンションに絡む政界スキャンダルへの火の粉を振り払うつもりでいるのだろう。自民党衆院議員伊藤公介のスキャンダルは既に大手新聞も伝える段階にまで達しているのでそうそう沈静化出来ないと思うのだが。しかしえげつないよな,半年前は手を結ぼうとした奴を売るんだからね。

14 Jan, 2006
07:45PM

GIGABYTE GV-N66256DP #2

前回のGV-N66256DPレポートで「高解像度は途中で落ちる」と書きましたがその原因が分かりました。イージーミス,電源ケーブルを接続してなかったのでした。

何となくGV-N66256DPのユーザーズマニュアルを読んでいたら(購入当初はドライバインストールの項には目を通したが「ハードウェアの取り付け」の項は飛ばしていた)「インストール完了後,電源ケーブルをグラフィックカードに接続して下さい。接続しないとシステムは起動しません。」という記述が_| ̄|○ カードをよく見たらちゃんとドライブ用コネクタがあるじゃないですか(^^ゞ 他のカード同様AGPスロットに刺しただけで問題なく起動して動いたからそんなトリックがあるとは想像も出来なかった。おそらく高負荷な状況になるとその電源ケーブルでの電力供給が必要になるのでしょうな。逆に言えば通常使う程度,FF11ベンチマークソフトの低解像度程度ではAGPスロットからの電力で充分動作してしまう,と言うことなのでしょう。ちなみに基盤のパターンを見る限りだと12Vを供給しているような感じ!?

で,一応確認のためFF11ベンチマークソフト3でチェックしてみたらちゃんと高解像度モードでも落ちることなくちゃんと動作しました(^^ゞ スコアは4300強でまあまあ,ですか?ちなみに計測時カードのヒートシンクを触診してみたのですが,12cm空冷ファン(約1000rpm)で斜めから何となく送風しているおかげかほんのり暖かい程度で熱に関しては問題ないみたい。ヒートパイプも「暖かい」程度。もう一つ,気をよくしたこともあって(?)大航海時代 Onlineのベンチマークプログラムを走らせましたがこちらもなんの問題もなし。スコアはノーマル測定,XGA 32bit Colorで830強と,PCゲームをやるに十分なパフォーマンスであることが分かりました(^^ゞ

12 Jan, 2005
02:00PM

オーッ,Fender Hello Kitty Stratocasterなるモデルがあるそうだ(via スペキュレイタ)。見た目重視ギャルバン必須アイテムな予感(^^ゞ 1PU(Humbucker)- 1Vol構成。オフィシャルサイトの画像を見るとショートスケールっぽいけどどうなんだろう。値段は米国のショップで$200程度,安い。国内での発売はあのサウンドハウスでさえ扱っていないようなので未発売と言うことか。ショートスケールなら一本欲しいなぁ(^^ゞ

11 Jan, 2006
08:20AM

最大で4倍の性能かぁ,ってことは従来の機種は1/4,シングルコアの半分の性能だったわけでPowerBook G4ユーザーにとってはショッキングな数字ではなかろうか!?今更?ところで何故T2500 (2GHz)とかはたまたT2600 (2.16GHz)を載せてこなかったのだろうか?ハイエンド用にお取り置きなのか,熱容量が足らなかったからなのか? PCユーザーにとって驚きなのは,って程じゃないけどGPUに先月発表されたばかりのATI Mobility RADEON X1600を搭載してきたところじゃなかろうか(^^ゞ ノートでゲーマーな感じの人には黙ってられないスペックかも(^^ゞ そういう見方からは妥当なお値段?[ほぼ同程度のスペックWindowsノートより5万円程度高め]

05 Jan, 2006
00:00AM

今年www.macoteau.comドメイン取得10周年かな,確か。6月頃からオープンし,最初の一年は某アーティストのオフィシャルサイトとしてスタートしたのでした。当時はその手のオフィシャルサイトなんて珍しい方で時代を先取りしたなんて思ってみたものだが(^^ゞ128kbpsの専用線をひくだけで会社が金を出し渋るぐらい高かった時代だった,ってこともあり物好きが個人でやってしまうのがもっともスムーズだったりした。当時はFlashもまだMacromediaへ買収される前でその頃から真剣に勉強していれば,なんて思う今日この頃,後の祭り。知識がヴァージョン2ぐらいのところで止まっている(>_<)ゞなんとこともありつつ本年もシクヨロです。ところでここ数日チョロちょろっと某DJ名+逮捕というキーワードで飛んでくる方がいるのだけれども何かあったの????

05 Jan, 2006
00:00AM

GIGABYTE GV-N66256DP

11月に不調に陥ったGeForce FX5200の置き換えの為にGeForce 6600搭載のGIGABYTE GV-N66256DPを購入しました。前からあった正常な玄人志向の5200を録画PCの方へ持っていって6600は音楽製作用PCの方へ。やっとクロシコ卒業,って感じです(^^ゞ

このGV-N66256DPは現在発売されている中で唯一(おそらく)GeForce FX6600の使用していながらファンレスでAGP X8対応というちょっと旧規格マザーボードを使わざるおえないユーザーにとっては有り難いグラフィックカードなのだ,とわたしは勝手に解釈している。価格もミドルレンジながら1.5万円程度でGPUにこだわらないけれどもちょっと贅沢したい向きにはおあつらえ,な感じ。

と,いいことずくめはここまでだった(>_<)ゞ このボードはファンレス化の為にZALMAN製の大きめなヒートシンクをカード両面から挟み込むようになっている。表面は1スロットに収まるようヒートシンクは普通の高さになっていているのだが同じように裏面にも同じ程度のスペースが必要な設計になっている。AGPスロットはたいがい一番上に配置され普通なら干渉するものがないのだがわがMSI K8T MASTER2-FAR,CPU2は非常に接近していて我がマシーンの場合しかもエアインテーク(6cm→8cm)をかましているせいでもろ干渉してしまいカードが差し込めなかった。エアインテークを外しCPUクーリングファンをMSI純正の6cmのものに戻したらギリギリなんとか納めることは出来た(>_<)ゞ 静音のためにファンレスにしたのに意味ないじゃんって(^^ゞただ今の時期は6cmファンを3200rpmで回す程度でもそこそこ静かで冷却も十分になされているので暫くはこのままの状態で様子を見ようかと。また,写真には写ってないのだが右下から12cmのファンで風を当てているのだがこれの位置を変えたりすると冷却と静音の両立をもっと効率出来るのかなぁと思案中。ちなみにこのZALMAN製ヒートシンク,GPUに直接接する部分から熱伝導のためのパイプを通して問題の裏面側のヒートシンクに熱が伝わるようになっていて表面のヒートシンクはその構造を覆い被せるようにネジ止めしてあるだけなのでおそらく放熱のメインは裏面のヒートシンクのようなのだ。最初,邪魔なものは外せばいいと思いトライしてみたのだがそんな構造のため外すのを諦めました。

そんなこんなでインストールしてみてパフォーマンス向上具合はどうかというと音楽製作用(UXGA + XGA)だから主に2D用途だし性能向上はそれほど実感出来てない(^^ゞただ全体的にスムーズになったような気がするけれども。おそらく3Dなゲームをすると違いが分かるんだろうなぁ。ちなみにFF11のベンチマークをテストを軽く走らせてみたのだが低解像度で6600ぐらい,もう一息だなぁ,高解像度は途中で落ちるので分からず(>_<)ゞ K8T MASTER2-FAR,何となくの感触だけどグラフィック性能はあまりいい傾向にないみたいなのでそこらへんは深く追求せず!?

蛇足ですが,生まれて初めて買ったグラフィックカード,というか当時はグラフィックアクセラレーターとか言いましたか,フルカラー(24bit Color)で十万以上なんてのを買ってたからそれと比べるとすごいなぁと(^^ゞ 確かラスターオプスとかいうメーカーのものだったか。しかし10万円でもあるにかかわらずもうほとんどフルカラー対応(VGAで)しただけの愚鈍な最低な奴でした(^^ゞほんとはRadiusの数十万のが欲しかったのだがね。

01 Jan, 2006
01:00AM

あけましておめでとうございます。とっても情けない年始年末を過ごしております_| ̄|○ 情けなくて語れません(>_<)ゞまだ昨日までに上げるべき作業をまだやってます。初日の出までには上がるでしょうか……



Macolife News Vault
 
PREVIOUS    NEXT


WWWを検索 www.macoteau.comを検索



(c)copyright 1996-2006 Macoteau T. All rights reserved.